FC2ブログ
A D M I N

2019-12

Continues~with Wings~ CiONTU - 2018.07.25 Wed

Continues~with Wings~ 
公式サイト
■名称:Continues ~with Wings~
■主催:Continues ~with Wings~実行委員会
■後援:公益財団法人 日本スケート連盟
■企画製作:テレビ朝日 / CIC
■日程:2018年4月13日(金)~4月15日(日)
■会場:武蔵野の森総合スポーツプラザ

羽生結弦選手本人の「つながり」をもとにオファーしました。
WS000015_20180725190027e38.jpg


<出演者>
羽生結弦
エフゲニー・プルシェンコ
ジェフリー・バトル
シェイ=リーン・ボーン
ジョニー・ウィアー
川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ
無良崇人
佐野稔




感想はいつかきっと書く!

IMG_3609.jpg
IMG_3613.jpg
IMG_3615.jpg
スポンサーサイト



【2017.9.8更新】BB社 フィギュアコラムまとめ - 2017.09.08 Fri

ベース・ボールマガジン社の山口真一記者コラム、毎回楽しく読んでいます。

記事のリンクをまとめておこうと思います。

フィギュアスケートマガジンも毎回欠かさず買ってますよ!

 

●20170620

注目集まる、羽生結弦の今季フリー。 トロントでの公開練習が待ちきれない! - ベースボール・マガジン社WEB

記念すべき第1回目。

ファンと同じように新しいプログラムへの期待感、高揚感を感じる記事

早く見たい、知りたいという欲求は確かにあるものの、頭の中であれこれ空想するのもスケートファンの喜びであり、特権。ファンの間では「今季のフリーはこの曲がいい」という幸福な議論も展開されているようだ。

Faoi神戸の写真やレポが出てこなかった理由がわかってスッキリ

 

●20170703

羽生結弦を応援する人には どんな傾向があるのか考えてみた - ベースボール・マガジン社WEB

 0.2%層に属するものです(笑)

プレゼントとかあまり興味はなく、面倒なので放置しておりました( ̄∇ ̄)

雑誌は買ったよ!

ヘルシンキの世界選手権での山口記者の心の動き、周りの反応。WEB記事だからこそ読める内容ですなぁ。

マガジンさんを買ってる理由は記事が豊富だからです。正直、写真にはあまり興味無いので。これからも文字テロ期待してますよ!

 

●20170722

羽生結弦のエッジ研磨技術者、 吉田年伸さんに会ってきた - ベースボール・マガジン社WEB

 山口記者はホッケー畑の方という事実を知る

一年前の吉田さんの記事も読みましたよ。同じ号に掲載されてた龍樹、鈴木潤君の記事も印象的だった。

羽生と奈々美先生との今の関係性もちょっぴり知れて嬉しい

彼と彼女が揃ったキスクラはまさに美だった。

カナダに渡るとき、この美の瞬間を見れなくなるってのも寂しく感じた一因だな

もちろん、話は奈々美先生のことにも及んだ。羽生が奈々美先生に会うと「僕、今、こんなことやってるんですよ」と子供のように話しかけてくること。それを聞いて、国別対抗のエキシビション前に4回転ルッツを跳んでいたのは、奈々美先生に見せるためだったのかな――という気もした。

ヴァーティゴの腰振り振付の謎が明かされる!

「あの腰の振りは僕がアイデアを出したんですが、最初はものすごく評判悪くてですね!」。思わず大根サラダを口から吹き出しそうになった。

 

●20170808

いよいよ今日から2日間、 羽生結弦トロント公開練習 - ベースボール・マガジン社WEB

 FSが発表される!とドキドキしてるファンの気持ちをさらに加速させる記事でしたなぁ。

 

●20170809

羽生結弦、公開練習1日目が終了。 注目のフリーは『SEIMEI』に。 - ベースボール・マガジン社WEB

 毎年撮られる駐車場の映像の謎が解けた

 

 

 

●20170907

羽生結弦トロント公開練習から1カ月。 いまだ体の中を吹き抜けている「風」。 - ベースボール・マガジン社WEB

プレシーズン号の作成、お疲れ様でした!

シーズンインに合わせるかのように、記事執筆の時間と体力が戻ってきた。これからはマメに更新しますのでお付き合いください。

その言葉を信じて楽しみに待ちますよ。

 

1人のアスリートを五輪に送り込むというのはこういうことなのだと、あらためてその重さを思い知らされた。

クリケチームと羽生の関係性がより深まり、良い環境にいるのだなと改めて感じる

 

たった2日間ではあるけれど、同じ空間、時間を共有したからか、被取材者と取材者という関係性から、平昌五輪に向かって一緒に歩んでいく仲間――という気持ちになった(このあたり、われながら非常に厚かましいと思っております。すみません)。

こんな風に感じてくれるメディアの方が近くにいてくれるのはほんとに嬉しい

 

その後の表紙撮影の流れは爆笑

他の媒体等でも公開練習でのテンションの高さは伝わってきてたが、ここまでとはw

リラックスして五輪に向かっていけてるんだなぁと一安心。

そんで焦る山口記者を気にせず撮り続ける毛受カメラマンもプロですな( ̄∇ ̄)

 

両手を握ってってのは本誌で読んで知っていたんですが、普通に向き合ってだと思ってたのにまさかの体勢(´∀`)

 

あー楽しいレポートでした!

とりあえず、羽生さんからは俺は山口記者を信頼してるぜ!ってメッセージを勝手に受け取りました。

 

はやくこの記事にも続きを足したいなぁ

 

【記録】羽生結弦が語った未来 - 2017.02.23 Thu

最近、ソチ五輪以降の羽生のインタビューを良く思い出します。

ああ、そういえばかつてこんな事を語っていたな。その通りになってるなぁと。

ちょっとネットの海を漁って過去のインタを書き起こしてみました。

記録としても残しておきたいですし。

 

2014年4月

織田信成羽生結弦 対談

19歳で金メダルを獲得した羽生結弦が描く未来
テーマ「その先にあるもの」

動画

5:50~

羽生

五輪の金もそうですけど、やっぱり今シーズンは今シーズンでしかない。

新しいシーズンになったら、同じ名前かもしれないけれど場所も違うしリンクも違う、しかも出てる選手も違うしやる演技も全然違うじゃないですか。
ソチはソチだし、平昌は平昌だし
トリノで勝った選手がバンクーバーで勝て方といったらそうじゃない。
そこの間にすごく時代が変わっていて、そうやって変わっていくと思う
ただ、その変わっていく風潮の中でまず日本男子があがっていって、そこで海外の選手もあがっていったらどういう時代がくるのかすっごくワクワクするんですよ
そうしたらまた、僕もそれに負けないように頑張る
そうしたら、みんなが上手くなるじゃないですか
そうしたら、下の子たちももっと上手くなっていく
それが僕のひとつの夢

織田

みんなで上手くなって

羽生

ノブ君が教える生徒たちがね

織田

早くいい子育てないとね。頑張らないと

 

2015年4月13日放送 
フィギュア界"革命的進化" 羽生結弦が語る新時代

動画

修造

4回転ってすごいものだと思っていたんですよ。自分ではどう思っていますか?4回転ジャンプ

羽生

うーん。跳べて当然ですね。4回転を跳べない自分がいるとすごく腹が立つ。跳べて当たり前だから。

修造(ナレ)

ちょっと前までは考えられなかった言葉です。
5年前のバンクーバーオリンピック(2010年)。フリーで4回転ジャンプに挑んだのは24人中10人。まだ半数にも満たない数でした。それが去年のソチオリンピック(2014年)では14人に。先月の世界選手権(2015年)では19人に。しかもそのうち10人が4回転に2回以上挑んだのです。
わずか5年の間でこの進化。一体何が起きているのでしょうか。

修造

とんでもないジャンプというものが”普通”になる
スポーツの醍醐味で面白いなと思って

羽生

テニスもそうじゃないですか。明らかに昔の次元ではないじゃないですか。錦織選手にしろ

修造

ただ、僕がテニスで思っているのはラケットが変わった。とにかく跳ぶようになった。ボールも変わった。コートも変わった。

フィギュアは靴が良くなったとしてもそこまで変わっていない。
何が良くなって皆が四回転を跳ぶようになったのか。

羽生

すっごいそれ興味深いですね。でも今僕がぱっと思いついたのは、(4回転を)跳べる人がいるっていうのがすごい大事なんですよ。4回転を跳べる人が伝承していくじゃないけれど、自分の感覚をみんな伝えてるんですね。
(4回転を)跳べてた人たちの感覚がやっと今スケート界の理論として確立されつつある。

修造(ナレ)
そしてこの話の流れで出てきた一人の選手の名前

羽生

最初はみんなパトリックに勝ちたかったんですよ。パトリック・チャン選手に勝ちたかったのが始まりだと思うんです。

修造(ナレ)
パトリック・チャン。2011年から世界選手権3連覇を果たすなど、バンクーバーオリンピック以降絶対王者として君臨した選手です。

羽生
彼がまだジャンプが安定していない頃に、他の部分では絶対叶わなかったので、4回転の数を増やして立ち向かうしかなかったんですよ。
彼自身が思っている以上に、彼がこの時代を作ったんだと思います。

修造(ナレ)
こうして訪れた4回転スタンダード時代
その進化が更に加速するのではと感じさせる羽生さんの映像があります。
去年の夏(2014年)シーズン前の映像なんですが、羽生さんが挑戦していたのは4Loというジャンプ

=略=
現在跳ばれているジャンプは4Tと4Sのみ
4回転の本数ではなく、より難しいジャンプを跳ぶという方向の進化です
一方で4回転の種類ではなく、別の進化の方向性も羽生さんの口から出てきました。

羽生
それとも4回転ではなく「5回転」の時代になっていくのか
跳べない選手はいないと思います多分。やろうと思えはたぶん出来ると思うんですよ。5回転、4回転半とか。

修造
それは羽生さんだからじゃないんですか?

羽生
5回転を跳べる時代になるんじゃないかとワクワクしています。
フィギュアは本当に底がないので。
スピンだってこだわり始めたら回転の速さ、軸の速さ、ポジションの綺麗さだったり

修造
4回転ジャンプだけではなくて、全てのものがどんどん進化していく

羽生
スピン・ステップ・スケーティングもですけど、すべてのクオリティを常に追求したい
それがフィギュアの面白いところで、皆さんが見ていてファンになる方が多いところなんじゃないかなと思うんですよね

 

2017年2月四大陸選手権にて

Nathan Chen is rare American to master quadruple jumps

 

2017年四大陸選手権 羽生結弦FS  - 2017.02.20 Mon

いやあああここまで燃えた試合はいつぶりでしょうか。

私やっぱりジャンプ好きだわ。でもあんだけ高難易度ジャンプ跳んでそれ以外もも進化してる!!!!!みんなが!

上位3人はジャンプだけじゃなくスピンステップもレベル4揃えてる。

 

羽生のFSの演技自体は、おそらく身体が万全ではなくビールマンも抜いていたし、体重を膝に乗せきれてない感じもあったが、でもそれを吹っ飛ばすくらい、ああ羽生結弦ってこんな選手だと思い出させてくれました。

あのリカバリー何度も何度も見ちゃう。

ここまで見返したのはSCのEx以来だ(割りと最近(笑))

4Tってやっぱり重要なところで助けに来てくれるんだな。それに比べて4Sは!

