FC2ブログ
A D M I N

2016-01

2016年欧州選手権 ペア結果 - 2016.01.31 Sun

2016.01.25 - 2016.01.31
European Figure Skating Championships
欧州選手権

Result

サフマソが好みすぎる。今はサフマソとイリモーが自分の中でトップ2だわ。
FSはマッソーがリフトで崩れちゃったけど、これも経験か。めっちゃ落ち込んでた。
ツイスト高すぎる。SPのツイスト入る前のスパイラル好き。
ついでに3Tに入る前のTRも好み。





アスロゴの操り人形プロかわいすぎ。
急きょ川スミの代わりに出場となったけど、よく合わせてきたなーすごい

<好きな演技集>
Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT SP
Creature du Siam (Cirque du Soleil)



○観客動画


Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV FS
Shatter Me by Lindsey Stirling


スポンサーサイト



2016年欧州選手権 アイスダンス結果 - 2016.01.31 Sun

2016.01.25 - 2016.01.31
European Figure Skating Championships
欧州選手権

Result

○パパシゼ
おめでとう!!!素晴らしい演技だった。あのエレメンツの溶け込み具合といいなんだこれはという演技。
はああああああ素敵だった。パパダキスちゃん今季戻れてよかった。シゼロン巧くなりすぎ。


○シニカツ
実はシニカツ好き。アイスダンスの中ではパパシゼとシニカツが好きなんだよね。

<好きな演技集>

Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON SD
Waltz: Charms by Abel Korzeniowski
March: Composition by Hugo Chouinard




Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FD
Rain In Your Black Eyes by Ezio Bosso
Build a Home by Cinematic Orchestra



○観客撮影動画


Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV SD
Waltz: Swan Lake by Petr I. Tchaikovski
March: Swan Lake by Petr I. Tchaikovski
Polka: Swan Lake by Petr I. Tchaikovski




<総合結果>
FPl.NameNationPointsSDFD
1Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON
FRA
182.7121
2Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE
ITA
178.0113
3Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV
RUS
176.5032
4Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV
RUS
172.6544
5Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN
RUS
165.5555
6Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND
GBR
162.7586
7Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI
ITA
162.5867
8Federica TESTA / Lukas CSOLLEY
SVK
158.0598
9Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN
DEN
152.79109
10Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO
ISR
151.67712


<SD>
1QAnna CAPPELLINI / Luca LANOTTEITA72.3136.03 36.288.968.829.219.149.210.00#27
2QGabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERONFRA70.7435.27 35.478.898.648.938.968.930.00#25
3QEkaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEVRUS68.7133.68 35.038.718.578.758.898.860.00#28
4QVictoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOVRUS68.3333.91 34.428.508.398.648.758.750.00#18
5QAlexandra STEPANOVA / Ivan BUKINRUS66.6533.50 33.158.258.078.368.398.360.00#21
6QCharlene GUIGNARD / Marco FABBRIITA64.8732.92 31.958.007.798.078.048.040.00#24
7QIsabella TOBIAS / Ilia TKACHENKOISR64.4632.81 31.657.897.688.048.047.930.00#4
8QPenny COOMES / Nicholas BUCKLANDGBR64.2632.01 32.257.967.968.188.148.070.00#26
9QFederica TESTA / Lukas CSOLLEYSVK62.2432.20 30.047.367.217.577.797.610.00#19
10QLaurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSENDEN62.1932.94 29.257.467.187.437.297.210.00#20


<FD>
1Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERONFRA111.9756.24 55.739.329.049.369.299.430.00#19
2Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEVRUS107.7953.24 54.559.048.829.219.149.250.00#17
3Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTEITA105.7051.28 55.429.049.049.219.439.461.00#16
4Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOVRUS104.3251.54 53.788.898.719.119.049.071.00#20
5Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKINRUS98.9048.78 51.128.578.368.578.548.571.00#18

2016年欧州選手権 男子シングル結果 - 2016.01.30 Sat

2016.01.25 - 2016.01.31
European Figure Skating Championships
欧州選手権

RESULT

;
1Javier FERNANDEZ
ESP
302.7711
2Alexei BYCHENKO
ISR
242.5644
3Maxim KOVTUN
RUS
242.2126
4Florent AMODIO
FRA
240.9682
5Mikhail KOLYADA
RUS
236.5893
6Ivan RIGHINI
ITA
236.3665
7Daniel SAMOHIN
ISR
232.0858
8Alexander PETROV
RUS
229.69107
9Jorik HENDRICKX
BEL
221.3979
10Michal BREZINA
CZE
211.81313
11Alexander MAJOROV
SWE
204.271112
12Deniss VASILJEVS
LAT
204.241410
13Matteo RIZZO
ITA
200.811214
14Franz STREUBEL
GER
196.171511
15Ivan PAVLOV
UKR
189.651315
16Paul FENTZ
GER
182.591617
17Felipe MONTOYA
ESP
181.951719
18Phillip HARRIS
GBR
180.991816
19Stephane WALKER
SUI
171.792218
20Jiri BELOHRADSKY
CZE
168.571921
21Nicholas VRDOLJAK
CRO
167.072120
22David KRANJEC
SLO
163.982322
23Mario-Rafael IONIAN
AUT
160.572423
24Sondre ODDVOLL BOE
NOR
149.602024



○ハビSP100点超え!FS200点超え!合計300点超えおめでとう!
いやー今季一気に高点数での安定感を得たね。今までTES90行かないことも結構あったのにびっくりだよ。
SP 4T3T/4S/3Aに変更してきました。3Tsoだったし、4Sの着氷も乱れ気味だったからまだ得点伸びるね。
FS 後半3Aを入れる位置が鬼畜すぎる。なんであの助走レス3Aのところにそのまま入れたんだwびっくりしたわ。

○コフトゥン!4Sと4T安定したと思ったんだけど、FSで崩壊・・・
 3Aなかなか決まらんな。でもFSで3Lo入れてきた!

○ミハル
 とんと4S決まってない気がする。あの難しいバトルプロを滑りこなすのはさすがだわ。ミハルにぴったりすぎる

○ビチェンコさん
 同学年だから特に応援してる。今季SPもFSも似合ってるな。スケアメではズタボロだったから心配してたよ。
 イスラエル初の表彰台おめでとう!
 FSは4T1Tにしてよかったよーこれなかったら、2本目がREP扱いで表彰台なかったかもしれん。

○サモヒン
クワドのが簡単とかいう変人新星。ネイサンもらしいけど。
去年も思ったけど、安定してるな4回転。でも3Aがあああ

○リギーニさん
SP変えたのね。ネッスンドルマから。でもYou Raise Me Up
似合ってるよ。PB10点もSPで更新してた。

○ヨリヘン
ほかの大会で80点出してたので期待してた。いやー本当うまくなったね。
なんとなく動きに羽生とダイス風味を感じた。

○マヨロフ
お父様に骨髄移植して、それでも今季戻ってこれてよかった。ジャンプの質あがった?

○ヴァシリエフス
相変わらずよく動く。すげーな。見てて楽しいわ。

○アモディオ
 お疲れさまでした。2011年に欧州チャンピオンになってから、苦しい時が続きましたね。
何度、踊ってないで滑って!ジャンプちゃんと規定回数跳んで!と突っ込んできたことか。
もう競技者として見れないのはさみしいけど、新しい道でがんばれ!
最後に4Sと5種トリプルを入れてきたのをみて、スポーツマンとしての意地を見ました。


気に入った演技
SPは神演技大会だったけど、FSは結構酷かった。

Javier FERNANDEZ SP Malaguena performed by Paco de Lucia and Placido Domingo


Javier FERNANDEZ FS Guys and Dolls performed by Frank Sinatra


Alexei BYCHENKO SP All Alone by Geir Ronning


Alexei BYCHENKO FS Les Miserables by Claude-Michel Schoenberg


Ivan RIGHINI SP You Raise Me Up by Josh Groban


Jorik HENDRICKX SP You Raise Me Up by Josh Groban


Florent AMODIO FS
Memories of Sobral by Sébastien Damiani
Rio (soundtrack) by Sergio Mendes



Deniss VASILJEVS SP Puttin' On the Ritz by Irvine Berlin, performed by Taco, Robbie Williams

2016四大陸選手権 男子シングル エントリー&PB順  - 2016.01.30 Sat

2016.02.16 - 2016.02.21
Four Continents Figure Skating Championships
四大陸選手権


公式サイト
エントリー



4CC豪華すぎ吹いたw
羽生を除く四大陸のトップ選手全部出てきたなーという感じ。大本命はパトリック&テン君&しょーまかな。
ボーヤンはジャンプが決まるとどうなるかわからない。
しかしレベル高いなー。
4CCは、ジャンプをまとめると気前よくPCSをだしてくる大会だと思うから、いかにまとめるかが重要だなと思う。