最後の3Aのかっこ良さよ。羽生の単独3A好きだ。

f:id:sky888888:20170220215115j:plain

あのリカバリーに関しては記録に残さなきゃいけない!という使命感の元記事をまとめます。

<動画>

www.youtube.com

Yuzuru Hanyu FS 2017 4CC - YouTube

 

プロトコル

f:id:sky888888:20170220214330j:plain

 

<Resultページ>

http://www.isuresults.com/results/season1617/fc2017/

 

<記事より>

羽生結弦、チェンに惜敗も大きな収穫。「4回転5本が視野に入った」|フィギュア|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

 リカバリーについて

=略=

 だが、後半の4回転サルコウからの連続ジャンプは2回転になり、さらにその直後に1回転ループを入れてしまった。本人は「失敗したあとにハーフループを入れて4回転サルコウをやろうと思ったが、ちょっと非現実的だなというためらいが一瞬あったので戻してしまった」と説明する。ここで1回転ループを付けてしまったことで、3回しかできないコンビネーションジャンプをひとつやったことになってしまった。

 羽生が執念を見せたのはそこからだった。次の4回転トーループを決めると、トリプルアクセルに3回転トーループをつけ、さらにトリプルアクセルからの3連続ジャンプを4回転トーループ+2回転トーループに変更。そして、最後の3回転ルッツをトリプルアクセルにして見事なリカバリーを見せた。

「4回転を4本入れるということと、トリプルアクセル2本は外せないという気持ちがあったので、コンビネーションの回数を含めていろいろ考えました。とにかく失敗のあとはコンビネーションの3回転トーループと4回転をもうひとつというのをすぐに考えました。ただ、最初のアクセルのところで4回転サルコウを入れようと思いましたけど、ちょっとスピードが足りなかったのでトリプルアクセル+3回転トーループにして、その後で(4回転)トーループを跳ぶことにしました。その直後にブライアン(・オーサーコーチ)の顔が見えましたけど、『お前、何やってんだ』と言いたげな表情でした」

 こう言って苦笑する羽生だが、練習でもこのようなリカバリーはやったことがないという。

「一度だけ練習で最初のループも後半のサルコウトーループもパンクしたとき、『なんだ? この練習は!』と思って1回目のアクセルのところに4回転サルコウを入れて、次のアクセルを4回転トーループに変更するチャレンジをしたことがありました。でも、現実的にはやるべきことじゃないと思っていましたし、トーループもそんなに簡単に跳べないと思っていたので、今回はかなりとっさにやった感じです」

 =略=

 

羽生結弦【一問一答】「正直言うと勝ちたかった」五輪の4回転5本構成も示唆/スポーツ/デイリースポーツ online

 -演技を終えて
 「きょうのプログラムはすごく挑戦的にやった。自分の中では(4回転を)4本跳ぶこと、その上ではコンビネーションを後半に跳ぶことを最重要視していた。だからこそ4回転サルコーの失敗は悔しいし、SPと同じような失敗の仕方になっているので、これからさらに練習を積んで、さらにうまくなりたいと思った。これからまた練習をたくさんしなくては、と思う
 サルコーの失敗から構成を変えてリカバリーした。シミュレーションしていた?
 「4回転トーループを後半2本にしようと決めたのは、トリプルアクセル-3回転トーループを降りてから。4回転サルコーをもう1回跳べれば跳ぼうと思ったけど、跳んだ感覚としてちょっと厳しいと思ったので。練習ではたまに、4回転サルコーがうまくはまらなかった時用に、トリプルアクセル-3回転トーループのところで4Sの練習をしていたが、まず3A3Tをきれいに決めることが先決だと思った。その後、体力が少し余っていると思ったので、4回転トーループをやってみたら跳べました。シミュレーションはしていない。コンビネーションの回数だとかを計算しながらやっていた
 -昼の競技となったが、五輪本番も想定して調整した?
 「練習後、近くの場所でちょっと休憩して、またここに戻ってきた。フリーはそこそこ頑張れたと思っているので、感覚としては良かった。やってみてそんなに疲労も出なかったし、五輪への自信にもなった。フリーでは1位ということでなんとか結果を残せているので、いいプレ五輪になったと思っている
 -2位という結果に
 「正直言うと、勝ちたかったな。僕はシニア1年目から四大陸で銀メダルしか取ったことがなくて、これで3度目の銀メダル。ただ、年々成長していると思うし、年々やることも大変になっている中で、自分の限界に挑戦している感覚が非常に好き。今回がたぶん一番楽しかった銀メダルだと思う
 -五輪の時はいくつ4回転が必要になると思う?
 「五輪の時に自分が何本跳んでいるか、ちょっと想像がつかないです。ネーサンが『羽生選手が押し上げてきた』って言われるのはうれしいけど、たぶん僕というよりみんなで切磋琢磨(せっさたくま)して押し上げてきたと思っている。その中でも常にトップを張りたいと思っている。きょう演技してみて、実際トライしたのは4回転5本、トリプルアクセル2本なので、これから練習していって、もしかしたら5本の構成もできるようになるかなって、ちょっと手応えはあった

 

羽生結弦、プレ五輪は大収穫“五輪タイム”を攻略し「自信になった」/スポーツ/デイリースポーツ online

【羽生に聞く】平昌五輪で4回転「アクセルを跳ぶ選手が出るかも」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

=略=

 ――チェンは5本の4回転ジャンプを跳んだ

 「少しミスはあったけれど、転倒も抜けもなくやりきったことは尊敬に値する。正直おめでとうという気持ちです

 ――以前は少しミスがあっても勝てたが、もうミスできない?

 「危機感は特にない。以前から常に持っている。(若手に)突き上げられてる恐怖感を持って試合をしているわけでもない

 ――4回転時代は羽生が押し上げてきたと言われる

 「僕が押し上げてきたというより、みんなで切磋琢磨(せっさたくま)したからだと思う。ただ常にトップを張っていたいとは思っている

 ――平昌五輪では4回転ジャンプを何本跳ぶ

 「想像がつかない。誰がルッツやフリップを跳ぶか分からない。もしかしたらアクセルを跳ぶ選手が出るかもしれない。これからのスケートが楽しみ。練習が楽しみになった

 

羽生、自身初の4度の4回転成功も「実力を上げていかなければならないと痛感」/フィギュア - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

 「君が代を流せないのは悔しい。フリーは僅差で1位を取ることができたけど、ミスはミスなので、これからもっと対策を練っていって、自分の実力を上げていかなければならないと痛感させられた。いまできることはやったと思うので、サルコーの修正点をしっかり見つけて、ミスを糧にしていきたい」と平昌五輪の出場枠(最大3)のかかる世界選手権(3~4月、ヘルシンキ)を見すえた。

四大陸男子でトップ3人が生んだ名勝負。羽生結弦の貫禄と、才能溢れる若き2人。 - フィギュアスケート - Number Web - ナンバー

進化を続ける真・4回転時代の平昌五輪を勝つ条件とは? | THE PAGE(ザ・ページ)

=略= 

羽生は、ショートに続けてフリーでも4回転サルコウ+3回転トーのコンビネーションジャンプに失敗した。最初の4回転がタイミングが合わずに2回転に終わったのである。それでも、ここからが羽生の絶対王者、所以の強さだった。
「挑戦的にやった」と、急遽、プログラムを変更した。

 最終滑走のネイサン・チェンが4種類5本の4回転ジャンプを入れてくるのはわかっていた。
「4回転4本」をクリアするため、後半のトリプルアクセル+シングルループ+3回転サルコーの予定だったコンビネーションを4回転トー+2回転トーのコンビネーションに変えたのだ。これを綺麗に着氷した羽生は、最後の3回転ルッツをトリプルアクセルに変え、減点対象となるジャンプの重複が起こらないように考えながら、高度なプログラム変更をやり遂げたのである。それだけに試合後の会見で語った「正直、勝ちたかったなあ」も、「限界まで挑戦するのが好きだから、一番楽しい銀メダルだった」の相反する感情は理解できる。

 元全日本2位で現在後身の育成活動をしている中庭健介氏も、羽生の進化続ける対応力を評価した。

「鳥肌が立つほど高レベルでの戦いになった。選手は、練習からミスをした後のリカバリープログラムに関しては、頭に置いているものだが、羽生選手の4回転を4本組み入れるプログラム変更は、常識では考えられないほど凄いこと。気持ちの焦りからか、上半身が先に回りすぎることを止められずに、4回転サルコウのコンビネーションジャンプが、パンクするミスをショート、フリーと重ねたが、失敗の中で生まれた対応力に自信を深めたのではないだろうか」

 

2016.12.30発売 Number2017.1.14特別増刊号【平昌へ】 - 2017.01.01 Sun

f:id:sky888888:20170101193628j:image

 

買いました。

特に注目した箇所を記録として残す

 

P16 平昌に挑む。 

文:野口美恵

羽生結弦のコーチであるブライアン・オーサーは、こう語る。

「五輪が終わった翌日から、次の五輪への4年が始まる。最初の2年は、失敗や試行錯誤のとき。五輪プレシーズンは、ゴールと方向性を定めるとき。そして五輪シーズンは、定めた方向性を、どんな迷いや重圧があっても信じて過ごす時間になる」

羽生は4Loを新たに入れた構成、FSは3種4クワド。

ハビは,4S4Tを入れた3種3クワドで行くのか。

しかしこのオーサーの言葉どっかで読んだ記憶あるな。

 

P21-22 平昌へー少女たちの激闘。

文:矢内由美子

宮原日本のエースだ!狙って獲った3連覇「すごくうれしい」/スポーツ/デイリースポーツ online

上記記事より

「3連覇はしたいけど、考えすぎるとうまく気持ちを持っていけなくなる」という宮原に対し、浜田美栄コーチはフリーの演技の直前、あえて宮原に「(優勝を)狙っていきなさい」と伝えた。「勝ちたいと思ってしまうもの。狙って勝てる位置で、狙っていい演技ができるように」と同コーチ。

そこを踏まえた上でNumberより以下抜粋

濱田コーチはその意図を「人は最後は絶対に勝利を狙うもの」であると説明した。

その上で、「やはり、うまい選手ではなく、強い選手が勝つ。練習でうまくなることはできるが、強くしてくれるのは試合しかない」と付け加えた。

この、うまい選手ではなく、強い選手が勝つ。という言葉は、本田家のTV番組特集「わたしたちのレベル4」内のインタビューでも仰っています。当時とても印象に残りました。

 

P23 平昌へー少女たちの激闘。②

本郷理華選手の言葉

5位いう結果には涙を流して悔しがったが、「弱い自分を見せないような選手になって戻ってくる」と再浮上を誓った

 理華ちゃん頑張れ!

2016.12.03更新 カメラマン【長久保豊の撮ってもいい?】話まとめ - 2016.12.03 Sat

長久保カメラマンに興味を持ったので、ほかの記事も読んでみました。いやー全部目を通してしまった。面白すぎる。

特に野球とフィギュアスケートだからね!

一番下の署名欄のコメント全部書き出しちゃおw

羽生12席分のトリプルアクセルが一番最初のシリーズみたいだ。

 

2016年12月3日

www.sponichi.co.jp

2016.12.03NHK杯恥かき日記1 羽生結弦選手の「ズサ」?を撮る - きまぐれ

長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。帯広畜産大学卒。牛、馬、犬、ネコには友達が多いが人間界には敵が多い。

 

2016年11月18日

www.sponichi.co.jp

  【長久保豊の撮ってもいい?話】これはフェンスは越えないと、見切った打球だった。先月の札幌ドームでのCSファイナル、試合前のレフトスタンドでの出来事だ。撮影用の三脚を据え付けている最中、目の端に白いものを捕らえたときにはもう遅かった。右手の甲にガツンという衝撃と激痛。一瞬、何が起こったかはわからなかったが足元に転がるボールを見て状況を理解した。

 遠い打撃ケージには大谷翔平。ジンジンする痛みは続き、手の甲にはムカデがはうようなボールの縫い目がくっきり残った。

=略=

3年前の7月10日、仙台。ゴールデンルーキーのごく普通の打撃、ごく普通の打球のプロ1号を見た。だがその翌日、練習中に打球を顔面に受けムンクの叫びみたいな顔をした彼がいた。

 「青アザ程度の軽傷だろう」と状況もよくわからないまま、恨めしげな顔を向ける彼を各社のカメラマンたちと連写した。それが病院に直行するやら、左頬骨不全骨折と球団が発表するやら…。ゴメンという機会もないままに現在に至る。

 ボクが札幌ドームで受けた打球は彼のリベンジだったのかも。右手の甲のムカデキズは痛みとともに薄れ、今は記憶だけを残して痕跡もない。

 

長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。鎌ケ谷スタジアムの「DJチャス。」が新人広報・中原くんだったころを知る数少ない現役カメラマン。

地味にすごいw

 2016年11月9日

www.sponichi.co.jp

長久保豊の撮ってもいい?話】ワンフロアに設けられた記者会見場とプレスルーム。その境目に見つけ出した15メートルほどの直線を「トタタタタ」と彼女が走っている。ダッシュに近い、かなりのスピードなのだが彼女の軽やかさと相まっての「トタタタタ」なのだ。

 リンクに降り立てばシャッター音に包まれる彼女だが、ウオームアップを続けるここでは「カシャリ」の音もしない。

 長机に機材を投げ出したままのカメラマン。パソコンに向かっているふりをする記者たち。あえて彼女の方に視線を向けない。それは誰かがレンズを向けただけで、声を掛けてしまうだけで壊れてしまうような不思議な空間だったから。

 「お騒がせしました」

 プレスルーム中に響く大きい声でそう言うと彼女はペコリと頭を下げてリンクに向かった。

 昨年の全日本フィギュア、真駒内セキスイハイムアイスアリーナの出来事だ。

 普段と変わらないアップ等のルーティーンを普段と変わらずにやる。それが彼女、宮原知子選手にとっての緊張克服法で、プレスルームがその条件にあっただけなのかも知れない。でも何かうれしかった。こちらを信じてもらえたみたいで。

 =略=

長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。学生時代を帯広で過ごしたのでスケートリンクの作り方は知っているが滑り方は知らないカメラマン。

 2016年11月3日

www.sponichi.co.jp

 長久保豊の撮ってもいい?話】ある女優さんのインタビュー撮影。冒頭に「左の顔を撮って下さい」と注文が来た。どこから見ても美しいのにはかわりないのだが、なるほど右の顔は別人とまでは言わないものの読者がイメージする彼女の顔とは違ってしまう。

 「左の顔」の注文は彼女に限ったことではない。というより「右の顔」を注文されたことがない。女優という言葉の頭に「大」の字が付くようになるとこの傾向は顕著だ。「撮らされる」のもしゃくに障るので違うアングルの写真を狙ってみるがファインダーの中は違和感でいっぱいになる。

 人間の顔は左右対称ではない。一般に左の顔は本音の顔、右の顔はよそ行き顔と言われる。左の顔の表情を作っているのが、感情をつかさどっている右脳であるからというのが理由らしい。

 なるほど左の顔は感情表現が豊かで温かい、左の顔は機械的な冷たさを感じてしまうことが多いもの。

 「記憶に残る選手と記録に残る選手」

=略=

王さんと長嶋さんの事について。当時にTV中継やカメラマンの位置、右打者左打者等興味深い記事だ

  ◆長久保豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。今季は7日連続写真ボツという記録を更新したカメラマン。

 

 2016年10月24日

www.sponichi.co.jp

 長久保豊の撮ってもいい?話】ドカベン坂田三吉通天閣打法はぎりぎり許そうかと思う。アストロ球団・宇野球一のジャコビニ流星打法はダメかな。侍ジャイアンツ・番場蛮のハイジャンプ魔球や大回転魔球はボーク取られちゃうから、ちょっとね。

 CSでの日本ハム大谷翔平選手の活躍に「漫画みたい」の声が上がった。往年の野球漫画小僧としては、どのへんが漫画みたいなのか少しばかり考えてみた。

=略=

日本シリーズの大谷と黒田は熱かった…

 ◆長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。学生時代に男どアホウ甲子園のようにブロックサインでカンニングをしたが失敗、現在に至る。

 2016年10月12日

www.sponichi.co.jp

 長久保豊の撮ってもいい?話】声が2階から降って来る。「シャシン、ミセテ!」。

 片言の日本語ながら有無を言わせぬ迫力、ぶっとい腕でマウスをつかむや連続クリック。お目当ての写真を探し当てると、前後の数カットを真剣にチェック。

 「ダメ、ヘタクソ!」とだけ言い残し別のカメラマンが作業するパソコンに向かう。彼が通った後には技量を否定されたカメラマンたちの屍が累々と横たわるのみ。

 西武などでプレーしたアレックス・カブレラ選手。試合後にはカメラマン席にやって来て打撃フォームをチェックするのが常だった。写真に対する辛辣な批評は各社の鬼デスク以上と噂されたものだ。

=略=

さてカブレラ選手の後日談。彼と仲が良かった先輩カメラマンが言う。

 「彼はインパクトの写真はどうでもよかったの。球を打ちに行くときに両肩とグリップを結ぶ三角形がきちんと出来ているか、を確認していただけ。だから探していたのは当たる前の写真だったんだ」

 早く言ってよ。(編集委員

 ◆長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。45歳を過ぎたころから写真が曲がりだし、最近は車庫入れでも車が真っすぐ入らない。秘密結社ロウガンズ(老眼)所属のカメラマン。

 2016年10月5日

www.sponichi.co.jp

 長久保豊の撮ってもいい?話】薄手の紙を横にしてスケートリンクに見立てた角の丸い長方形を描く。手前中央をジャッジ席として演技の始まり地点をS、フィニッシュ地点をF、演技項目ごとの場所、顔の向きを記していく。お目当ての選手ごと、SP、フリー各1枚ずつの「地図」を作るのだ。

 昨シーズンの羽生結弦宇野昌磨選手を例に取る。羽生選手のハイドロブレーディングはリンク中央から第1コーナー(右下)に沿って時計回りの円の軌跡で表す。宇野選手のクリムキンイーグルはリンク中央から右横に引いた直線で表し、体を起こし顔が見える地点と方向に◯と→印をつける。

 こうして出来上がった2枚の地図を重ねると2人の演技のクライマックスを撮影するのに最適な場所は第1コーナーということになる。

=略=

カメラマンの位置取りについて。地図作りについてなど。興味深い話ばかり

 ◆長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。スケートは子供のころ、後楽園の黄色いビルで1回、学生時代に帯広ヤングセンターで滑ったのみ。

 2016年9月29日

www.sponichi.co.jp

 長久保豊の撮ってもいい?話】あれは下克上の年だったから2010年10月のことだ。西武・ロッテのCS第1ステージ。一塁側ベンチ裏の通路で2人の男が何やら話し合っている。
 「胸元を突いてくるのはダメなんだよ、捨てなきゃ。あれはベース付近でワンバウンドする」。
 5回終了時のグラウンド整備の時間、小用からカメラ席に戻ろうとしていたボクは思わず足を止めた。
 熱弁を振るう男の前ですっかり聞き役になっているのは福浦和也。彼らの作戦会議のテーマは西武・岸孝之投手の落差のあるカーブをいかに打つかだった。部外者がここにいていいのかな、とも思ったが何しろ話が面白い。男とは先ほどから目が合っているのだが、とがめるふうでもない。聞いてくれと言わんばかりだ。
 「頭に向かって来るような球を我慢して、我慢して。そうするとベルトあたりの高さに来る。そこをスパーンと」
 チームは1-4の劣勢。それまで投ゴロ、三ゴロと岸投手の術中にはまっていた男はそうつぶやくとベンチに戻っていった。彼の熱弁の相手は福浦ではなく、ましてやボクのはずもなく、自分に言い聞かせていただけだったのかもしれない。

 あれから6年。

 「お父さん!早く、早く。サブローが売り切れちゃうよ」

=略=

サブローの話。胸熱

長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。フィルムで11年、デジタルで16年のカメラマン。ずいぶん長いことロッテ担当

 2016年9月21日

www.sponichi.co.jp

 長久保豊の撮ってもいい?話】あいさつだけはきっちりとしますが、実は選手と話すのは苦手です。選手の活躍シーンだけ撮っていればいいのでしょうが、そういうわけには行きません。エラーであったり凡退であったり。選手にとっては思い出したくもない写真が紙面を飾ることもあります。

 「お互い仕事なんだから気にしないで」と言ってくれる選手もいますが顔を合わせるのはバツが悪い日もあります。

 記者はいいなあと思う原稿や見出しの言葉があります。勝敗を左右するような失策をしでかした選手に使われる「名手がまさか」ってやつです。わずか6文字に「本当はうまい選手なんだけど、この時はなぜか魔がさして」と読者に伝え、選手本人には「キミはエラーしたことがニュースになる選手なんだ」と言い訳できる魔法の言葉。

 残念ながらカメラマンにはこうした便利な手段はありません。「名手がまさか」の写真より「名手が名手たる技」を撮ることこそボクらの仕事です。

 今年4月、そんな名手の技を撮り逃しました。

 新聞の見出しは「41歳・(ロッテ)井口 左手一本で拾った今季1号」とあります。写真も確かに左腕の返しだけで球を飛ばしているように見えます。でも原稿中には井口選手のコメントとして「(バットの)ヘッドをうまく効かせられた」とあります。

 いくら強靭なリストを持つ井口選手とはいえ左腕だけでヘッド効かせられるのか?という疑問が湧きました。投球は外角低めのフォーク。少し泳がされながらも左翼スタンドに運ぶには?

 左手のグリップを支点にしてインパクトの瞬間に弾くように右手を押し込んだのか、右手グリップを支点にして左手を引きつけたのか。いずれにせよ「左手一本」というのは間違いです。写真が原稿や紙面をミスリードしてしまった例です。

 もっとも他のメディアも「バットに乗せた」という表現をしていました。これは動画で確認すると確かに乗せているように見えます。これもまた井口選手の技術。ポップフライにならないようにフォロースルーを低く抑えた。インパクトからの打球の軌道とバットの軌道が重なったから「乗せた」ように見えたわけです。スチールカメラもビデオカメラも脱帽の技でした。

 あの時、あと0・02秒、薄紙1枚分早くシャッターを押していればこの凄まじいプロの技をうまく伝えられたかもしれません。左右のグリップのどちらが支点だったのかわかったかも。昔なら鬼のデスクから「もう一度やってもらえ」と叱責されたことでしょう。

 今季も残りわずか。意を決して井口さんにお願いしてみようかとも思う。なにしろボクは「名手がまさか」ではなく「アイツがまたか」のヘッポコなんですから。(編集委員

 ◆長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。農業系団体職員を3カ月、情報系出版社を3日で退職したが、スポニチは満30年勤務。

2016年9月13日

www.sponichi.co.jp

 長久保豊の撮ってもいい?話】居並ぶテレビカメラの前を一目散に駆け抜けた男はもう遥か彼方、米粒ほどの大きさで海岸線を見え隠れしている。

 マリンスタジアム裏の海岸から東へ真っすぐ。

 「あいつ、逃げたよね?」という問いかけに、ロッテの榎康弘広報は「逃げましたね」と苦笑した。

 2013年1月、前年のパ・リーグ首位打者の自主トレ公開。柔軟体操から始めるかと思いきやいきなりのランニング。テレビクルーからは「尺(映像の長さ)が足りない」と悲鳴が上がる中、どこへ行くのか、いつ帰るのかも言わずに走り去った男。

 「いいヤツなんです。ただちょっと、人見知りなだけなんです」。榎広報と一緒に、なぜかボクも頭を下げた。

=略=

東へと彼が逃走を図ってから歳月が流れた。悪球打ちが彼の今季のキーワードだが、それは悪球を打って凡退しても下に落とされない実績を積み上げたからのこと。来年1月の自主トレ公開では、2013年の映像とつながるように東から西へ走って来てもらう。

 その時は「ずいぶん長い自主トレだったね」と皮肉を込めて言うつもりだ。(編集委員

 ◆長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。都立両国高校から、なぜか帯広畜産大学、なぜかスポニチ。写真部所属のカメラマンで、もう長いことロッテ担当。時々、ボクシング、ところによりフィギュアスケート

 2016年9月7日

www.sponichi.co.jp

 長久保豊の撮ってもいい?話】いよいよXデーが近づいてきました。何のXデーかって?プロ野球ペナントレース、優勝決定の瞬間です。マジック1ともなればレフト、センター、ライト、一、三塁、ネット裏、三塁と本塁、一塁と本塁を結ぶ線上のスタンド(ゴンドラ、逆ゴンドラと呼びます)計8人のカメラマンがスタンバイ、その時を待ちます。

=略=

実は胴上げ写真には理想の構図があります。

 監督の頭は中心線より左にあること。左上に頭が来て右下に足が流れる構図が自然で安定感があるものです。これに対し右に頭がある写真は落ち着きのなさを感じます。魚料理、動物図鑑、神社のしめ縄…。頭が左にある構図に安定を感じるのは生活の中での刷り込み学習のせいだと思っていました。ところが釣り大会などで子供に獲物を持たせるとごく自然に頭を左にして持ちます(写真にすると右頭になっちゃう)。

 これは視覚、脳の特性によるもので人は無意識に左上から右上、左下、右下の順に視線を送るそうです。強調したいもの、見せたいものを左上に置く。Zの法則と呼ばれるもので大売り出しのチラシもこれに則って作られているとか。

 そしてスポーツ新聞の特性。右上のスペースには見出しがあるので右に頭があると写真は小さくなってしまいます。

 左に頭があり、周囲を歓喜する選手、スタッフが囲む構図。これって何かに似てませんか。まさしくタイなどの姿作りを中心としてアワビやらイカやらが取り囲む、豪華な刺し身盛り合わせ。カメラマンたるものプロ野球の素敵な一瞬、美味しく料理したいものです。(編集委員

 ◆長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。都立両国高校から帯広畜産大学卒。写真部所属のカメラマンで、95年の東京写真記者協会賞グランプリをはじめ、計4度の受賞歴あり。フィギュアスケートの著名コーチと同姓でよく関係を疑われるが、全くの別人。

 2016年9月1日

www.sponichi.co.jp

2016.09.01 羽生結弦 12席分のトリプルアクセル - きまぐれ

 

2016.12.03NHK杯恥かき日記1 羽生結弦選手の「ズサ」?を撮る - 2016.12.03 Sat

この記事、とても気に入ったので記録に残します!!!