<男子シングル エントリー選手 PB順>
295.27 (271.14) Patrick CHAN 〔CAN〕     
 4T2本、3A2本がFSで決まれば優勝はパトリックだと思う。
********************************************290点
289.46 (276.39) Denis TEN 〔KAZ〕         
 構成を変えてくるのかどうか。ロミジュリに変えるってのは本当?
********************************************280点
276.79 (276.79) Shoma UNO 〔JPN〕    
  しょーまも構成を変えてくるかどうか。
********************************************270点
266.43 (266.43) Boyang JIN 〔CHN〕        
 なんか国内大会で4クワド降りてTES115とってるしジャンプの質上がってるしすごすぎる(^◇^)
********************************************260点
259.47 (236.03) Han YAN 〔CHN〕
 今季はいまいち調子が上がってない?3Aのスピードと幅がちょっと以前より落ち着いた感じ。
258.95 (258.95) Max AARON 〔USA〕
 FS国別verの曲構成がいい!(まだ言う)
255.81 (242.21) Takahito MURA 〔JPN〕
 まとめれば表彰台もあるぞ!
250.55    Kevin REYNOLDS 〔CAN〕
 2013年の四大陸まだ繰り返し見ちゃうよ!今回も楽しみだよ!
*********************************************250点
248.63 (248.63) Adam RIPPON 〔USA〕
 4Lz対決か。
**********************************************240点
236.09 (212.10) Nan SONG 〔CHN〕
235.63 (235.63) Grant HOCHSTEIN 〔USA〕
234.90 (234.90) Keiji TANAKA 〔JPN〕 
 みんながんば!
************************************************230点
220.36 (220.36) Michael Christian MARTINEZ〔PHI〕 
 ロミジュリのコレオ好き。
*************************************************220点
207.34 (195.84) Jin Seo KIM 〔KOR〕
203.92 (172.97) June Hyoung LEE 〔KOR〕
 ジンソジュンヒョ頑張れ
203.48 (203.48) Brendan KERRY 〔AUS〕
 4Tと4S降りれるといいなー。
200.27 (200.27) Liam FIRUS 〔CAN〕
197.42 (197.42) Julian Zhi Jie YEE〔MAS〕
193.44 (191.72) Denis MARGALIK 〔ARG〕
 がんばれアルデニ!
185.81 (167.09) Abzal RAKIMGALIEV〔KAZ〕
178.46 Chih-I TSAO 〔TPE〕
 去年、龍樹に似てるなーと思った選手だ
161.25 (161.25) Se Jong BYUN 〔KOR〕
159.77 (159.77) Andrew DODDS 〔AUS〕
 ドッズきたーー!!!!
144.78 (135.34) Leslie IP 〔HKG〕
134.10 Harry Hau Yin LEE〔HKG〕

2016欧州選手権 男子SP滑走順&PB順 - 2016.01.26 Tue

2016.01.25 - 2016.01.31
European Figure Skating Championships  欧州選手権2016


Resultページ

◆男子SP 滑走順◆
1 Michael NEUMAN
2 Alexander MASZLJANKO
3 Daniil ZURAV
4 Engin Ali ARTAN
5 Larry LOUPOLOVER
6 Valtter VIRTANEN
7 Patrick MYZYK
8 Armen AGAIAN
9 Alexei MIALIONKHIN
10 David KRANJEC
11 Thomas KENNES
12 Paul FENTZ
13 Stephane WALKER
14 Jiri BELOHRADSKY
15 Felipe MONTOYA
16 Mario-Rafael IONIAN
17 Nicholas VRDOLJAK
18 Ivan PAVLOV
19 Phillip HARRIS
20 Slavik HAYRAPETYAN
21 Franz STREUBEL
22 Sondre ODDVOLL BOE オド坊楽しみ♪去年の乙男キスクラ忘れられん。
23 Jorik HENDRICKX なんかの大会でSP80点以上出してたし、期待。
24 Matteo RIZZO
25 Mikhail KOLYADA ケガから復帰して、乗ってるコリャーダ。楽しみ。
26 Florent AMODIO 現役最後の試合か、2010年欧州チャンピオンの意地、見せてね。
27 Alexander MAJOROV 身体は戻ってるかな。 
28 Ivan RIGHINI リギーニさん!
29 Deniss VASILJEVS ラトデニがどこまで食い込むか、
30 Michal BREZINA 4S決まって下さい!!!
31 Alexander PETROV 一つづつ成長してるイメージ。クワド入れるのかな。
32 Javier FERNANDEZ SPのクワド2本決まるかな!?
33 Alexei BYCHENKO 今季は靴が壊れたり、4回転が決まらなかったりしてるけど、頑張って!
34 Daniel SAMOHIN サモヒンはクワド何本入れてくるのだろうか。
35 Maxim KOVTUN コフトゥンの最大限の実力が出るのを楽しみにしてる。


◆PB順◆
292.95 Javier FERNANDEZ
********************************290点 ハビだけ跳びぬけてる。誰がハビに迫るのか。

********************************260点 アモが全体の中では2位だ。
250.53 Florent AMODIO
********************************250点 コリャーダがPBでコフトゥン抜いてたのか。知らんかった。
247.97 Mikhail KOLYADA
247.37 Maxim KOVTUN
243.52 Michal BREZINA
********************************240点
235.14 Daniel SAMOHIN
233.47 Jorik HENDRICKX
231.53 Alexander PETROV
********************************230点
224.86 Alexander MAJOROV
220.22 Alexei BYCHENKO
*******************************220点
213.09 Ivan RIGHINI
*******************************210点
208.53 Deniss VASILJEVS
205.05 Matteo RIZZO
202.32 Ivan PAVLOV
*******************************200点
195.26 Franz STREUBEL
189.49 Paul FENTZ
184.51 Phillip HARRIS
181.80 Nicholas VRDOLJAK
179.52 Stephane WALKER
176.55 Sondre ODDVOLL BOE
168.88 Valtter VIRTANEN
167.55 Jiri BELOHRADSKY
164.99 David KRANJEC
164.03 Slavik HAYRAPETYAN
159.73 Patrick MYZYK
154.93 Michael NEUMAN
139.29 Larry LOUPOLOVER
137.12 Mario-Rafael IONIAN
128.86 Thomas KENNES
127.54 Daniil ZURAV
124.90 Armen AGAIAN
115.58 Engin Ali ARTAN
107.84 Alexander MASZLJANKO
107.57 Alexei MIALIONKHIN
記録なし Felipe MONTOYA

2016年全米選手権  男子シングル  - 2016.01.25 Mon

 2016.01.15 - 2016.01.24
- U.S. Figure Skating Championships - 

全米選手権

男子シングル結果
①アダム・リッポン 270.75(88.01/182.74)
②マックス・アーロン 269.55(91.83/177.72)
③ネイサン・チェン 266.93(86.33/180.60)
④グラント・ホッチスタイン252.84(79.26/173.58)
⑤ロス・マイナー 248.01(90.9/157.11)
⑥アレクサンダー・ジョンソン 241.94(73.69/168.25)
⑦ティモシー・ドレンスキー236.13(80.01/156.12)
⑧ヴィンセント・ゾウ 217.23(68.1/149.13)
⑨ショーン・ラビット192.63(66.71/125.92)
⑩ダニエル・クーレンキャンプ 187.34(56.97/130.37)

基本的にジャンプ大好きなのでジャンプ中心の感想。しかしアメリカ男子は滑りがいいし、スピンもいいし、基礎ができてるって素晴らしい。みんなうまいなー

とりあえずネイサン強い。まさか4回転4本もFSに入れてくるとは。SPと合わせて6本着氷。
Exで腰を痛めたそうですが何もないといいけど。
ネイサン普通にイーグルから4T跳んできて吹いた。4Tのが得意なのかな?

ヴィンスもSPでイーグルから4S(しかもターンを挟まず直接)跳んできたけど、羽生の作ったトレンド?イーグルから4回転。
パネェ。

マックスも素晴らしい!でもやっぱりFSは最後にコーダが来てほしい。国別で気に入って10回以上みたから。
ジャンプ構成最後が2A2回だとやはり弱い。今回、3Lz1Lo2Sに抜けてしまった時点で2Aを1つ3Sに変えてればリッポンに勝てたんだけどね。
スケアメでは2Aを3Tにして宇野に勝ったし、アーロン計算得意だから変えるかなと思ったらそこまで今回は気が回らなかったか。

リッポンはSPで抜いた4Lzに挑戦してきた。でも正直決まる気しないんだけど、彼の美学なのかな。しかしあそこまでながーーい助走からしか跳べずに安定感がなかった3Aが味方になってた。すごい努力したんだろうな。

ホッチスタインさん!NHK杯で初めてきめた4Tまた決めた!しかしいいプロだわ。あのイーグルの部分なんてはあああ素敵。

アレクサがあそこまでまとめるの初めて見たかも、美しかった。

ドレンスキーはあの胸元の切込み気になるwSPは素晴らしい胸筋みせてくれましたね。

ヴィンスも今年のJrGPSの始めは3Aも4Sも入ってなかったのにいつの間にか3Aと4S突っ込んできてる。若者の成長速すぎる。

ショーンも最初崩れるかと思ったけど、3S3Tは意地を見た。

◆全米男子 お気に入りの演技動画◆
2016 U.S. Nationals - Nathan Chen FS NBC 2種4クワド!


Nathan Chen SP 2016 US Champs Senior Men 2種2クワド!


Max Aaron SP 2016 US Champs Senior Men


2016 U.S. Nationals - Max Aaron FS NBC


Timothy Dolensky SP 2016 US Champs Sr Men


Vincent Zhou SP 2016 US Champs Sr Menイーグルからの4S


Alexander Johnson FS 2016 US Champs Sr Men


Vincent Zhou FS 2016 US Champs Sr Men


Grant Hochstein FS 2016 US Champs Sr Men

【2011-12シーズン後】スポーツナビコラムで振り返る羽生結弦  - 2016.01.18 Mon

 2012年ワールドのスポナビコラム記事なかった。ふーむ。

五輪中間年に見るフィギュアスケートの勢力図 ソチに向けた世界各チームの戦略とは 2012年4月6日(金) 12:15

高橋、羽生はアイスダンスをヒントに
日本男子初のダブル表彰台を達成した高橋大輔と羽生結弦は、ともにスケーティングの強化が好結果につながった
日本男子初のダブル表彰台を達成した高橋大輔と羽生結弦は、ともにスケーティングの強化が好結果につながった【坂本清】
 =略=
 一気にソチ五輪のメダル候補まで駆け上がったのは羽生結弦(東北高)だ。ショートは4回転トゥループ+2回転トゥループを成功しながらもルッツが1回転になる痛恨のミス。しかしフリーではジャンプはノーミスで、激しい情熱あふれる演技に会場が沸いた。高橋の振付師であるパスカーレ・カメレンゴは「ユヅほどに観客を取り込める才能がある選手なんていない」と絶賛。表現力が世界に認められた。
 羽生も昨年秋にロシアに渡り、アイスダンスコーチの元で演技やスケーティングを磨いたことが、今季の演技構成点の高さにつながっているという。「僕にとって阿部奈々美コーチはいてくれるのが当たり前の必要な存在。でも引き出しを増やすためには、海外に習いに行くこともある」とバランスを取っていく考えだ。

【2011年全日本選手権】スポーツナビコラムで振り返る羽生結弦  - 2016.01.18 Mon

 日本男子、4回転時代の幕開け 本番で見せたスターの資質 フィギュア全日本選手権・男子シングル

羽生結弦、フリー1位も「悔しい」

フリーで1位と高得点をマークした羽生
フリーで1位と高得点をマークした羽生【坂本清】
 
 最終滑走となったショート。高橋の4回転成功、小塚の4回転回避を受けての登場。羽生は迷わず4回転トゥループに挑んだ。しかし、力んで空中で身体がバラけると3回転で両足着氷に。「6分間練習では4回転+3回転が入っていたのに。納得できない。力がまだ余ってる」と4位発進を悔やんだ。
 そしてフリー。今季、確実にしつつある4回転トゥループを見事に成功させ、波に乗った。トリプルアクセル2本など次々とジャンプを決めていく。ところが最後の最後、決して彼にとっては難しくない3回転サルコウが1回転になった。
「気持ちが空回りしてましたね。1回転になって、空中で時間が止まりました。ああ、これどうしよう、やっちゃった?って」。演技直後は、何度も膝をたたいて、全身で悔しがった。
 終わってみればショート4位、フリー首位で総合3位。「サルコウが1回転になっても点が出たのは成長した証。この悔しさを持って世界選手権に臨みたい」と力強く語った。

【2011GPF】スポーツナビコラムで振り返る羽生結弦  - 2016.01.18 Mon

 さっきの記事までは本文引っ張て来てたけど、本人の言葉だけにします。


高橋大輔と羽生結弦が巻き起こしたスタンディングオベーション フィギュアGPファイナル・男子シングル 2011年12月12日(月) 18:25


公式練習から始まった“ジャンプ合戦”
ファイナル初出場の羽生結弦。SPでは4回転のミスがあったが4位につけた
ファイナル初出場の羽生結弦。SPでは4回転のミスがあったが4位につけた【坂本清】
「ここにいられるだけで光栄な試合、ファイナル。今日の僕は、この雰囲気に飲まれるような練習をしてしまいました。とにかく自分のことで精一杯だった。もっと自分から空気を醸し出せるように、練習しなければいけないのに……」(羽生)
高橋の好演技に続いた羽生
羽生は渾身の演技でフリーの自己ベストを更新
羽生は渾身の演技でフリーの自己ベストを更新【坂本清】
 
前日の公式練習では「雰囲気に飲まれていた」はずなのに、この日にはもう「自分でもびっくりするくらい緊張していなかった。もうちょっと緊張した方がいいと思ったくらいです(笑)」などと余裕を見せてしまう。
一方、「でもこれで、ちょっとだけでも海外で評価されることは見せられたかな。そのことを過信せず、この経験をしっかり生かして、全日本、世界選手権に向けていきたいと思います」とも。こちらがその試合について尋ねるより前に、自ら「世界選手権」をシーズン後半のスケジュールに想定した発言をしたのだ。演技だけでなく、勝気で強気で、自分に厳しく、確固とした意思を持ったコメントも見事だった。

今大会でも強さを見せた世界王者、パトリック・チャン
「チャン選手とは、並んで滑りたくない、それが本音です。それほど、彼は『滑る』んです。たとえば、僕が60メートルのリンクを4歩で進むとしたら、彼は同じ距離を2歩で進める。またこれほど滑るからこそ、ジャンプも迫力のあるものを見せられる。彼の能力は、絶対に僕たちが見習わなければならないものですね」(羽生)

【2011年ロシア杯】スポーツナビコラムで振り返る羽生結弦  - 2016.01.18 Mon

 羽生結弦、手に入れたシニアの戦い方 0.03点差を決めた冷静な戦略 2011年11月30日(水) 10:50
ロシア杯で日本人最年少のGPシリーズ初優勝を飾った羽生
ロシア杯で日本人最年少のGPシリーズ初優勝を飾った羽生【森美和】
 GPシリーズ最終戦となるロシア杯。羽生結弦はショート2位からの逆転で、GP初優勝を決めた。ファイナル進出のためには優勝しかない背水の陣で、2位と0.03点差という、首の皮一枚での優勝。その0.03点には、羽生が1年かけて練り上げた「シニアの戦い方」が凝縮されていた。
「人並みではない」負けず嫌い
 小さい時から、負けん気の強さは頭一つ抜けていた。
「何か自分ができないと『悔しい』って思う気持ちが、小さいときから他の子とは一線を画していた」と阿部奈々美コーチは振り返る。
 =略=
「負けず嫌いです。手が届かないような高い目標を置いて、そのプレッシャーに耐えながらガーッと登っていくんです。手が届かないようなものを、絶対にやってやると思って耐えて、考え抜いて、つかみ取ることに達成感がある」
=略=
シニアの戦い方の必要性
 =略=
 阿部コーチにとっては、初に等しい“シニアトップレベル”の教え子。コーチ自身も新しい戦略の必要性を感じていた。
「いけいけドンドンで良かったジュニアの時と違って、シニアにはシニアの戦い方がある。これからは冷静な判断、はやる気持ちを抑えることも必要になってくる。彼の気持ちのコントロールをしなければ……」
 ジュニアでは、感情が溢れる演技力やジャンプなどの能力で、一歩抜けることができた。しかし、シニアは高い能力を持った者の集まり。才能があるかどうかではなく、それをいかに試合で出すかの戦略が勝敗を分ける。


「他の選手から吸収したい」欲が裏目に
 昨シーズンのGPシリーズ、羽生の頭の中にあったのは「シニアのトップから、何でも吸収しよう」というどん欲なチャレンジャー精神だった。
 この「欲」が良い方に出たのが、GP初戦のNHK杯。公式練習で、高橋大輔や無良崇人らの4回転トーループを目の前で見た。
「すごい。4回転ってこうやるんだ! やっぱり生で見ると違う!」
 選手と同じ目線で4回転を見るのは初めてだった。練習の間に目で見て吸収すると、なんと本番で初成功を収めた。終わってみれば、総合4位と納得の結果だった。
「あの4回転の初成功で、試合中に他の選手から吸収しようという気持ちが、変に強まった」と羽生。
 そして2戦目のロシア杯。「欲」は裏目に出る。優勝候補は、パトリック・チャン(カナダ)。昨シーズン、飛ぶ鳥を落とす勢いで4回転をバンバン決め、さらに極上のフットワークで演技構成点(表現面)も高得点をたたき出していた。
「今世界で一番評価の高いパトリックに勝てば、僕が王者。ファイナルにも行ける」
 そう思うと、練習中、自分のジャンプの練習もそっちのけで、パトリックを追尾。エッジワークなどの軌道をすべてまねして、「こんなに深いエッジに乗っていたんだ!」「こんなにスピードが出ていたんだ」と実感した。阿部コーチは、「ちゃんと自分に集中して」と言ったが、その言葉も右から左へ。パトリックのことしか考えないまま試合を迎えた。
 そしてフリー。4回転トーループが3回転になってしまうと、そこからジャンプ変更のシュミレーションができず、同じ3回転ジャンプを繰り返し跳び、ルール違反の0点となったのだ。
「地に足が着いていませんでした。冷静じゃなかったです」と羽生。結果、総合7位に終わった。
 阿部コーチから改めて「自分に集中できていない」と指摘され、素直に納得した。
「奈々美先生に言われたことは正しい。アイスショーなら良いけど、試合の最中にキョロキョロして他の選手から吸収しようというのは、タイミングが違う」
 ミスがあるほど、それをバネに成長していくタイプの羽生。反省を生かして、2011年2月の四大陸選手権は、自分に集中した演技で4回転をフリーで決め、高橋大輔に次ぐ2位と大健闘した。