記者の方は、以前12席分のトリプルアクセルを書いた方です。

2016.09.01 羽生結弦 12席分のトリプルアクセル - きまぐれ

 

NHK杯恥かき日記1 羽生結弦選手の「ズサ」?を撮る ― スポニチ Sponichi Annex フィギュアスケート

 

長久保豊の撮ってもいい?話】旅の恥のきっかけはNHK杯公式練習日だった。

 「今季の羽生結弦選手のSPの狙い目はズサーッだよね」。カメラマン仲間がそう言うのを小耳にはさんだ

 「ズサ」とはなんぞや。「演技終盤でさ、右手をグッと後ろにそらしてヒザで滑るやつ。あれ絵になるよ」。それならもちろん予習済み。なるほどあれはズサという技なのか。スペルはZUSA?、DUSA?。

 各国の選手権をナショナル、世界選手権をワールドと呼ぶ、通ぶりたいお年頃。SPの本番ではジャッジ席側の観客席後方から撮りましたよ、その「ズサ」を。

 キャプション(写真説明)は「演技終盤、ズサで観客を沸かせる羽生選手」でいいのかな。

 会社への送信直前に再確認。「ズサでいいんだよね」。

 「あれはズサーッって滑る感じだから、みんなそう言ってるだけですよ」

 ×  ×  ×

 「口で語るな、写真で語れ」と言われ続けたわれわれです。でも少しの説明を加えただけで、いい写真がすごくいい写真になる場合が多々あります。

 このコラムの写真もその一例。躍動感があってまさしくスポーツ写真です。ボクと同じ撮影位置には10人程のカメラマンがいたので他の媒体でご覧になった方も多いと思います。でも問題はそのキャプション。

 「演技する羽生選手」だけではかっこいい写真で終わってしまいます。

 実はこの写真、最後のトリプルアクセルの着氷直後の写真なんです。遠心力で後方に流れるフリーレッグ(左足)をねじ伏せて真上にはね上げる。羽生選手の超人的な動作の一連の流れの中での1コマなんです。こう説明するとかっこいい写真がスゴかっこいい写真になると思いませんか。

 さすがに全部説明するわけにはいきませんから「トリプルアクセル着氷後の羽生選手」ぐらいが適当か。後は写真が読者やファンの想像力に語りかけてくれるでしょう。

 さて写真説明にちょっと彩りを加えようとして赤っ恥をかいた「ズサ」のその後です。

 真駒内にいた業界関係者、選手OBの方々に聞いて回ったところ「え~っ、名前なんてないんじゃない」という反応。

 知らないと言うのがよっぽど嫌なのか「宇野くんのクリムキンイーグルは米国ではカンチレバーって呼ぶのが一般的」とわけのわからないウンチクを語る人も。

 結局「ストレッチ」と明確に答えてくれたのはデビットさんという公式カメラマンだけ。でもニヤニヤしていたから多分、ウソだ。

 「本人に聞いてくればいいじゃん」。

 それができれば苦労しないって。

 次回「NHK杯恥かき日記2 真駒内に陽炎立つ」に続く…かも。(編集委員

 

f:id:sky888888:20161203100507j:plain

<NHK杯男子SP>気迫の表情でトリプルアクセルを着氷する羽生

 

やっぱりあれは正式名称ないんだね。
カメラマンさんもズサーッって言ってるのかw
確かにスポニチの写真のキャプションにもズサーッて書いてあった

3A後のこの写真は好きだ。腿の筋肉、指先、氷上、フリレーッグの位置、エッジの傾きといいツボだらけ。

デビットさんってカーマイケルさんよね(笑)

2016.09.28FUKUMA流のこだわりプログラムで、音楽の新しい顔を発見 ~福間洸太朗に聞く - 2016.10.05 Wed

FUKUMA流のこだわりプログラムで、音楽の新しい顔を発見 ~福間洸太朗(ピアニスト)に聞く | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス

 2回のコンサートで、作曲家たちが楽譜に込めた感情や意図へ迫る。

演奏家の中には、多彩なコンセプトを軸にコンサートのテーマを設定し、熟考した選曲によってコンサートがひとつのドラマであるかのように提示してくれる人も少なくない。日本とヨーロッパを主な拠点として活動している福間洸太朗もそうしたひとり。その傾向を知れば「次のコンサートはどういうテーマだろう」ということが楽しみになり、聴き慣れた曲であっても違った表情を探している自分に気がつくはずだ。2016年の秋もまた、2つのテーマによるコンサートが聴き手を新しい扉の前へと誘ってくれる。

 

=略=

―― ショパンの作品中にも多くの音楽用語がある中、コン・フォーコというキーワードに注目したのは、なにかきっかけがあったのでしょうか。

2015年に『ファンタジー・オン・アイス』というフィギュアスケートのショーへピアニストとして呼んでいただき、お客様へのサプライズ演出という形で羽生結弦選手と共演させていただいたのです。ショーの最後に、ほんの短い時間でしたけれど、ショパンの「バラード第1番」からまさに「プレスト・コン・フォーコ」と指定されたコーダの部分を演奏し、それに合わせて羽生選手が短い演技をされました。自分自身も興奮しましたが、客席から伝わってくる熱気も相まって,たいへん印象深い時間になったのです。また、昨年「水に寄せて歌う」という水をテーマにしたアルバムを出させていただき、イメチェンするのも良いかなと思い(笑)、今年は燃え盛る「炎」で行こうと思いました。

古典派からロマン派へ移行していく中、音楽における人間的な感情を深めるという時期の曲が並ぶため、聴き手は福間のピアノからドラマを感じとれることだろう。音楽家、そしてひとりの人間として深みを増していく30代。注目し、その変化を楽しみたい方であれば、今こそが福間の演奏に出合うべき時だ。

(取材・文:オヤマダアツシ 写真撮影:大野要介)

 10月の紀尾井ホールのコンサート行きたいのですが、どう考えてもその日は仕事を休めない(´◉◞౪◟◉)

定時で上がって猛ダッシュしても、明らかに開演に間に合わないんだよーー!!!

ああああ行きたい!

2016.08.31『24時間テレビ』の羽生結弦のスケートをテクニカルに考察 - 2016.09.03 Sat

『24時間テレビ』の羽生結弦のスケートを、あえて「感情」抜きで観てみると…|サイゾーpremium

いつも楽しみにしている、高山さんの新記事が出ました(*'▽')

 

 =略=

 東日本大震災から現在にいたるまで、羽生結弦が寄付も含め本当に多くの献身的な活動をしていることは、私などよりも皆さんのほうがご存じでしょうから詳述は控えますが、それでもひとつだけ。こうした活動を震災の当事者が続けるということは、その記憶と向き合い続けること、その記憶から逃げないと決意していることを意味します。その一点だけでも、全面的な尊敬に値すると私は思っています。と言うかむしろ、「そこまで背負わなくてもいいの」「被災した人は、自分のことだけ考えるくらいでいいのよ」という気持ちのほうが強いくらいでして…。

 そう思いつつ、私はあえて、今回のエッセイでは「羽生のスケートそのものの凄み」を書いてみたいな、と。

●スタートのひと蹴り(要するに、ほとんど助走なし)で、すぐにイナバウアーに入れる。そのイナバウアーが、どこにも力が入っていないように見えるのに、途中からスピードがグンと上がる。どんだけ正確にエッジに乗っているのか、ちょっと想像がつかない。
●ドーナツスピンでエッジをつかんでいないほうの手が、きちんと音をとらえている。
●ドーナツスピンをほどいてすぐに、反時計回り~時計回りのターンを入れる。
トリプルアクセルを、レイバックイナバウアーから続くステップを入れてから跳ぶ。これまでのどの競技会でも見せたことのないエントランスではないか、と。ジャンプ前のコネクティングステップのバリエーションの豊かさに改めて驚く。
●羽生にとってナチュラルな回転方向ではない、時計回りのターンであっても、目を見張るほど精緻。そこからすぐにインサイドのイーグルへとつなげる滑らかさにため息が漏れる。
●シットスピンの態勢でツイズル。そこからパンケーキポジションに移行する際、足元だけを見ていると、どこから上体の態勢が変わっていったのかわからないほど、トレースが一定。

 …しみじみと、いいものを見せていただきました。

=略=

高山真(たかやままこと)

 

2016.09.01 羽生結弦 12席分のトリプルアクセル - 2016.09.01 Thu

羽生結弦 12席分のトリプルアクセル ― スポニチ Sponichi Annex フィギュアスケート

f:id:sky888888:20160901211707j:plain

昨年11月28日撮影の羽生結弦選手のアクセルジャンプの合成写真。座席12席分をぶっ飛んだ
Photo By スポニチ

スポニチアネックス 9月1日(木)10時54分配信

羽生結弦 12席分のトリプルアクセル

 【長久保豊の撮ってもいい?話】羽生結弦選手が異質のアクセルを飛んだのは昨年11月、長野でのNHK杯のことだった。前日のSPで2位以下をぶっち切り、フリー当日の午前練習。全選手の曲かけ練習が終わりカメラマン席には弛緩した空気が漂っていた。他の選手たちから距離を置き、彼がトリプルアクセルを2回飛んだ。そして助走スピードを上げた3回目だった。恐ろしく飛距離の長いアクセルを飛んだ。1回転、2回転…。シャッター連射のすき間から彼が回転を途中で切り上げ着地したように見えた。

 「やめたよね?」。

 「うん途中で降りた」。

 失敗?カメラのモニターで確認してみると間違いなく3回転半回っている。

 そして4回目のアクセル。今度は恐ろしく高く飛び、派手にコケた。

 飛距離の長いジャンプと高さのあるジャンプ。単なるバリエーションだったのか、4回転半への挑戦の過程だったのか、それはわからない。

 =略=

 平昌五輪のプレシーズン。五輪で勝つための条件が見えてくる。フリーは「3種類、4本の4回転」時代となるのか、あるいはそれ以上か。金博洋選手には4回転ルッツがあり宇野昌磨選手もフリップを成功させた。五輪王者の3種類目の4回転に注目が集まるのは当然だ。

 練習やエキシビションで4回転ループの成功は何度も見た。昨年末の真駒内ではルッツにトライする姿も見た(開場前のリンクに機材を置きに行ったら、たまたま見えちゃったんです。ゴメン)。だがそれはすべて昨シーズンまでの話。

 

 ボクは17歳の彼を知っている。

 今や伝説となった2012年フランス・ニースでの世界フィギュア

 その時、彼の足が傷ついていたことも知っている。

 「彼を止めろ。これ以上滑ったら靭(じん)帯やっちゃう(ボクはヒザの故障だと思っていた。だが後日、足首の捻挫だったと明らかになる)」。おそらく彼も耳元で同じことをささやかれていたのではないか。彼はそれを振り払うように吠え、カメラのファインダーに収まりきれない激しさで4分30秒を舞った。