中国杯で欲を出し、0.22点差で逃した表彰台
ロシア杯・フリーの演技では冷静な判断を見せ、自ら勝利をつかみ取った
ロシア杯・フリーの演技では冷静な判断を見せ、自ら勝利をつかみ取った【森美和】
「シニアでの戦い方」は次の段階を迎えた。
 今シーズンの中国杯。ショート2位で迎えたフリーの冒頭で、見事な4回転トーループを成功。しかし後半、トリプルアクセルでややスピードのない着氷から、無理やり3回転トーループを連続して跳び、転倒してしまったのだ。
「欲を出し過ぎました。精神的に落ち着いていなかったですね。勝ちたいからもっと点を取らなきゃって、焦っていました」と羽生。
 3位と0.22点差の僅差で表彰台を逃した。
 すかさず待っていたのは、阿部コーチからのアドバイスと次の戦略だ。
「欲を出し過ぎない! 連続ジャンプを2回転にして転倒しなければもっと点が出た。がむしゃらに跳ぶことが正解ではないのよ。4分半の間、その瞬間ごとに最良のものを判断していくことがシニアでは必要。つい欲を出してしまう、その弱い自分と戦いなさい」
 その言葉は羽生の胸に刺さった。負けん気の強さは、自身では長所だと思っていた。しかし冷静さを失わせて、足を引っぱる事もあると気づいたのだ。
「自分に集中、欲も出さない」
 そして迎えた今回のロシア杯。羽生は落ち着いていた。
「去年のロシア杯のように周りに気を取られず、完全に自分に集中していました。そして今年の中国杯みたいに欲が出たり焦っていなくて、冷静でした」
 1位のジェレミー・アボットと0.76点差で迎えたフリー。阿部コーチは「冷静に!」と最後の言葉をかけた。
 冒頭の4回転トーループで転倒。しかし諦めずに、続くトリプルアクセルを決めた。そして後半の3つのジャンプが羽生の新境地だった。
 予定では『トリプルアクセル+3回転トーループ+2回転トーループ』『3回転ルッツ+2回転トーループ』『3回転ループ』の3種類だった。
 中国杯では、このトリプルアクセルをギリギリで降りたあと、無理に3回転を連続して跳び転倒している。
 まずトリプルアクセルをクリーンに降りると「ここは3回転を連続でできる」と判断し、『トリプルアクセル+3回転トーループ』を成功。3つ目の2回転トーループは「3つ目は危険」と感じ、無理せずに止めた。
 続いて『3回転ルッツ』。降りた瞬間に「ちょっと感触が悪いから連続は止めよう」と感じ、あたかも単発ジャンプの予定だったような顔でチェック(ジャンプを止めるポーズ)を決める。
 そして最後の3回転ループに、「ここで確実に点を稼ごう」と2回転トーループの連続ジャンプを付けた。3連続にする手もあったが、無理はせず、『3回転ループ+2回転トーループ』に抑えた。
0.03差、薄氷勝利をつかんだ冷静な判断
 結果を見れば、転倒した4回転以外は、すべてのジャンプが加点。羽生の心の中ではさまざまな作戦と葛藤があったが、「すべてクリーンに成功した」とみなされたのだ。結果は0.03点差での優勝だった。
 2回転トーループは「1.3点」、1回転トーループは「0.4点」。どの連続ジャンプが不足しても、また無理して出来栄え(GOE)で「マイナス1〜3」がついても、なしえない優勝だった。冷静な判断で「質の高いジャンプ」をそろえたことが勝因だった。
「ルッツから無理に連続ジャンプを跳んだり、ループの後に欲を出して3連続にしていたら、ミスが出た可能性があった。中国杯の反省を見事にクリアして、瞬時に冷静な判断をしていた」と阿部コーチ。
 羽生も「後半までずっと冷静に、集中が続いていた。跳びたいという自分の欲に勝ちました」と、シニアの戦い方に手ごたえを感じた様子だ。
 表彰式でもらった初めてのGP金メダル。表彰式が終わると、すぐに阿部コーチのもとに駆け寄り、金メダルをその首にかけた。
「いつもメダルを取ったら、最初に奈々美先生にかけるんです。僕のルーティンみたいなもの。自分ひとりで勝ってるわけじゃないっていうのを忘れないために」
 集中力、冷静さという大きな武器を手に入れた羽生。「グランプリファイナルと全日本選手権でも、また課題が見つかるはず。それをクリアしてもっと強くなりたい」
 GP優勝を喜ぶどころか、頭の中にあるのは次の試合で何を吸収するか。そのどん欲さこそが、これからシニアを闘っていく彼の最大の武器になるだろう。
<了>

【2011年中国杯】スポーツナビコラムで振り返る羽生結弦  - 2016.01.18 Mon

 16歳の羽生結弦「どうしても世界選手権に」 日本男子トップ3に挑む GPシリーズ・中国杯 2011年11月7日(月) 12:25

ベテラン勢を抑え、SP2位発進
日本のトップ3の一角を崩すのでは?と期待される16歳の羽生
日本のトップ3の一角を崩すのでは?と期待される16歳の羽生【写真は共同】
 =略=
 そしてグランプリシリーズ初戦、中国杯。ショートプログラムでは、難なく4回転トゥループを決めて2位。織田やジェレミー・アボット(米国)を抑えてのこの順位。しかも1位は、18歳で世界選手権銅メダリストのアルトゥール・ガチンスキー(ロシア)。勢いのある10代2人が4回転を決めて上位に立ち、ショートでの4回転を回避した実績のあるベテラン勢を抑えたという結果に、上海の会場は騒然となったのだ。
 ガチンスキーか、羽生か――。次世代のスターを決める戦いが始まるかのような雰囲気が満ちた公式練習。滑り出し、まずは体を氷に慣らしていくはずの時間帯から、羽生はせかせかと、手も足もちょっと動かし過ぎなほど動き回ってしまう。はやる気持ちを抑えきれない様子は誰が見てもはっきりと分かり、「落ち着いて!」と声をかけたくなってしまうほど。やがて曲かけの順番が来ると、ドラマチックなフリー、「ロミオとジュリエット」を、もう噛みつかんばかりの勢いで演じ始めてしまう。試合直前の曲かけともなれば、振りは軽く流してエレメンツを確認したり、ステップの気になる箇所などをじっくり音と合わせたり、という慎重な練習をする選手が多い。その中で彼は、最初から最後まで全力疾走。まるで、今この時しか自分にはないような切羽詰まった様子で、公式練習からたっぷりと演じて見せてしまったのだ。


「勝つのは羽生」と思わせた完璧な公式練習
 
しかし、ここで徐々に徐々に、彼の様子は変わってくる。何度も滑りなれたプログラムに身を任せていくうちに、はやっていた体が素直に音になじんできたのだ。体が丸ごと心臓になったように大きく鼓動するパートも、少しナルシスティックな振り付けのスローパートも、音楽と彼の間には何も邪魔するものなどないように、自然に心と体が音に染み込んでいく。さすがこの夏、60公演のアイスショーで何度も何度も滑り続けたプログラムだ。
 この曲かけ時間でひとつ自分を落ち着かせ、見ているものを安心させた後は、4回転を中心にジャンプの最終確認に入る。しかしここでまた周りをハラハラさせたのは、4回転が何度跳んでもうまく決まらないこと。転倒、パンク、両足着氷などを何度も繰り返し、もしこれがほかの選手だったら、「練習絶不調」と伝えられるだろう不安定さだ。アイスショーでの成功率8割を誇る4回転がここまで決まらないのは、やはり2位で迎えるフリー直前の緊張感からだろうか。もう見ている方が「これ以上跳ばない方がいいのでは……」などと思い出したその時、練習時間終了少し前――鮮やかな一本が決まった。
 =略=


2度の転倒に「呆然としてしまった」
本人も「呆然とした」と言う、フリーでの2度の転倒
本人も「呆然とした」と言う、フリーでの2度の転倒【写真は共同】
 本当に、最初の関門である4回転トゥループ、続くトリプルアクセルを当然のように決めた時には、もう何も心配はいらないと思った。
=略=
4回転に比べれば、問題ないはずのトリプルアクセルのコンビネーションとトリプルルッツで大きく転倒。特に2度目の転倒では、立ち上がるのに少し時間がかかるほどの、大転倒だ。
「正直、2度転ぶなんて、ここしばらくやっていないようなミスでしたから。特にアクセルで失敗するなんて、何年ぶりだろうって……。自分でもちょっと呆然としてしまったかな」
 取材エリアに出てきたころには、もう何でも聞いてくれ、という開き直った表情。最難度のジャンプを跳びながらも後半に出てしまったミスは、スタミナの問題なのか、あるいは4回転が入って安心してしまったのか、という質問にも、間髪をいれずに答えた。
「体力は確かに足りないけれど、それ以前の問題だと思います。4回転が決まって、気を抜いたわけでもなかった。ただ……4回転だけに、集中し過ぎていたのかもしれません。4回転を成功できるかどうか、それだけに僕自身が重きを置き過ぎていたかもしれない」
羽生に足りなかったものとは
 では、4位という成績はどう感じているか。ライバルのガチンスキーも崩れ、もうひとリのライバル、宋楠(中国)に逆転されたことは?
「今は順位のことは考えられません。誰に勝ったか負けたかも、考える気分になれない……。とにかく、自分のやるべきことができなかった。他の誰ではなく、自分に負けたんです。だって4回転じゃなく他のジャンプでミスなんて、本当にダメじゃないですか。得意のアクセルで転んでなんていたら、4回転を跳んでも意味がないのに」
 
=略=
 豊富な経験値、そして着実に身につけてきた試合勘というものは侮れない。
=略=
その力が十分あることは、今回もしっかりと見せてくれた。あとは彼の成長していく一試合一試合を、これからゆっくり楽しませてもらえばいいのだ。
 そんな話を報道陣が彼にしたところ、当の羽生はキッとなって言い返した。
「経験値――そんなことを言っていたら、僕は高橋さんや小塚さん、織田さんに勝てないってことになりますよ! 経験がないから勝てなかった、は言い訳です。僕は今年、どうしても世界選手権に行きたい。そのためにどうしてもファイナルに行きたい。だから次の、ロシア杯は勝ちます。今回は『まずは表彰台』って思っていた。勝つことにそれほど執着はしていなかったけれど、次は優勝しないとファイナルに行けない。ここまで追い込まれて逆に、『勝つしかない』って気持ちになれましたから」
=略=

【2011年四大陸選手権】スポーツナビコラムで振り返る羽生結弦  - 2016.01.18 Mon

 
羽生結弦が16歳にして持つ武器 フィギュアスケート・四大陸選手権 2011年2月22日(火) 12:30
世界の強豪を抑えて堂々の銀メダル
フリーで4回転を決めるなど、堂々の演技で銀メダルを獲得した羽生結弦
フリーで4回転を決めるなど、堂々の演技で銀メダルを獲得した羽生結弦【写真:ロイター/アフロ】
「もう、驚くしかないじゃないですか! ショートプログラム3位であんなに驚いたのに、総合で2位……。なんだか、恐れ多いくらいの気持ちです(笑)」
 とは、フリー終了後の羽生結弦(東北高)のコメント。
=略=
「でも小塚選手は、これがシーズン最後の試合じゃない。世界選手権に向けての調整として臨む、ってこと、試合前から聞いていました。だけど僕はこれが最後で、力を振りしぼらなくちゃいけない大会。立場は全然違います。だから今回は順位というよりも、フリーで4回転と2度のトリプルアクセルが入ったことが、来シーズンに向けての大きな自信になったかな」
 そう、驚いたことにフリーでは、昨年10月のNHK杯以来となる4回転ジャンプに成功。しかも全員挑戦した日本選手3人のなかでただひとり、どころか、男子の出場選手20人の中でたったひとりの4回転成功者となったのだ。
「今日の4回転は……跳んでから降りるまでが、すごく長かったな。シーズン締めくくりの試合で降りられて、ほんとよかったな……感動! って感じです」