 弾ける歓声の中で「あいつの足、壊れてたよね?」と言って泣き、「オレ、あいつを小さな頃から知ってるんだよ」と言って泣き、「あいつ、遠くへ行っちゃったよ」と言って泣く。そういうカメラマンたちの姿を知っている。

 今も彼の本質はあのころと変わっていないことを知っている。知っているから怖い。今シーズンに限って言えばライバルたちが4回転の種類や本数を増やそうと彼の絶対性は不変だ。だが彼は圧倒的なプログラムで勝とうとするだろう。彼はバンクーバー五輪ライサチェクにはなれない。

 負傷の不安やわれわれが抱える心配をも戦うモチベーションに変えてしまう人だから余計なことは言うまい。そして気の早い話だが平昌で滑り終わったら指を1本、すーっと天に向けて立ててもらいたい。ニースのときと同じように。そうしたらボクも泣いてしまうだろうな。(編集委員

 

長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれの54歳。都立両国高校から帯広畜産大学卒。写真部所属のカメラマンで、95年の東京写真記者協会賞グランプリをはじめ、計4度の受賞歴あり。フィギュアスケートの著名コーチと同姓でよく関係を疑われるが、全くの別人。

 

 

2016.07.08 「殿、利息でござる」のタイトル秘話 - 2016.07.17 Sun

 

松竹株式会社 映画宣伝部 宣伝企画室長 諸冨謙治 氏第1回:今の僕の役割は、事前準備の役割が大きいかも。 | otoCoto


松竹株式会社 映画宣伝部 宣伝企画室長 諸冨謙治 氏
第1回:今の僕の役割は、事前準備の役割が大きいかも。
2016.07.08

池ノ辺直子の「新・映画は愛よ!!」

上記記事を読んでいたら、殿、利息でござるの話題も出てきたので記録。

 

=略=

池ノ辺
例えば今年でいうと、中村義洋監督の『殿、利息でござる!』がすごく面白かった。

松竹さんが120年間やってきた「義理と人情」が物語のベースにある。

あの題材を東宝さんが作っていたらまた違っていたと思うんです。

男はつらいよ』の寅さんの雰囲気もあって、大作であっても深刻ぶらず、面白く笑える人情劇があり、その松竹の技が今、結実しているのかなと。

=略=

■題名を無私の日本人から変更したことについて

 年配層だけでなく、幅広い世代をターゲットにしたい

諸冨
狙いとしては弊社で配給してヒットした『超高速!参勤交代』のように、いい意味でミスマッチな言葉の組み合わせを考えていました。

それこそ何百案も候補を出す中で、あるコピーライターさんが「利息でござる」という案を出してくれたんです。

パッと見て、「あ、これは来たな」と(笑)。映画としてすごく面白そうに見える。

ただ、原作で描かれている「無私の精神を持った日本人の素晴らしさ」という中身の良さも伝えたい。

3・11以降、日本では大きな災害が続き、観客の皆さんも、悲しいものより、これは楽しそうだなというものを求める傾向が強くなっていると思うんです。

面白さを伝えながらも、それだけにとどまらず、日常とは違う得難い経験ができて、さらにほっこりできたら最高じゃないですか。

 

池ノ辺
そうよね。『殿、利息でござる!』は全部、そろっている。

 

諸冨
NHKで昔「お江戸でござる」っていう江戸の庶民の暮らしをコメディーっぽく描いたバラエティ番組がありましたが、映画も入口は敷居を下げて「利息でござる」。

そのタイミングで、殿役にすごいキャスティングが実現したんです。

 

池ノ辺
そうそう!仙台のお話しだから、フィギアスケート選手の羽生結弦さんが殿様役を引き受けたのよね。

 

諸冨
これは宣伝的に、ものすごい武器をもらったと思ったんです。

じゃあ「利息でござる」の上に“殿”をつけたら、と企画プロデューサーから言われて、なるほど、合わせ技で『殿、利息でござる!』でどうかと

 

=略=

 

2016.05公開 羽生結弦出演 映画「殿、利息でござる!」 - 2016.05.05 Thu

やる気になったので、記事まとめ。

公開も近づいてきて、毎日のように記事出ますね。

f:id:sky888888:20160429001921j:plain

 

トロント日本映画祭(トロントJFF)にも

The Magnificent Nine | Toronto Japanese Film Festival

The Magnificent Nine (殿利息でござる)
Runtime: 120 min / 2016
Director: Yoshihiro Nakamura
Starring: Sadao Abe, Eita, Satoshi Tsumabuki, Yuko Takeuchi , Ryuhei Matsuda, Yuzuru Hanyu, Karen Iwata, Tsutomu Yamazaki.
International Premiere

An all-star cast leads Yoshihiro Nakamura’s comedy adaptation of a story from the novel Mushi no Nihonjin by Michifumi Isoda. In the 18th century the residents a poor town lead a miserable existence: mired in poverty, forced into manual labour and heavily in tax debt to their feudal lord. Nine townspeople, led by Juzaburo, cook up with a cunning financial scheme to turn around their fortunes. They will sell everything they own, anonymously lend large amounts of money back to the samurai estates, then distribute the resulting interest to the villagers. But the plan is not without its risks: if they are discovered, they will lose their heads – literally.

2016.04.29

「殿、利息でござる!」の撮影で、NGを出して悔しがる羽生結弦選手(松竹提供)(時事通信

阿部サダヲ、羽生結弦選手の演技「すごく自然」=時代劇映画で共演、瑛太も絶賛:時事ドットコム

江戸時代の仙台藩が舞台の同作には、仙台出身でフィギュアスケート男子の羽生結弦選手が「殿様役」で出演。阿部は羽生選手の演技を「すごく自然。表情がすごく美しい」と絶賛し、瑛太も「キラキラ光っていた」と褒めたたえた。

 羽生選手が演じているのは仙台藩7代目の藩主、伊達重村。羽生選手の出演については、登場シーンのリハーサル直前まで共演者には明かされなかったという。阿部は「あの方が出てきたときはびっくりした」と振り返りつつ、「(NGを出すと)もう1回やらせてくださいと言っていた。何回やっても平気だった。プロだよね」と称賛した。

 一方の瑛太は「(撮影が)終わった後、お互いに携帯電話で写真を撮った。(羽生選手に)『今度一緒にスケートをやりましょう』と言われ、『僕もオリンピックを目指します』と返してしまった」とのエピソードを紹介した。

 羽生選手は「宮城のためになり、演技の勉強にもなる」として、この映画への出演を快諾したという。イベントに同席した原作者の磯田道史氏は「(羽生選手は)当日は楽しそうにしていました」と明かした。

 

瑛太、羽生結弦からスケートに誘われ珍回答「僕もオリンピックを目指します」 | cinemacafe.net

また、本作で映画初出演となった伊達重村役・羽生結弦のメイキング映像が、この日初めて公開された。撮影当日まで羽生さんのキャスティングを知らされていなかった出演者たちは、伊達役が誰かを思い思いに予想してたという。阿部さんは「毎日のように想像しながら現場に入って、最終的に予想がサンドウイッチマンの伊達さんだと思っていたら、羽生さんだったので(笑)、本当にびっくりした」と話した。

映像が流れると、羽生さんが現れたという予想外の事態に、阿部さんと瑛太さんは演技そっちのけでニヤニヤしてしまっており、場内の観客も大爆笑。阿部さんは「完全に見ちゃってますね(笑)。綺麗ですよね」と話し、瑛太さんも「全然演じられてないですね。驚きとうれしさで、キラキラ光っていました。美しくて本当にびっくりしました」と、羽生さんを大絶賛。撮影終了後は一緒に写真撮影もしたそうで、瑛太さんは「(羽生さんに)スケートを一緒にやりましょうと言われて、『はい、僕もオリンピックを目指します』とわけわからないことを返しました(笑)」とその動揺ぶりが伝わるエピソードも披露していた。

 

阿部サダヲと瑛太が役者・羽生結弦にメロメロ「キラキラして美しい」

“フィギュア界のプリンス”羽生結弦(21=ANA)が殿様役で役者デビューした映画「殿、利息でござる!」(5月14日公開)の公開直前イベントが28日に都内で行われ、主演の阿部サダヲ(46)と瑛太(33)が登壇した。

 同作は、江戸時代の仙台藩の実話をベースにした時代劇コメディー。イベントでは、藩主・伊達重村を演じた羽生の超お宝メーキング映像が本邦初公開された。

 =略=

 阿部は、映像を見ながら「すごく(演技が)自然じゃないですか、なんかね。アスリートの人って感じのお芝居っていうよりは、ホントに役者さんの感じで。表情とかすごく美しかったし、すごくビックリした。ホント、ニヤニヤしちゃった。“かわいいな羽生君”って思っちゃった」と語りカットがかかった瞬間、真っ先に羽生に近寄っていったことを明かした。

 一方、瑛太も「ついに(羽生が)見えたってとき、表情に笑いが…。なんだろう、驚きとうれしさと。もうホントにキラキラ光ってましたからね。美しくて、ホントびっくりしました」と話した。

 また、撮影後に互いのケータイで写真を撮り合い、その時に羽生から「一緒にスケートやりましょう」と誘われたという。

 瑛太は「全然やったことないんでね。ホントに言葉をどう返していいか分かんなかったんで、『じゃ、オリンピック目指します』ってワケの分かんないことを話してしまった」と苦笑しながら振り返った。

阿部サダヲ、羽生結弦選手の殿役に驚き 初演技にほれぼれ「表情美しく自然」 | OVO [オーヴォ]

 

キャスト陣には殿を演じる人物は事前に知らされておらず、阿部は「知ったのは撮影の当日のリハーサルです。誰がやるか毎日想像しながらやっていて、現場ではサンドウィッチマン伊達みきおさんじゃないかと予想してリハーサルに臨んだら、あの方が出てきて本当にびっくりした」と明かして笑わせた。

 映像では殿の出で立ちの羽生選手の登場に思わず笑ってしまう面々がしっかりと捉えられ、目を丸くしてしばし羽生選手を見つめていた瑛太は「素の驚きとうれしさで全然演じていないですね。きらきら光っていましたから、本当に美しくて」と当時の自身の様子に苦笑を漏らした。

 磯田氏は「羽生選手のお父さんのところに原作と脚本を持っていったら、仙台のためになるから、演技の勉強にもなるかもしれないと親子で読んでオファーを受諾してくれた」と明かし、阿部は堂々とした羽生選手の芝居を「表情も美しかったし役者さんという感じですごく自然でした。美しいなと思って本当ににやにやしちゃった」と尊敬の思いで振り返った。

 

2016.04.30

羽生結弦が銀幕デビュー 原作者が撮影秘話公開

 

 28日に都内で行われた公開直前イベントには、主演の阿部サダヲ(46)と瑛太(33)が登壇。阿部が「すごく(演技が)自然じゃないですか、なんかね。アスリートの人って感じのお芝居っていうよりは、ホントに役者さんの感じで。表情とかすごく美しかったし、すごくビックリした」と“俳優・羽生”を絶賛すれば、瑛太も「もうホントにキラキラ光ってましたからね。美しくて、ホントびっくりしました」と興奮気味に語った。

 原作者の磯田道史氏(45)によると、羽生の役者デビューは同作を制作した東日本放送が「仙台の人たちのためになるから、また演技の勉強にもなるかもしれないから」と、原作本と脚本を持って羽生の父親に出演交渉したという。「絶対無理だと思ったのに、しばらくして親子でちゃんとこの原作と脚本を読んで、オファーを受諾してくれた」と明かした。

 撮影は昨年7月のオフに山形で行われた。

「当日はすごく楽しそうにしていた。普段はスケート選手なんで好きなものも我慢していらっしゃるんですけど、好きなものもお食べになって、その後(年末のGPシリーズで)世界最高点ですからね。(映画出演が)全然邪魔になるどころか、よかったんじゃないかと思うんですよね。僕らもホッとしたんです」と磯田氏。

 また、羽生は妻夫木聡(35)と意気投合していたそうで、磯田氏は「妻夫木さんなんて、スケートにえらい興味もったみたいですよね。ものすごく一緒に写真撮ってた。『集中力を高める点ではやっぱりスケートも演技も一緒だから』って、妻夫木さんと会話されてたんですよ、ずっと」と語った。