=略=
ショートプログラムで見せた存在感

=略=
 見る人の印象に強く残るよう、阿部奈々美コーチが作り上げたプログラムは、大胆かつ派手な動きも多い。それを、まだ少年っぽさの残るすらりとした体で、嫌みなく滑りこなしてしまう。ビールマンスピンなどの見せ場も多く、16歳でこれだけ見せられれば、あとは年を重ねていくだけ。心身が成長すればするほど、どんどん味わいを増していくだろう。
「来シーズンも、奈々美先生に選んでもらった曲を、しっかり自分のものにしていきたいです。ジャズを滑ってみたいかな、なんて希望もあるけれど……先生がなんて言うかは、分からないな(笑)」
課題は体力の向上
表彰台で言葉を交わす羽生と、大会金メダルの高橋大輔

表彰台で言葉を交わす羽生と、大会金メダルの高橋大輔【写真:AP/アフロ】

=略=
「このきついフリープログラムを、シーズン最後には滑りきれるようにしたかったのに、今回も……。これまで何度も言ってきたことですが、もっと上に行くための課題は、やっぱり体力ですね。今年のオフシーズンは、走りこみ、滑りこみを、もっとしっかりしないといけないです」

10代の選手には珍しい、安定した精神力
 ジャンプが跳べて、体の柔らかさを生かした表現ができる。試合に向かっていく負けん気もあれば、シニア1年目から結果を出してしまう勝負運もある。そんな羽生結弦のさらに大きな武器は、自分というスケーターをよく知っていること、バランスのとれた安定した精神力を持っていることだろう。

=略=

【2010年ロシア杯】スポーツナビコラムで振り返る羽生結弦  - 2016.01.18 Mon

 羽生結弦の前に立ちはだかる世界の壁 フィギュアスケート・ロシア杯 2010年11月22日(月) 10:14
悔しさが残ったロシア杯
ロシア杯では総合7位となった羽生。GPファイナル進出はならなかった


ロシア杯では総合7位となった羽生。GPファイナル進出はならなかった【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】
「もーう、悔しい。本当に悔しい! 早く日本に帰って練習がしたいです」
 ロシア杯のフリーではNHK杯で成功した4回転が決まらず、後半に跳んだコンビネーションジャンプが「跳び過ぎ違反」で無得点。しかし、前日のショートプログラムはミスがなく、フリーでは後半のコンビネーションでの成功を含め、トリプルアクセルはきちんと2度成功させた。シニア1年目として、決して恥ずかしい演技内容ではなかったはずだ。にもかかわらず、フリー終了後の羽生結弦は、地団太(じだんだ)を踏まんばかりに悔しさをあらわにしていた。
「負けたけれど自分の演技ができて満足、なんて嘘ですよ。試合で負けて悔しくないわけがないじゃないですか」(昨年秋のインタビューでのコメント)

=略=
 グランプリシリーズ2戦目となったロシア杯。そんな自分の気の強さが裏目に出たのだと彼自身は分析する。
「デビュー戦のNHK杯は、自分がシニアでどのくらいの評価を受けるか分からなかったので、ある程度の覚悟はしていました。もしかしたらショートで7位以下、最終グループに入れないかもしれないなと。でも結果は総合4位。しかも表彰台まで、あと5点もなかったんです。それでロシア杯は……順位にこだわり過ぎたかな」

=略=
「パトリック選手、トマシュ選手、アボット選手。公式練習からみんな4回転を跳んでいましたね。やっぱりレベルが違うなって感じました。ジュニアとはもう全然違います。みんな身体もでかいですし。これは一緒に練習することで、彼らのうまさをうまく取り込むいい機会だなとまず思いました。でもNHK杯の時もそうだったけれど、周りの雰囲気に流されて、自分の練習に集中できなくなってしまうことも事実です。モスクワに来て最初の練習でパトリック・チャンと一緒だったんですけれど、彼とは初めて同じリンクで滑ったんですよ。もう……ダメです(笑)。世界一うまいと言われるあの滑りに見入ってしまって、全然自分が見えてなかった」


4回転へのこだわり
=略=
「シニアでの戦い、自分の中ではたくさんの壁を思い描いています。例えば一番最後の壁の1つが、大ちゃん、高橋大輔選手。途中にパトリックたちがいて……でも、最初の壁、目の前の壁は4回転。つまり、自分自身との戦いなんです。NHK杯でも、東日本でも、その勝負には勝てた。だから今回も……。絶対跳べるって思い過ぎちゃったんです。自信が、過信になってたかもしれないな」

 フリーの冒頭、4回転は転倒もステップアウトもせず、3回転できれいに着氷した。しかしこれは最初から3回転を跳ぶつもりだったのではなく「跳ぶ前に力が入り過ぎ、身体が締め切れなかった」ことでの3回転。この3回転トウループが、フリーの4分30秒すべてに影響してしまったという。4回転トウと3回転トウでは、使う筋肉も力加減もかなり違う。跳ぶ予定でなかった3回転トウループを跳んだことで、想定していなかった筋肉を使い、身体は一気に消耗した。
 精神的にも「やばい!」という思いで大きく揺さぶられた。集中も切らしてしまい、ステップ前の思わぬ場所で大きく転倒。そして何より、トウループが3回転となったことで、3回転ジャンプ3種類(トウループ、アクセル、ルッツ)を2度ずつ跳んだことになり、後半の得点源、3回転ルッツ−2回転トウループが「跳び過ぎ違反、無得点」となった。「転んでもいい、絶対4回転を跳ぶ!」という気持ちが大きすぎたため、冒頭のジャンプが3回転になったときの対策は講じていなかったのだ。
「2大会連続で跳べていた4回転が入らなかったのは……やっぱり集中し切れていなかったんですね。演技前の6分練習から、いや、朝の公式練習からもう、集中は切れていました。回りの選手が気になって気になって……4回転にそこまでこだわってはいけない、そのことは分かっていたのに、心の奥の奥では、4回転のことばかり考えていた。こんなに強い選手ばかりなんだから、4回転を跳ばないと勝てないって」


「自分はまだまだ弱い」
世界の壁の高さを肌で感じた羽生。さらなるレベルアップが求められる
世界の壁の高さを肌で感じた羽生。さらなるレベルアップが求められる【Getty Images】
 
=略=
 試合終了後、大いに悔しがりながらも、彼は笑っていた。
「悔しいけれど……楽しいです。この悔しさは、絶対次への糧になると思う。ここで経験しなきゃいけない悔しさだったと思うし、こんな試合ができて良かった、と思っています。
 だから全日本(選手権)では、こんな演技はもう絶対にしないって言いたいです。これから1カ月の間に、ジャンプ構成の確認、4回転の精度を上げる、スケーティングの向上……。やるべきことはいっぱいあるけれど、この短期間で全部クリアしてみせますよ。もう、楽しいです! やるべきことがすごくたくさんあって楽しい。『これをやれば絶対うまくなれる』がこんなにも明確なんですから。
 そしてシーズン前には迷っていたけれど、やっぱりジュニアからシニアに上がったこと、すごく良かったです。もし今シーズンもジュニアに残っていたら、誰も200点は超えられない中での戦いでしょう? 戦う意味はもうなかった。でもシニアはこうして200点を超えても(※ロシア杯の総合得点は202.66)、やっと7位です。強い選手がいっぱいいる、この層の厚さがいいですよね。今、4種目の中でも男子が一番レベルが高い。壁がすごく厚い、高いことを感じています。
 楽しいなあ! ほんとにシニアに上がってよかった。向かうべきものがこんなにたくさんあって、明確にそこに見えているなんて。自分はまだまだこの場所ですごく弱い。もっともっとうまくなりたい、強くなりたいなって……すごく思いました」


羽生を強くするもの
 周囲の雰囲気に流されず、自分に集中することの大切さは、もちろんここで学んだ。しかし勝負師・羽生結弦を奮い立たせているのは、やはりシニアのストロング・フィールドに立つ喜び。
 勝ちへのこだわりを持って臨んで、大きく跳ね返されたロシア杯。それでも笑って、敵の強さに大喜びしてみせるのが羽生だ。彼の負けん気、闘争心は、少しも変わらないどころか、さらに大きくなっている。羽生を強くするのは「自分の演技への満足」ではなく、やはり「越えるべき壁の厚さ」、「戦うべき相手の手ごわさ」なのだろう。

=略=

【2010年NHK杯】スポーツナビコラムで振り返る羽生結弦 - 2016.01.18 Mon

 なんとなく、昨日スポーツナビってどれくらい前からコラム載ってるんだっけ?と思いながら見てたら第1回目が浅田舞特集でした。
懐かしい。多分当時読んでたけど全く記憶にない。

ついでなので、羽生の記事だけ抜粋していきます。
途中で飽きると思うけど。きっと。

****************************************************************************************************
2010年10月21日(木) 22:20 フィギュアスケートNHK杯 前日会見
羽生結弦「課題は4回転を成功させること」
シニア初参戦となる羽生は「自分の演技を見せる」と意気込む【写真は共同】

 村上とともに、昨季の世界ジュニア選手権で優勝した羽生結弦(宮城FSC)もシニアのGPシリーズ初戦をNHK杯で迎える。2戦目は第5戦のロシア杯となる。

――GP最初の試合だが、どんな調整をしてこの試合に臨んだか

 ジュニアからシニアに上がり、フリープログラムが30秒長くなるので、体力面の強化と4回転の精度を上げてきた。

――NHK杯での課題や目標は

 4回転ジャンプをフリーの冒頭に入れるので、一つ目の課題は4回転を成功させること。2つ目の課題は、今までテレビで見ていたシニアの選手の中でいかに集中力を出せるかだと思う。