 阿部や瑛太ら人気俳優を存在感で圧倒した羽生。共演した俳優たちは「頂点を極めた人って、何やってもできるんだ」と口を揃えていたという。

このくらいでいいかな・・・あと10個以上のニュースサイトで取り上げられていましたー

 2016.05.03

江戸の実話が平成日本を救う!映画「殿、利息でござる」プロデューサーが明かす映画製作秘話 『無私の日本人』 (磯田道史 著)|エッセイ|池田 史嗣(松竹(株) 映像本部映像企画部 映画企画室プロデューサー)|本の話WEB

撮影当日まで秘密だった、殿のキャスト

 簡単なあらすじを申し上げますと、藩の重い年貢により困窮する穀田屋十三郎(阿部サダヲ)ら庶民が、逆転の発想で知恵と無私の精神をもって大金を集め、藩に貸付け利息を取って町を救うというお話。伊達の殿様役はフィギュアスケート世界王者の羽生結弦さんが演じてくださいました。もちろん映画初出演ですが、故郷仙台の役に立つならとオファーを受けてくださったのです。現れた瞬間にこの人は別格だという感じを出すのに、これ以上のキャスティングはありません。殿様らしく実に堂々とした見事な演技でした。

実は、羽生さんの出演は撮影当日まで他のキャストにも明かしていなかったのです。江戸時代に庶民が殿様に直接会うなど有り得ませんが、伊達の殿様は吉岡宿の町人たちに会ったということが、記録に残されていました。そこで、目の前にいきなりお殿様が現れた驚愕をリアルに表現するために、現場リハーサルのみでいきなり本番芝居をしてもらったわけです。阿部サダヲさんや他の役者さんたちは素の驚きも混じってか、羽生さんに見とれてしまい、頭が高い!と所作指導の先生に注意を受けていました(笑)。

2016.05.04

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

まさかの織田君登場でフイタw

 織田信成、“後輩”羽生結弦に「殿はダメでしょ!」 | ニュースウォーカー

=略=

そして、何と言っても今作はフィギュアスケート界の“大スター”羽生が殿様役で出演することも話題を集めているが、“先輩”の織田はどうしても一言物申したいことがあるそう。

織田はフィギュアスケート界において、お殿様と言えばやっぱり僕じゃないか! なぜ僕にオファーが来なかったんだ!と。それを言いたかったです。僕のブログのタイトルも『氷上のお殿様』なんですよ。フィギュアスケートファンの方にも、僕がシニアデビューして10年近く、殿と呼ばれながら愛されてきた実績、自負があるわけなんですよね。なので、羽生選手も仲良くさせていただいているんですけど、この映画に出演するというニュースを見たときは衝撃が走りましたね」と、この日1番の興奮で一気にまくし立てる。

さらに、続けて「『なぜ僕に一言言ってくれなかったの?』『なんでだまって殿やったの?』って思いました。だって羽生君はみんなご存知ですけど、顔が小っちゃいし、肌が白いし、端正な顔付き、どちらかと言うと“白馬の王子様”じゃないですか。だからそっちのキャラクターとしての売り出し方でいくなら僕は文句は言わないですけど、殿はダメでしょ!(笑) キャラクターのすみ分けしましょうよ!」と、羽生に物申した。

ただ、羽生の“心意気”は認めているようで「仙台藩の藩主の役ということで、地元の役に立ちたいということでオファーを受けたと聞いて、何といい子や!と思いました確かに。いい人やなと思いましたよ。でも、一言欲しかった!『先輩、殿やりますんで』っていう。『先輩が長年やってきたキャラクターを奪うんですけど、すいません』って一言が…」と未練は尽きないようだ。

そんな織田だが、作品を見て「でも、めちゃくちゃ格好良かったので、すぐ羽生君に連絡しました。『めっちゃ格好いいやん。演技上手やん』って言ったら、羽生君は『いやいやいや、先輩の殿も笑顔がすてきで最高です!』って。まさかの後輩に気を使わせる…という連絡が返ってきまして、僕自身も、羽生君の殿を見た後に僕の殿を見たら、そりゃ100人中100人が羽生殿に付いていきたいと思いましたよ。

それで自信をなくしてしまいましたね。それにしても羽生君はいつの間にあんな演技を身につけたのかな…」と、“降伏”していた。

ただ、最後まで希望は捨てていないようで「でも、続編があれば。次のチャンスがあれば…。いろんな殿がいるので、機会があれば…! 僕もいつか銀幕デビューできれば!」と願望を口にしながら、かみ締めるように「大ヒットを祈願しています」と声援を送った。

 

2016.05.06

 阿部サダヲ「十三郎の家族の物語が好きでした」 | ダ・ヴィンチニュース

「羽生くん、凄かったですよ。堂々として、あんなにすらすらせりふ言えるんだって、びっくりしました」

 ビンボー庶民が小銭をかきあつめ、大名に金を貸し、その利息で一発逆転を狙うこの映画で、羽生くん演じる殿様との対面は、クライマックスの重要な場面でもある。
「フィギュアでも、とめないといくらでも練習しちゃって、練習しすぎちゃうらしいんです。撮影現場でも“もう1回やらせてください”って自分から言ってて、そういうのもカッコよかった。挨拶がまたうまいんですよ。撮影は一日で終わっちゃったけど、何カ月か一緒に過ごしてたくらいの内容で、おかげで僕、きたろうさんに“お前もああいうこと言えよ、ちゃんと”って言われました(笑)」

 

tono-gozaru.jp

 

 2016.05.13

堺雅人のアドバイスも役に立たず…羽生結弦も出演の映画撮影秘話 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版

磯田:そもそも僕がこの本を書いたのも、「自分の町にはこんな話が伝わっている。ぜひ本に書いて後世に伝えてほしい」という手紙がきっかけだったんです。僕はこの話が記された「國恩記(こくおんき)」という古文書を読んで、泣いてしまいました。仙台藩の殿様役でフィギュアスケート羽生結弦さんが出演してくれたのも、羽生さんのお父さんが『無私の日本人』を読んで感動して、「仙台のためにも出たほうがいい」と言ってくれたからなんです。こういう話を大事に思ってくれる日本人がいるというのは、捨てたものじゃないですね。

林:羽生さん、威厳と気品があってぴったりでした。当時のお殿さまってこんな感じなんだろうなって。

磯田:しかもこの演技の後、彼は世界歴代最高点を取っているんですよね。

殿様羽生の登場に出演者もビックリ、なるほどな演出 - 映画な生活 - 芸能コラム : 日刊スポーツ

なるほど、こういう演出もあるのだなあ、と思った。

 「殿、利息でござる!」(14日公開)で、映画初出演のフィギュア羽生結弦選手(21)が藩主として登場するシーンだ。居並ぶ庶民たちにとって「殿」は雲上人である。その驚きと畏敬の念が、庶民役の俳優たちと、日頃接点のない「スター選手」との遭遇のインパクトに重なっている。

 実は撮影当日まで、羽生選手の出演はキャストには伏せられていたという。こっそりと撮影現場入りし、衣装さんやメークさんの手で「殿」に成り切った姿でいきなり俳優陣の前に登場したのだから、それは驚くだろう。

 主演の阿部サダヲ(46)は「特別な人にやってもらう、とだけ聞いていたので、『いったい誰が?』と僕らは興味津々だったんです。舞台が仙台藩ということもあってサンドウィッチマン伊達みきおさんかな、なんて話していたんですよ」と振り返る。

 遠くは伊達政宗の血脈につながる伊達みきおは「いかにも」の候補である。仙台市の出身とはいえ、芸能界とは別次元にいる羽生は想定を超えていた。当時の農民や町民が抱いていた雲上人への素朴な興味、目の前にしたときの眩さ。そんな心の流れまで見事にリンクしているのだ。

 映像には、興奮がそのまま反映され、庶民と殿の距離感が見事なまでに映し出されている。目の不自由な設定の妻夫木聡(35)は、どうしても抑制的に動かなければならなかったはずで、苦労があったとすれば彼の演技だったと思う。

 撮影当日のメーキング映像を見ると、リハーサルのために長廊下を歩いてくる羽生を遠目からのぞき見た瑛太(33)が、口をあんぐりとする様子なども映し出されていて、サプライズ効果の大きさが実感できる。

阿部サダヲ、殿役・羽生結弦の共演秘話を語る | ニュースウォーカー

羽生は映画初出演ながらも、セリフは完璧に入っていて、立ち居振る舞いも殿様そのものだったと言う。「カットが違うものも合わせて4回くらい撮りました。羽生さんが『もう1回やらせてください』と言ってやったりもしましたね。すごく向上心が強い人だし、アスリートだから、負けず嫌いなのかな。終わってから『今度はスケートを一緒にやりましょう』とおっしゃってました(笑)」。

撮影は真夏だったが、羽生は暑さにもすごく耐えていたという。「カツラとかもきっと初めてだし、着物があのフル装備ですから。でも、文句も言わずにやってらっしゃった。本番では自分でお酒の銘柄を書くんですが、手も全く震えていなかった。やっぱり本番に強いんでしょうね。書き方もきれいでした。何かをやりながら芝居をするのは難しいと思うんですが、完璧でしたね。中村監督もすごいことを考えるなあと」。

 シネマの週末・この1本
殿、利息でござる! 緩急の妙、深い歴史考証

 もう一言
 笑わせるけどコメディー過ぎず、泣かせるけれどシリアス過ぎず、個性を見せながらも目立ち過ぎない。ほどよい加減ができるうまい役者たちが、実は地味な話を最後まで楽しませてくれる。そんな中登場する羽生結弦の圧倒的存在感に驚いた。これぞ殿と納得。(山)

 

2016.05.14

税金を取られてばかりでなるものか~! 一致団結した庶民 VS 殿様のお金バトルがめっちゃ楽しい時代劇『殿、利息でござる!』【最新シネマ批評】 | Pouch[ポーチ]

【フィギュア界のプリンスの演技力は?】
=略=

氷上では常に演技をしていても、映画出演は初の羽生選手。記者も「大丈夫かな」とヒヤヒヤしながら見ていましたが、大丈夫でしたね。羽生選手はもともと公家顔なので、ヴィジュアル的にも時代劇にすんなりはまり違和感なし。若干動きが軽やかすぎるきらいはあったものの(アスリートだから?)想像以上にハマっていましたよ。

やっぱり、役になること、演じることが感覚として身についているんでしょうね。さすが金メダリストです!

 

 

 

「殿」役で、羽生結弦が映画初出演 !! | 『殿、利息でござる!』最新情報

f:id:sky888888:20160429003236j:plain

f:id:sky888888:20160429003246j:plain

f:id:sky888888:20160429003256j:plain

 

 

 

2016.04 羽生結弦ロングインタビュー「悔しかった年の次の年は、僕、成長できるんです」 - 2016.04.20 Wed

 1部無料、全文有料記事です。

無料部分だけでもとても新鮮でしたー。

【独占】羽生結弦ロングインタビュー「悔しかった年の次の年は、僕、成長できるんです」 | クーリエ・ジャポン

 

○羽生が最高得点を更新したことにより、他の選手の心が折れるのではと思ったとのインタビュアーの問に対し

羽生
ところがみんな、シーズン後半に向けて、どんどんジャンプ構成のレベルを上げてきてくれましたよね! これが、すごくうれしかったんですよ……。
まず年明け、全日本が終わってカナダに帰ったら、ハビエル選手(世界選手権で優勝したスペインのフェルナンデス選手)がショートに4回転を2本入れ、フリーのトリプルアクセルも後半に入れるようになってた。僕がファイナルで出した点数を見て、ハビエルもさらに進化しようとしたんですよ。

さらにはあのパトリック選手まで、苦手なトリプルアクセルをフリー後半に入れてきた。これは、彼にとってはすごく大きな挑戦だったと思うんです。

○競技レベルが上がっている
羽生
そんなみんなの進化、うれしかったですね。「勝ちに来てくれてる!」と。

特にうれしかったのは、パトリック選手の姿勢です。だって僕は、シニアに上がってからずっと彼に憧れて、連戦連勝だった彼のやってきたものを見ながら、ここまでたどりついたから。

○3年前の羽生の言葉
フィギュアスケートの男子は、飛びぬけた力を持つ選手を負かそうと、世界中の選手がレベルアップしてここまで来ました。僕もいつかは、そんなふうに時代を作る選手になりたい」

以降は有料インタ

羽生結弦と写真家 - 2016.04.16 Sat

いつかやろうと思っていた、カメラマン別 羽生結弦

雑誌は記事メインで買うので、そこまで羽生の写真に詳しい訳ではないですが、とりあえず今まで見てきたなかでちょっと気になったものをアップしてきます。

本当詳しくないので表紙ばっかりです(笑)

個人的には女性が撮影したものが好みです。

気に入った写真があったら追加していきます。

 

2016.04.16追加 川島小鳥

 

川島小鳥

週末仙台(仙台市観光・旅行ガイドサイト[旅・おみやげ・グルメ・おすすめスポット])

f:id:sky888888:20160416105732j:plain

f:id:sky888888:20160416105737j:plain

f:id:sky888888:20160416105743j:plain

 

 

 

◆久保玲(毎日新聞)◆

 

◆榎本麻美(Number)◆

f:id:sky888888:20160411205409j:plain

 

f:id:sky888888:20160411205420j:plain

 

f:id:sky888888:20160411205443j:plain

 

 アミタマリアミタマリ | Mari Amita

f:id:sky888888:20160411205617j:plain

f:id:sky888888:20160411205623j:plain

 

◆田中宣明◆

アイスジュエルズの表紙も田中さんですね!

f:id:sky888888:20160411205841j:plain

 

◆高須力◆

f:id:sky888888:20160411205952j:plain

 

◆田口有史◆

f:id:sky888888:20160411211159j:plain

 

能登直◆

f:id:sky888888:20160411211229j:plain

 

◆水谷章人◆f:id:sky888888:20160411211304j:plain

◆GOH CHAIHIN ◆

f:id:sky888888:20160411210528j:plain

 

◆ Flavio Valle(EDEA)◆

※おそらくこの方であってると思いますが…

 

◆黒瀬康之◆

PORTRAIT MEN | フォトグラファー黒瀬康之|photographer yasuyuki kurose

 

f:id:sky888888:20160411220806j:plain

f:id:sky888888:20160411220812j:plain

 

◆情報待ってます◆

この真央と羽生の表情が大好き。

f:id:sky888888:20160411211445j:plain

「民王」武藤翔=羽生結弦? - 2016.04.16 Sat

昨日放送していた民王のスペシャルドラマを初めてちょっとだけ見たんですが、効果音の入れ方とか映像の切り替え方がTRICKに似てるなーと思ったら、演出がTRICKシリーズを担当している方でした。今更?

<演出>

・木村ひさしさん

 

民王が人気あるのは知ってたのですが、ちょっと見ただけでも結構面白かったです!

 

翔というキャラは最初は羽生をイメージしてという指示だったらしい。

ドラマを見ている母親に聞いたら、そんな感じは全くないとのことなので、最終的には違うのでしょうけど。記事あったので載せておきます。

 

dogatch.jp

 ――入れ替わる前の翔君について

最初は、羽生結弦選手みたいなイメージって言われたのを覚えています(笑)。そこから台本は変わっていますが、翔君は確かにクマのぬいぐるみとか持っていますね(笑)。その一方で、戦国武将のような泰山。明らかに違う二つの要素がありますが、それらを踏まえ、僕は、翔君の時には表情も柔らかく、ちょっと猫背気味というのを意識していたりします。こうだ! と決めたルールではなく、なんとなく体が勝手に動くようなっていったという感じです。現場では、遠藤さんは、なぜか「翔君の方がやりやすい」って仰っていまして、僕もどちらかというと泰山の方がやりやすいので、わりとお互いベースがそっち(入れ替わり後)なのかなと。

 

2016.04.14 Number900号 1994羽生世代  - 2016.04.14 Thu

Numberって1980年から刊行されてるんですね・・・そんな歴史ある雑誌だなんて知らなかった。

その記念すべき900号の表紙に羽生結弦ですよ!すごいですねー。

100号毎のアニバーサーリー号の表紙を今までどういった方が飾っているのか気になったので、調べてみました。

サッカー、野球多し!しかしこの並びにいるのが羽生・・・胸が熱くなるな

 

 <表紙>
900号 羽生結弦
800号 香川真司
700号 イチロー
600号 野茂秀雄
500号 中田英寿
400号 三浦知良イチロー
300号 ジャイアント馬場全日本プロレス
200号 鈴鹿耐久レース

 

▼900号感想(内容に沿ってるわけでもなく、自分が思ったことつらつら書くだけなので、レビューには全くなっていません)

羽生結弦

 しかし本当によく考えるな相変わらず。本当尊敬。彼の夢が叶うといいな。

 (私の浅さよw)

大谷翔平

 2002年に野球始めたんですね!日韓ワールドカップのころ、全くサッカー興味なかったから周りが盛り上がってるのを感じなかったなぁなんて思い出しました。

 最後に羽生言いまくりでワロタw

 彼がどこまで行くのか、どんな世界を見せてくれるのか楽しみだ。

萩野公介

 どうやら力を巧く抜けるようになったみたいだ。もっと伸びそうだと感じた。

田中正義

 彼の野球をしている姿、記憶にないんですよね。でも記事読んでいて、どんな美しいものが見れるのだろうかとワクワクしちゃいます。

松井千士

 なんとなくニュースで見知っては居ましたが、今後追っていきたいなと思わせる記事でした。

藤浪晋太郎

 ここが踏ん張り処だぞ!

YUZURU METHOD

 16Pで特集。すごい扱いだな。写真はメゾッド本にないもの、文章は本に記載している内容を抜粋して作られています。

服部弾馬

 駅伝みる度に地味に応援してます。

Number 900号の歴史

 人気スポーツの移り変わりがよくわかります。

 歴代表紙ランキングあり

 ①イチロー(25) さすが!

 ②本田圭佑(22)

 ③中田英寿(20)

 ④長嶋茂雄(16)三浦知良(16)

濱田組

 ヤマトインタよかった

小塚崇彦

 彼の今後が幸多き人生であらんことを

イチロー

 今まで確かに打撃コーチの印象が薄い。ボンズイチローの科学反応楽しみだ。

 そしてTシャツ劇場が始まったきっかけワロタw

4回転で怪我人続出・ジュニア男子に必要なもの

 羽生「今後、技術がより進歩することで身体の負担が少ない跳び方ができるかもしれない」

 我々が、回数制限どうのこうの言ってる間に、彼は遥か先のことまで考えてるんだなと改めて。

 

 

 インタビュアーやカメラマンへの細かな気配り。

 インタビュールームに現われた羽生選手は試合後の疲れも見せず、一つ一つの質問に丁寧に答えていたという。しかも時間が非常に限られていたため、インタビュアーが少しでも多く質問できるように、あえて「早口」で質問に答えていたそうだ。こういう細かな配慮や気配りが、氷上の表現力にも繋がっているのかもしれない。

=略=

インタビューを終えて、次は撮影に。

「ストロボはこっちから来るんですね」と羽生選手自ら光の位置を確認する。「知的でスマートな感じでお願いします」と撮影の意図を伝えると、さっと状況を理解し、真面目な表情を作る。今回の表紙にもなった、指を前に組んだ格好や腕組みをしてもらう。

=略=
榎本カメラマンが最後に語る。

「羽生選手はこちらの撮影意図を汲んで、それに応えてくれるので本当に撮り易かったです。そして凄味があるきりっとした表情や抜けた笑顔もどれも決まっていて、外れと言うかダメなカットがほとんどないんですよね」

 

<創刊900号特別編集>羽生世代、最強の証明。 - Number900号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

f:id:sky888888:20160411205409j:plain

雑誌「Number(ナンバー)」 - 羽生世代、最強の証明。 1994 YUZURU GENERATION - 2016/04/28日号 - 雑誌ネット

f:id:sky888888:20160414211453j:plain

Sports Graphic Number 900号
<創刊900号特別編集>
羽生世代、最強の証明。
2016年4月14日発売
556円+税

SPECIAL FEATURES

羽生結弦「悔しさの果てに見えた“最後のテーマ”」
大谷翔平「僕の少年時代」
萩野公介「日本のエース、未だ発展途上」

 

<800号記念総力特集>日本代表16人に問う日本サッカーの進む道。 - Number800号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

f:id:sky888888:20160414205146j:plain

Sports Graphic Number 800号
<800号記念総力特集>
日本代表16人に問う
日本サッカーの進む道。

2012年3月22日発売

 香川真司 「日本の香川でなく、世界のKAGAWAに」
長谷部誠 「日本サッカーへの3つの提言」
遠藤保仁 「負けている時こそ原点に立ち返れ」

[700th Anniversary Special Issue]総力特集・運命をめぐる物語 特別な一日。 - Number700号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

f:id:sky888888:20160414205356j:plain

Sports Graphic Number 700号
[700th Anniversary Special Issue]
総力特集・運命をめぐる物語 特別な一日。

2008年3月19日発売

イチロー 2007.09.29「敗北の先に」
三浦知良 1998.06.05「W杯落選の衝撃」
山井大介 2007.11.01「未完の完全試合

 

600号記念特別企画 REALITY OF HEROES英雄秘話。 すべては0から始まる。 - Number600号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

f:id:sky888888:20160414205536j:plain

Sports Graphic Number 600号
600号記念特別企画 REALITY OF HEROES
英雄秘話。 すべては0から始まる。

2004年4月15日発売

 1野茂英雄 「このグラウンドで夢を見つけた」
中田英寿 「NAKATA百景」
新庄剛志 「野球じゃない!」

 

日本サッカー 新世紀の扉。 - Number500号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

f:id:sky888888:20160414205718j:plain

Sports Graphic Number 500号
日本サッカー 新世紀の扉。

2000年6月29日発売

f:id:sky888888:20160414205753j:plain

新世紀独走宣言。 - Number400号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

f:id:sky888888:20160414205859j:plain

Sports Graphic Number 400号
新世紀独走宣言

1996年8月29日発売

f:id:sky888888:20160414205909j:plain

 

王道煌めく。全日本プロレスのすべて。 - Number300号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

f:id:sky888888:20160414210016j:plain

王道煌めく。全日本プロレスのすべて。

1992年9月19日発売

 

f:id:sky888888:20160414210027j:plain

 

灼熱の疾走 - Number200号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

f:id:sky888888:20160414210305j:plain

Sports Graphic Number 200号
灼熱の疾走

1988年7月20日発売

f:id:sky888888:20160414210337j:plain

 

The Best of Number - Number100号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

Sports Graphic Number 100号
The Best of Number

1984年5月19日発売

f:id:sky888888:20160414210453j:plain

f:id:sky888888:20160414210509j:plain

 

スポーツを撃て! - Number1号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

Sports Graphic Number 1号
スポーツを撃て!

1980年4月1日発売

f:id:sky888888:20160414210624j:plain

おじゃる丸 17歳 - 2016.04.09 Sat

なんか、おじゃる丸17歳が羽生に似ていると結構言われていたので、見てみた。

確かに羽生っぽいw

そういや去年織田君の関西大学講演で、羽生とアイスショーの間おじゃる丸の話で盛り上がった的なレポを読んだ気がする。

 

おじゃる丸 17歳(CV 小野賢章)

f:id:sky888888:20160409124940j:plain

f:id:sky888888:20160409124943j:plain

 

www6.nhk.or.jp

その企画の真相を聞いてきたぞ!

「なぜ17歳に?」。その真相を、監督・大地丙太郎さんとエグゼクティブプロデューサー・吉國勲さんにお聞きしました!

――なぜ17歳という設定にしたんですか? 

吉國さん:なんか出したくなったんですよね~(笑)。

大地さん:視聴者の皆さんをびっくりさせる方法はないかと考えて……。19年目なんで19歳も考えたんですけど、なんかしっくりこない。“17歳”ってなんか特別な響きじゃないですか!