――シニア初参戦だが

 シニアの周りの選手に飲みこまれないように、しっかりと自分の演技をジャッジの方やお客さんに見せるようにしたい。

****************************************************************************************************
NHK杯男子SP選手コメント 2010年10月23日(土) 17:15
羽生結弦「いい演技ができた」



――SPを終えて
 緊張はしていたが、ジャンプはほとんどできたので、いい演技ができたと思う。

――いい点数も出た。手応えは
 まだまだショートで終わりではないので、もっと高みを目指してフリーで頑張りたいと思う。

――(3Lz+3Tの3Lzで)ジャンプの軸がずれたけれど、次の3Tにつなげた
 昨年の自分だったら(2つ目の)3回転をつけなかったと思うが、今日はコンビネーションのトリプルの方が調子がよかったので付けられたかなと思う。

――(女子SPで)村上(佳菜子)選手の2位という結果は
 緊張した。2位という順位がすごいと思った。ここまで通用するんだという自信にもなった。

****************************************************************************************************
NHK杯男子FS選手コメント 2010年10月24日(日) 18:30

羽生結弦「自分も表彰台に上がりたい」
表彰台は逃したが、4回転ジャンプも決めて4位に入った羽生結弦
――最初の4回転が決まった
 自分でも思っていた以上にきれいに決まったのでよかった。
――自信はあったか
 公式練習では結構な確率で降りていたので自信はあったけど、6分間練習ではつまづいていたのでちょっとは心配もあった。
――今後表彰台をねらっていく準備は
 表彰台は狙っていきたい。ジュニアからシニアに上がって、「ジュニア上がりだね」と言われないように、「もうシニアの一員だね」と言われるように頑張りたい。
――シニアでやっていく自信は
 緊迫した中で、4回転ジャンプを跳べたことは自分の中で大きかった。体力がないことも実感した。
――村上選手が表彰台に上がったが
 やっぱり自分も表彰台に上がりたいと思った。でもなかなか難しいものだなというのもすごく感じた。
****************************************************************************************************

このコラムは筆者がうーんなんですが記録して残しますー


羽生のジャンパーとしてのポテンシャル
シニアデビュー戦でいきなり4回転ジャンプを決めた羽生

 =略=順位よりも何よりも驚いたのは、15歳の高校1年生が、シニアデビュー戦でいきなり4回転ジャンプを決めてしまったことだ。
 たとえば世界屈指の4回転ジャンパーとして知られた本田武史でも、初成功は高校2年生の3月(シニアデビュー3年目)。おそらく15歳での4回転ジャンプ成功は、日本人最年少記録樹立だろう。
 =略=いきなりシニア初戦で入るはずがない……そう思っていたことを本人に伝えると、「うん、僕も跳べるとは思っていませんでした」と笑う。
 どうやらNHK杯で4回転を成功させた秘密は、公式練習で高橋大輔(関大大学院)や無良崇人(中京大)とともに滑り、彼らの4回転を目の当たりにしたことにあるらしい。シーズンオフ、最も4回転の調子が良かったのも、実は4月のアイスショー公演中。共演者の高橋、織田信成(関大)、小塚崇彦(トヨタ自動車)らが跳ぶ4回転を見続けることで、自然に身体がジャンプを跳んでいたのだという。羽生のジャンパーとしてのポテンシャルは、計り知れない。
牙を持つ競技者
羽生は激戦の男子シングルで4位に入った
 =略=勝負事が大好きで、大舞台となるとその緊張感さえ楽しみ、「勝つこと」に大きな快感を覚える。ライバル視している海外選手が試合で元気がなければ、「せっかくの対戦なのに万全にして来ないなんて。次は絶対決着をつけてやる!」などと怒る。氷の上のやわらかな演技からは、そんな彼が想像できないだろう。しかしプログラムの端々で見せる猛々しい表情に、この15歳の少年の比類なき強さを感じることはないだろうか。
 =略=

2016.1.09 NHK杯フィギュアスペシャルエキシビション 感想 - 2016.01.17 Sun

この前せっかく8K上映会にいって、感想つぶやいたんでブログにまとめておきます!


NHK Trophy Figure Skating Special Exhibition
NHK杯フィギュアスペシャルエキシビション 2016.1.9(土)
 
公式サイト
◎出演者
浅田真央/荒川静香/太田希奈/織田信成/佐藤洸彬/永井優香/羽生結弦/本郷理華/本田武史/宮原知子/無良崇人/
壷井達也/白岩優奈/山本草太/樋口新葉/山下真湖
プルシェンコ/キャンデロロ/デービス・ホワイト/川口・スミルノフ


感想ー渋谷での8K上映会後につぶやいたものをそのままほとんど転載。
抜けてる選手もいるかもしれん。順番通りでもないです。
TV放送をすべてみてから改めて見に行ってます。
カメラアングルが全く違う。断然良い。行ける方はもし次の機会があったら絶対行った方が良い。
花は咲くのカメラアングルについて無駄に熱く語ってる。


宮原知子
翼をくださいは想像以上に運動量があるプログラムだなぁと感じた。スパイラルの、最後の方で氷を指で撫でてから身体を起こすのだけど、その表情が好き。(細かいけど笑

白岩優奈
ウィキッド。スケーティング伸びる伸びる。大画面で見るとめっちゃ気持ち良い。ビューンて遠くにいったりこっちにきたり。
そして、可愛かった。

本田武史
イーグル15秒位、全体で見れたー(((o(*゚▽゚*)o)))素敵すってき(≧∇≦)

太田由希奈
龍神伝説。
全選手の中で、一番ライビュで見れて良かったと思ったのは、ゆきなさん。本当にすべての動きに神経が行き届いていて、なんつーか凄いとしか言いようがない。スパイラル全身でみれた!腕の動きもだけと、フリーレッグ素敵だ。

永井優香
可愛い。2A後のポップが大のお気に入り。プロもピッタリだぁ。身体の動かし方が洗練されてきたなー。

壷井達也
元気一杯で、これからが楽しみだ!羽生に憧れてると昨日放送で言ってたと思う。サインが美しかったよ。スタイルが良いのに、スポーツ刈り。織田とボーヤンを思い起こす顔。好きになる思う。私。

山下真湖
ちょっと緊張してたかな?全日本Jrの時と比べて身体があまり動いてなかった。でも身のこなしは才能に、溢れてるわ。手の動きから感じるしょーま風味。

花は咲くコラボ
本当に本当に良かった。最初に羽生が、小さくかがむ前の動き好き。4人が四方に広がって戻る部分が引きで良かった。カメラアングルは地上波より羽生映してたかな。本田さんのバレエジャンプ真正面だった(≧∇≦)
羽生荒川の同時イナの後、TVでは、荒川さん追ってたけど、こっちは羽生を追ってた。鈴木さんと、本田さんの手繋ぎスパイラル素敵。荒川さんが片足上げスリーターンをしている後ろで、羽生はトンプソンスピンしてた
花を羽生が受け取った後、羽生は1人でやっていたプロと同じような動きをしてた。
花を咲くコラボ気に入って地上波何度も見直したから、なんか凄く覚えた笑。
荒川さんのスパイラル、鈴木さんのステップ美しい。

※舞台裏verの花は咲くの感想
盛岡Ex舞台裏の花は咲く 8K版と地上波を合わせて再編集してた。
羽生成分増えてる。気づいたところ
1冒頭 羽生が小さくなるところが移っている
2荒川さんがスリーターンに入る前に羽生のトンプソンある
3イナバウワーが、最後のほう荒川さんメインだったのが、2人が映ってる
4花を受け取るとき、正面に変更
5花を受け取った後羽生メインのカメラワークに変更
6ハイドロも多分変更
これくらいかなーこっちのが断然よかった
あとは本田さんのバレエジャンプは8Kが正面だったのと、鈴木さんと本田さんのスパイラル&イーグルも8K版がいい
花は咲くまだ見てる
4人そろって手をあげるところ、鈴木さんに笑顔が素敵。あとステップのときふわって跳ぶのが大好き

浅田真央
とりあえずこのプロの下はショートパンツにして下さい!
しかし足元の動きやばい。めっちゃ動く。ファンスパイラル好き

佐藤洸彬
佐藤君は大画面で見た方が断然よかった。
今までTVで見てあまりピンと来てなかったけど、いやー凄いね。気迫が、伝わってきた。後、動きが細かく、キレッキレだった。

織田信成
織田君のスケーティングが本当すき。そんで、ジャンプ着氷した後に、氷の破片がほぼ飛ばないのに感激。今まで解説の方が氷に優しいジャンプと話していたけど、まさにそれをこの目で目撃した。8Kだからこそより一層感じる。
プロの、最初の部分、上半身が曲に合わせながらうねっていて、そこ何度も巻き戻して見たいと思った。

真央羽生プルインタ
昨日のサタスポのプルインタは1/8に行われた事に気付いた。
羽生さん、全種類の4回転楽しみにしてます。真央さん、五回転とかぶっ込んでましたが、沢山の種類のコンビネーションジャンプ楽しみにしてます

川口スミルノフ
謎のスミルノフアップなかった!ツイストうまくいった!悠子ちゃんがにこやかで嬉しい。そしてこのプロ大好きだ。ユーロ前の大変なこの時期に来日して、いつも何度でもを、披露してくれたことに心から感謝。

プルシェンコ。
画面から出てくるんじゃないかと思った。こんな感想を、抱いたのはプルだけ。
そしてスローで波立つ腹の肉を見て現実に戻された笑。8Kだから肉の動き良く見えるのよー

羽生結弦
天と地のレクイエム。
初めの表情と動きが、また悲しみが強くなったように感じた。見る度に優しさ穏やかさの比重高くなってるなと思っていたが、また改めて被災地を訪れて何か感じる所があったのだろうか。
最後のフィニッシュが変わった。今まで身体を抱きしめていたが、翔び立つようだった。フィニッシュのスピンに入る前に鳥を追いかけていたが、あれは希望?自分もそこに向かうのだという決意なのだろ
フィニッシュ後の表情はスタートと違って力強かった。
あー私もレクイエムのポエム病にかかった。すげーなあのプロ。誰もをポエムらせる。
しかし羽生の身体のしなり方は、彼独特で美しいな。ほんとに魅力的だ

以下当日呟いてなかったこと追加
山本草太
スケートがびゅんびゅん伸びる.4T挑戦したけど失敗だった。しかし草太はポエ太とかより、今回の曲のが似合うな

本郷理華
2部の開始でとても華やかなプログラム。情熱的でよかった。

樋口新葉
いやーこのプログラム地味に好きなんだよねw健康的で、ぴったりだよ。

浅田真央
ジュピター
2011年のときは、あまりに細くて儚くて消えてなくなりそうな、浮遊感があったけど、今回のジュピターは地に足がついていて生命力にあふれるジュピターでした。
男の子演技うまかった。
リベラの生歌も素晴らしいし。
最初に2A、そして後半に3Aをいれるというのがいい。
真央の演技本当好き。
△で隊列を組んで進んでいく場面があるけど、これに限っては地上波のがよかった。
今回はローリーも来日してのスペシャルコラボだった。


OPの衣装は白、EDの衣装は青系で統一されていた。

【フィギュアスケート】一押し、この一枚 東京写真記者協会より - 2016.01.16 Sat

NYOIの写真特集で、久保玲さんの撮った写真が素敵だなーと思い検索してたら良いページ発見!!
久保さんの写真じゃないけど、記録に残したいと思ったので、抜粋してみます。

ちなみに久保さんが撮影した写真はこれ↓



東京写真記者協会 【一押し、この1枚】より

20140217_2.jpg

題名「金メダリストは19歳」
中日新聞社写真部 内山田 正夫(うちやまだ まさお)
(2014年2月14日撮影・15日夕刊掲載)

<取材者の弁>
 フィギュアスケート男子で日本に待望の金メダルがもたらされた。獲得したのは宮城県出身の19歳、羽生 結弦(はにゅう ゆずる)選手。前日のSPで100点を超える歴代最高得点をたたき出していた彼に日本中が注目したフリー演技だった。最初の4回転などジャンプを2回失敗し、ひやひやしたものの、羽生選手の次に滑ったカナダのチャン選手の得点が伸びず、金メダルを獲得。この撮影ができたことで、連日夜遅くまで続く取材の疲れも一気に吹き飛んだ。

 羽生選手の演技では今までの大会では見られないほど、必死で気合いの入った表情を見せる場面が数多く見られ、これが五輪なのかと、そのことがとても印象に残った。

 15日までに日本が獲得したメダルは金1個、銀3個、銅1個。10代選手が3個のメダル、41歳の葛西選手が銀メダル。新しい力と「レジェンド(伝説)」と呼ばれるベテラン選手の双方が活躍する見応えのあるオリンピックとなっている。今後も選手たちの活躍する瞬間を撮影すべく、日々長時間の撮影を楽しもうと思う。



20140228_2.jpg 

題名「浅田真央の恩返し 涙と笑顔のフリー」
毎日新聞北海道支社報道部写真グループ 貝塚 太一(かいづか たいち)
(2014年2月20日撮影 同21日夕刊1面掲載)

<取材者の弁>
 ソチ五輪フィギュアスケート女子シングルに出場した浅田真央選手は、前日のショートプログラムで16位と出遅れた。フリープログラムを当日に控えた早朝の練習、一人遅れてリンクに登場した浅田選手の表情は痛々しく、とても競技ができる状況には見えなかった。

 目の前にいる23歳の女性の肩にかかっていた期待や責任感はどれほどのものだったのか、満足行く演技が出来なかった絶望感は想像すらできない大きな苦しみだと感じた。私にとって今回が初めての五輪取材。この日までの取材では自分の実力や運のなさに落ち込む日々もあったが、自分の苦しみなど彼女の抱えるそれとは比べようがないものと反省させられた。

 迎えたフリープログラム本番。昨夜とは打って変わり、力強い表情をした彼女の姿に自然と気持ちが入る。冒頭のトリプルアクセルに成功すると会場の空気が一変した。ここ数年見たことがない完璧な演技に心奪われ、4分あまりの時間があっという間に過ぎた。演技を終えた直後に表情を崩した浅田選手の姿に手が震え、ファインダーが涙で曇った。リンク中央でのあいさつ。審判側にあいさつした後、一回転して振り返り、観客の声援に応えた。瞳にあふれる大粒の涙、そして対照的に輝く笑顔。一人の人間があんな絶望的な状況から復活し、蘇生する力を目の当たりできたこと、あの瞬間にあの場所にいられたことに感謝する思いだ。


20150115_2.jpg 

題名「金メダリスト羽生、全力出し切ったフリー」
読売新聞東京本社写真部 林 陽一(はやし よういち)
(2014年12月27日撮影)

<取材者の弁>
 冒頭の4回転サルコーで転倒し、「あれっ」と一瞬思うも次々と演技をこなし、終わってみれば圧勝の3連覇を果たした。写真は終盤の回転での一コマで、体が細い羽生選手にもかかわらず手を高く上げた姿が力強く、掲載されたのがこの写真でよかったなと感じた。
=略=
しかも近年はジャンプや回転の写真は表情などの問題であまり使われなくなっていたため意外に感じたのも正直なところだった。

 さてフィギュアスケートは昔から好きではあったが、ちゃんとした大会を取材したのは2回目で、2003年に同じ長野のビッグハットだった。11年前のこの日は安藤美姫選手が女子初の4回転ジャンプを成功させて初優勝した日。2位は村主章枝選手、3位は荒川静香選手だった。

=略=
 今回、超満員の観客席や取材陣の多さに目を丸くし、出場選手や演技などに11年という時を感じた大会であったが、羽生選手は今後10年経っても現役で活躍し、素晴らしい演技をするのではないかと感じさせる大会であった。


2016.1.15【第50回テレビ朝日ビッグスポーツ賞】 - 2016.01.16 Sat

 羽生と大谷の並びが!!!ずっと熱望してた二人の並びに加えて、内村白井もいるとうこの至福の時を記事にしないでどうする!ってことでやりますw

115.png 

第50回テレビ朝日ビッグスポーツ賞受賞者 
※羽生は追加受賞のため、上記表に記載はありません。
〔参考〕[2015年12月15日16時11分]羽生結弦らがテレビ朝日ビッグスポーツ賞を追加受賞
ことし活躍したスポーツ選手や団体を表彰する「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の追加受賞者が15日発表され、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルを世界最高の合計330・43点で3連覇した羽生結弦(ANA)が新たに選ばれた。

▼オープニングセレモニー
〔動画〕羽生、内村ら五輪金メダリストが豪華共演! 【ビッグスポーツ賞】オープニングセレモニー
なんて豪華の面々なんだ・・・すごすぎる。歴代オリンピック金メダリスト
よくこれだけ集まったなー
◎開会宣言
三宅義信/吉田沙保里/内村航平/羽生結弦
WS000003.jpg


▼受賞者入場・授与式
〔動画〕フィギュア・羽生、競泳・瀬戸らが受賞! 【ビッグスポーツ賞】ビッグスポーツ賞
◎受賞者
 体操 男子日本代表/水泳 瀬戸大也/競歩 鈴木雄介/フィギュアスケート 羽生結弦

GIFSoup

羽生さんしょっぱなから飛ばしてますwロンダートを内村、白井、加藤選手がいる前で決めいている( *´艸`)
瀬戸選手は飛び込みからのクロール!鈴木選手は競歩しながら登場
WS000002.jpg 




▼放送大賞、放送特別賞
〔動画〕フィギュア・羽生、野球・大谷翔平が夢の初共演! 【ビッグスポーツ賞】放送大賞、放送特別賞
◎受賞者
 フィギュアスケート/侍ジャパン

羽生と王さんの並び!!!
WS000008.jpg

大谷と並んだ瞬間背伸びする羽生にワロタ

GIFSoup

WS000005.jpg







2016年 題名のない音楽会 お気に入り回まとめ  - 2016.01.10 Sun

題名のない音楽会備忘録
最近の放送で気に入った放送回と楽曲!

****************************************************************************************************

2016.01.10
クラシック新世紀の音楽会

♪2:葉加瀬太郎オリジナル曲メドレー
「エトピリカ」~「Another Sky」~「Asian Roses」~「ひまわり」

作曲・ヴァイオリン: 葉加瀬太郎
編曲・ピアノ: 伊賀拓郎
演奏: 今野均ストリングス

♪4:「情熱大陸」
作曲・ヴァイオリン: 葉加瀬太郎
ヴァイオリン: 五嶋龍
編曲・ピアノ: 伊賀拓郎
演奏: 今野均ストリングス

****************************************************************************************************

2015年 題名のない音楽会 お気に入り回まとめ - 2016.01.10 Sun

題名のない音楽会備忘録
最近の放送で気に入った放送回と楽曲!

****************************************************************************************************

2015.12.27
ユンディ・リによるショパンの音楽会
♪ユンディ・リ

♪3:24の前奏曲 第15番 変ニ長調 「雨だれ」
作曲: F.ショパン
ピアノ: ユンディ・リ

♪5:ノクターン 第20番 遺作
作曲: F.ショパン
編曲: N.ミルシテイン
ピアノ: ユンディ・リ
ヴァイオリン: 五嶋龍

***********************************************************************************************************

2015.12.20
プリンセスの音楽会
♪2:ディズニープリンセス大メドレー
F.チャーチル「いつか王子様が」 『白雪姫』(1937年)より
A.メンケン「アンダー・ザ・シー」 『リトル・マーメイド』(1989年)より
A.メンケン「パート・オブ・ユア・ワールド」 『リトル・マーメイド』(1989年)より
J.リヴィングストン/M.デイヴィッド/A.ホフマン「夢はひそかに」 『シンデレラ』(1950年)より
A.メンケン「ホール・ニュー・ワールド」 『アラジン』(1992年)より
R.ロペス/K.アンダーソン=ロペス「レット・イット・ゴー~ありのままで~」 『アナと雪の女王』(2013年)より
A.メンケン「ビューティー&ザ・ビースト」 『美女と野獣』(1991年)より

編曲: 萩森英明
ヴァイオリン: 五嶋龍、小林美樹
マリンバ: 塚越慎子
トロンボーン: 中川英二郎
ピアノ: 伊賀拓郎
ドラム: 八城邦義
ベース: コモブチキイチロウ
指揮: 角田鋼亮
演奏: 今野均ストリングス with ぱんだウインドオーケストラ

♪3:『眠れる森の美女』
作曲: P.チャイコフスキー
編曲: 石川洋光
ヴァイオリン: 五嶋龍
ピアノ: 伊賀拓郎
指揮: 角田鋼亮
演奏: 今野均ストリングス with ぱんだウインドオーケストラ

***********************************************************************************************************

2015.12.13
フィギュアスケートの音楽会
♪織田信成、本田望結、木下美穂子、山本貴志、吉田兄弟、笹本武志、三宅一徳、石坂幸治、F.S.スペシャルバンド with ぱんだウインドオーケストラ

♪1:浅田真央選手 今季ショートプログラム使用曲
「素敵なあなた」より

作曲: S.セクンダ
編曲・指揮: 三宅一徳
ヴァイオリン: 五嶋龍
演奏: F.S.スペシャルバンド with ぱんだウインドオーケストラ

♪2:浅田真央選手 今季フリースケーティング使用曲
歌劇「蝶々夫人」より

作曲: G.プッチーニ
編曲: 三宅一徳
ソプラノ: 木下美穂子
指揮: 石坂幸治
演奏: F.S.スペシャルバンド with ぱんだウインドオーケストラ

♪3:羽生結弦選手 今季フリースケーティング使用曲
映画「陰陽師」より『SEIMEI』

作曲: 梅林茂
編曲・指揮: 三宅一徳
龍笛: 笹本武志
演奏: F.S.スペシャルバンド with ぱんだウインドオーケストラ

♪4:羽生結弦選手 今季ショートプログラム使用曲
「バラード第1番」より

作曲: F.ショパン
ピアノ: 山本貴志

♪5:織田信成メドレー
(1)「STORM」 作曲: 吉田健一、矢島公紀
(2)「Smile」 作曲: C.チャップリン
(3)「Fly Me To The Moon」 作曲: B.ハワード

編曲・指揮: 三宅一徳
津軽三味線: 吉田兄弟
ヴァイオリン: 五嶋龍
演奏: F.S.スペシャルバンド with ぱんだウインドオーケストラ

***********************************************************************************************************

2015.11.29
特殊筋肉と音楽家たち
♪上野耕平、反田恭平、飯尾洋一 他

♪6:草競馬
作曲: S.C.フォスター
ヴァイオリン: 五嶋龍
サクソフォン: 上野耕平
ピアノ: 反田恭平

***********************************************************************************************************

2015.11.22
ゲーム音楽史の音楽会
♪植松伸夫、紫吹淳、栗田博文、シエナ・ウインド・オーケストラ

♪5:『ゼルダの伝説』より「メインテーマ」(1986年)
作曲: 任天堂株式会社
編曲: 山下康介
ヴァイオリン: 五嶋龍
指揮: 栗田博文
演奏: シエナ・ウインド・オーケストラ

****************************************************************************************************

2015.10.25
歴史に残る名器と音楽家たち
♪東儀秀樹、古澤巌、飯尾洋一 他

♪2:アルフィー
作曲: B.バカラック
編曲・篳篥: 東儀秀樹
ピアノ: 佐藤雄大

♪4:朧月夜
作曲: 岡野貞一
編曲: 東儀秀樹、平沼有梨
笙・篳篥: 東儀秀樹
ヴァイオリン: 五嶋龍、古澤巌
ピアノ: 佐藤雄大

****************************************************************************************************

2015.10.04
バッハをめぐる音楽会
♪黒柳徹子、久石譲、藤原道山、上妻宏光、山井綱雄、沼尻竜典、日本フィルハーモニー交響楽団

♪4:番組新テーマ曲 「Untitled Music」

****************************************************************************************************

2015.12 2015年声優アニメ出演本数ランキング 1位櫻井孝宏! - 2016.01.09 Sat

2014年に続いて、2015年も1位でしたー!
もうすっかり出演作は追えてませんが、気にしてませんw


2015年11月発売の日経エンタテイメントを元に書かれた記事がWEBに上がりましたので、そこを抜粋して記事にしときます。


「声優アニメ出演本数ランキング!」11本増の細谷佳正を抑え、堂々の首位に輝いたのは2年連続のあの人!! では、女性は!?

**************************記事抜粋****************************

人気商売ならどの業界も同じだろうが、比較的、安定した男性声優陣に比べ、女性声優は移り変わりがより激しいイメージもあるが、さて、今年は誰が頭角を現してきたのか。去年のランキングを踏まえ、見てみよう。


「声優アニメ出演本数ランキング 2014」男性編 
1位:櫻井孝宏(16)
2位:中村悠一(15)
3位:福山潤/梶裕貴(14)
5位:小野大輔/小山力也(13)
7位:松岡禎丞/宮野真守(12)
9位:浪川大輔/小西克幸/下野紘(11)
対象期間:2014年1月~2014年9月 ※()内は本数


■「声優アニメ出演本数ランキング 2015」男性編
1位:櫻井孝宏(24)
2位:細谷佳正(21)
3位:宮野真守(20)
4位:逢坂良太/諏訪部順一/鳥海浩輔(19)
7位:松岡禎丞/中村悠一/浪川大輔(18)
10位:小野大輔/岡本信彦/藤原啓治(17)
対象期間:2014年10月~2015年9月 ※()内は本数



2014年の男性編、第1位は『オオカミ少女と黒王子』や『シドニアの騎士』など、16本に出演した櫻井孝宏。12年版&13年版で2位だった櫻井が、ついにトップに躍り出たかたちとなった。誌面で「正統派の二枚目から、一癖も二癖もある難解なキャラを任される」と称されているところを見ると、声優界の堺雅人なのかもしれないし、違うのかもしれない。
2015年の男性編、出ました、声優界の堺雅人。櫻井が8本増で、2年連続首位となった。

櫻井さん勝手に声優会の堺政人にされとるwww

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

リンク

カテゴリ

  • 櫻井孝宏 (459)
  • 櫻井孝宏 関連語り・記事 (104)
  • 櫻井孝宏 情報(2010/9月まで) (99)
  • 櫻井孝宏 TV出演関連 (3)
  • 櫻井孝宏のTAMARIBA (28)
  • ~05年  記事・インタビュー  (9)
  • 06~08年記事・インタビュー  (2)
  • 09~11年記事・インタビュー  (1)
  • 12~14年記事・インタビュー  (8)
  • 15年~ 記事・インタビュー  (20)
  • 玉ニュータウン・チェリーベル (27)
  • PV/CM/試聴/音声コメント等 動画 (28)
  • CD・DVD (11)
  • アニメーション感想 (91)
  • 雑誌etcレポ&感想 (28)
  • 観劇・鑑賞・イベント他 (21)
  • Radio (120)
  • JOQR&A&G (59)
  • るるくるステーション (13)
  • その他WEBラジオ (29)
  • さよなら絶望放送 (17)
  • 鉄のラジオバレル (2)
  • 声優さん (70)
  • 映画 (10)
  • スイーツ (16)
  • 旅行・遠出・散歩・温泉・銭湯 (29)
  • 音楽 (42)
  • 記録 (0)
  • FigureSkate (386)
  • 浅田真央 (24)
  • 浅田真央 動画 (20)
  • 羽生結弦 (43)
  • 羽生結弦 動画 (11)
  • GPS/Championship 結果 (67)
  • 各国ナショナル 結果 (54)
  • 国際B/その他 結果 (23)
  • オリンピック (9)
  • エントリー/プログラム一覧 (34)
  • データ (25)
  • その他 (40)
  • Favorite Programs (36)
  • スポーツ (67)
  • 野球 (18)
  • 男子新体操・体操 (17)
  • Soccer (16)
  • 陸上/駅伝他 (6)
  • スポーツその他 (10)
  • 書籍関連 (44)
  • 少女コミック (19)
  • 小説 (7)
  • 少年コミック (6)
  • その他コミック (12)
  • 機動戦士ガンダム00 (11)
  • TV (19)
  • 雑記 (16)
  • 未分類 (0)
  • (0)
  • 自己紹介 (1)
  • 櫻井孝宏情報(twitter)

    Figure Skate

    ◆UNION
    ISU
     ├ISUJGP2011YouTube
    JFA
    ◆World Standings
    Men
    Ladies
    ◆Season's World Ranking
    Men
    Ladies
    ◆NEWS SITE
    figure skate memo
    sportsnavi
     ├日程・結果
    Sports@nifty
    ◆SKATER
    Mai&Mao ASADA  
    Miki ANDO
    Takahiko KOZUKA
    スクロールバー

    Radio・Voice

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    そらはち

    Author:そらはち
    ★Favorite★
    ▼Voice actor(櫻井孝宏)
    ▼Figure skating
    ▼Baseball(横浜DeNA・巨人)
    ▼Men'sRG

    ▼Twitterログ用ブログ

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    カウンター

    QRコード

    QR