――“キリッ!”というより優しいお顔立ちですよね。

大地さん:そうです。あの時代の、しかも高貴な貴族である“お公家さん”なのであまりシャキシャキしておらず、よりまったりしているのではないかと(笑)。

吉國さん: “源氏物語光源氏が若いころに頭中将と二人で舞を舞う”という映画などでも使われる有名な、美しいシーンがあるのですが、イメージは、その年頃になったおじゃる丸です(笑)。

――今回の見どころは?

大地さん:ズバリおじゃる丸の顔ですね。あと、最後にすごいオチを作っていますので、そちらもご期待ください!

吉國さん:実は第19シリーズはいろいろなことを仕掛けようとしていて、これはその第1弾なんです。しかも“17歳のおじゃる丸”は続編を作るかまだ未定。1回きりの可能性もあるので、お見逃しなく!!

 

 

 

2016.04.10 情熱大陸 放送900回 羽生結弦 事前情報 - 2016.04.08 Fri

情熱大陸900回に羽生ですか!800回が、私と同学年の88年生まれ勢だったのは記憶にあります。

いろいろ事前情報が出てるので、なんとなくまとめてみる。

 

情熱大陸 羽生結弦 特設サイト

凄く素敵なページなので、ぜひみてほしい。これ放送後も残るといいなー。

f:id:sky888888:20160409182947p:plain

 

ギャラリーより1枚

f:id:sky888888:20160409183317j:plain

 

こちらは放送後も必ず残ります↓

www.mbs.jp

演技を終えた瞬間、両手をひざにつき、しばらく顔を上げることが出来なかった。世界王者奪還をかけた1日のフリープログラム。

まさかの逆転負けに日本中が溜息をついた。

今シーズン、歴代最高得点を連発し圧倒的な強さで「絶対王者」の風格を身につけて行った羽生結弦
実力と人気を兼ね備えた日本が生んだスーパーヒーローだ。

いつも人前ではクールな表情を見せる羽生。 その堂々たる風格にも人々は魅了される。
しかし、世界選手権でショートプログラムの演技がスタートする直前、深く閉じた羽生のまぶたが明らかにプルプルと震えていた。

その時、取材ディレクターは試合直前、大観衆を前に名前をコールされてリンクに向かう瞬間の緊張感について「ハンパないと彼が以前に語っていたことを思い出す。

まだ21歳。不安が無いといえばウソになる。トップを走る者として「出来て当たり前」と思われることは即ち大きなプレッシャーとなる。そんな重圧に負けじと一人孤独に悩み続ける羽生に印象的な言葉があった。

「“同じ失敗をしてしまったら成長では無い”という話をよく聞くけれど 成長していないからこそわかる課題もあると思うんです。 だから無駄なものなんて無いんです」

実は羽生の最大の武器はジャンプでも表現力でも無く、この“考える力”かも知れない。
どんな試合でもひたすら考えて課題を見つけ、試行錯誤の末に新たな「伝説」を生み出して来た彼は、
果たして何を考え、どんな日々を過ごして来たのだろうか?
今回が900回目という節目を迎える「情熱大陸」では、このスーパーヒーローが併せ持つ「強さと弱さ」を紐解くために、
ボストン世界選手権までの足取りを追った。

 

 

trendnews.yahoo.co.jp

 

1998年の放送開始以来、今年で19年目を迎えた同番組は、4月10日で放送900回目を迎える。そしてその記念すべき記念番組に登場するのは、フィギュアスケーター羽生結弦だ。

=略=

■900回記念に羽生結弦が出演するきっかけ

福岡「羽生さんにはずっと出ていただきたいとラブコールを送っていました。羽生さんはまだ21歳で、これからもっと伸びていく人。『情熱大陸』も成長していきたいという意味では、900回記念の放送にこれほどマッチする人はいないと思いました」

――とはいえ、なかなか取材を受けてくれる人ではないと思うのですが。

福岡「いつかは羽生さんにも出ていただけたらなと数年前から思っていました。やはり『情熱大陸』の歴史の深さも感じていただきましたし、『情熱大陸』なら大丈夫であろうという信頼関係のもとにスタートしたという感じですね」

――しかも今回は営業マンがディレクターを務められたのだとか。

福岡「MBSの広告営業部署に宮瀬永二郎という、子どもの頃からフィギュアスケートをやっていた男がいまして。今回の羽生選手の密着に関しては彼じゃないと絶対にできない、良い画が撮れないという状況なので、彼に演出もやってもらうことにしました。MBSは650人くらいの会社で部署ごとにわかれ、今回も本来なら制作局、スポーツ局の人間が担当するべき案件ですが、そんなことを言っていてどうするんですか、と。」

――900回記念番組を営業の方に任せようというのも面白いですね。

福岡「これは彼のスケート連盟への真摯な交渉の結果でもあるし、彼は業界にも明るい。彼のコミュニケーション能力がなければ、結実しなかった企画ですからね。会社としても杓子(しゃくし)定規じゃない状況を作り上げて、挑むという感じでした。選手のこともよく分かっているので、そこの距離感が非常によくとれています。」

――今回の番組テーマの一つとして「孤独」といったものも挙げられているようですが。

福岡「彼はアイドルのようなカリスマ的な人気もあるので、正直、今の羽生選手ならスケートリンクの外で何をしている場面でも見たい、という人は多いと思います。なんならただ歩いているだけでもいい。となると、どこにスポットを当てていくかが大事になる。そんな時に本人の口から出た言葉が"孤独"。ディレクターもそのように感じたんです。もちろん"超一流の絶対王者が世界に挑みました、やはり強いです"といった番組を作ることはできますが、それだと表面的すぎるかなと思って。それよりも一見、華やかに見えるような世界においても、その影は孤独に練習を積み重ねて、それでようやくみんなの前で花開くというか、そういう部分を見せられたらと思ったんです」 

 

東京メトロ 広告

 コピーライターの方のつぶやき

 

 

 

 

2016.03 羽生結弦と「メディアを変えるアイドルパワー」の関係性 サイゾーより - 2016.03.26 Sat

いつもなら、サイゾーかよ!で流すのですが、筆者がどうみてもスケオタさんで、かつ内容が素敵だったので記録に残しておきます。

 

www.premiumcyzo.com

 

 

=略= 

私はこの連載で「アイドル」を中心に語ってきましたが、もともと「フィギュアスケーター」と「アイドル」は非常になじみやすい、というか、ありようが似ている存在です。

=略=

羽生結弦にとっての強力な裏方を挙げるなら…、本当は歴代のコーチにこちら側から順位をつけてはいけないのでしょうが、私は阿部奈々美氏とブライアン・オーサー氏を挙げたいと思います)。

 現在、男子フィギュアで真っ先に名前が挙がるのが羽生結弦であることに異論をはさむ人は少ないと思います。羽生結弦は超一級のアスリートであり、なんかもう「アイドル」と言うよりは「スター」と言ったほうがいいような気もしますが、それでも、2010年の世界ジュニア選手権のフリーで披露したラフマニノフの『パガニーニ』、2012年のシニアの世界選手権のフリーでの『ロミオとジュリエット』、そこから1年経たずに披露した2012年のスケートアメリカショートプログラム『パリの散歩道』…と、節目節目で驚異的に成長する様子を目撃してきたわけです。「スケーター・羽生結弦のファン」として以上に「フィギュアスケート好き」として、血をたぎらせてきた、というか。

 今の羽生結弦は、なんかもう「進みすぎちゃってる」というか、一介の素人である私が「ここがいい!」とポイントポイントで指摘するのが野暮でさえあります。オリンピックや世界選手権の金メダリストたち、エフゲニー・プルシェンコやスコット・ハミルトン、タラ・リピンスキー、カート・ブラウニングなどによる絶賛のコメントや解説を参考した方が、はるかに有益でしょう(私としてはこのメンツの中に、金メダリストではないのですが、「ジョニ江」ことジョニー・ウィアーも入れたい)。それでもあえて、「私のツボ」を箇条書きにしてみると…。

ショートプログラム
●インサイドのイーグルを含むステップから直ちに4回転サルコウを跳び、すぐにアウトサイドのイーグル、そのまま滑らかにチェンジエッジしてインサイドのイーグルへとつなげる
●「トリプルアクセルの前にステップ必須」というルールはないのに、イナバウアーを含めた複雑なエッジワークを入れて跳び、バックアウトのエッジで着氷した後、着氷の流れのままにバックインのエッジを入れていく
●助走のための「漕ぎ」がプログラム全編にわたってほとんどない。ステップシークエンスの「1歩」の距離が異常

◆フリープログラム
ショートプログラム同様、ほぼすべてのジャンプの前にコネクティングステップが入っている。で、助走にあたる「漕ぎ」も本当に少ない
●特に、「自分にとってのナチュラルな回転方向ではない」、時計回りのツイズルを入れてから(これ、地上で1回転しただけでバランスを崩します)、即、本来の回転方向である反時計回りのトリプルアクセルを跳び、そのままトリプルサルコウまでのコンビネーションにつなげるシークエンスは、何度見ても意味がわからないくらい驚く
●「アイドル」の文脈で扱ってはいけないくらいの高貴さというか、アンタッチャブルな存在感が出てきた

「好きなところを挙げるのに半日かかる」傾向をグッと抑えて、ポイントを挙げるとこんな感じでしょうか。

=略=

高山真(たかやままこと)
男女に対する鋭い観察眼と考察を、愛情あふれる筆致で表現するエッセイスト。女性ファッション誌『Oggi』で10年以上にわたって読者からのお悩みに答える長寿連載が、『恋愛がらみ。 ~不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』小学館)という題名で書籍化。人気コラムニスト、ジェーン・スー氏の「知的ゲイは悩める女の共有財産」との絶賛どおり、恋や人生に悩む多くの女性から熱烈な支持を集める。

 

2016.02 理想の新入社員、上司が選ぶ男性1位は羽生結弦 - 2016.02.22 Mon

こういった記事は、いつも流し見してふーんって思うだけなんですが、詳細な結果を記載したPDFを見かけたので、じっくり読んでみました。
結構面白い。


明治安田生命 「理想の上司」アンケート調査 
 番外編:「理想の新入社員」

 ※PDFファイルです。

◆新入社員が選ぶ、「理想の新入社員」◆
WS000056.jpg

◎詳細結果
WS000053.jpg

1位神木隆之介(136/1112人)1993年5月19日
2位福士 蒼汰(96/1112人)1993年5月30日
3位羽生 結弦(86/1112人)1994年12月7日
3位大谷 翔平(86/1112人)1994年7月5日
5位松坂 桃李(85/1112人)1988年10月17日
この中では羽生が一番年下なのか。神木君はなぜか羽生より年下だと思ってた。
親しみやすいという理由で選ぶ人が多いのね。

羽生と同年代が選ぶ理想の新入社員では3位にランクイン。
選ばれた最大の理由は 男女ともに「実力がある」が1位。ついで「落ち着きがある」「知性的・スマート」
「天才肌」ってのもありますね。
ちなみに、女性からの「頼もしい」、男性からの「熱血」ってな理由もあります。


◆上司が選ぶ「理想の新入社員」◆
WS000055.jpg

◎詳細結果
WS000054.jpg

1位羽生結弦(91/734人)1994年12月7日
2位大谷翔平(67/734人)1994年7月5日
3位福士蒼汰(57/734人)1993年5月30日
4位松坂桃李(53/734人)1988年10月17日
5位伊藤敦史(50/734人)1983年11月25日
上4人は、新入社員に続いて上司の方からも選ばれていますね。

上司が選ぶ理想の新入社員で1位。
辛抱強いという面をフォーカスされてますね。大谷も運動系だから2位だ。
ちなみに、最大の理由は「実力がある」次いで「知性的・スマート」、「辛抱強い」
男性が選んだ理由の11%が「親しみがある」「積極的」 13%が「謙虚」
女性が選んだ理由の12.7%が「頼もしい」3.6%「熱血」
女性のが、理想の新入社員に辛抱強さを求めるのか。

大谷は「実力がある」が全体の40%占めてますね。やっぱりあの二刀流は夢だよなー。
日ハムVS巨人戦か日ハムVSDeNA見にいこー。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

リンク

カテゴリ

  • 櫻井孝宏 (459)
  • 櫻井孝宏 関連語り・記事 (104)
  • 櫻井孝宏 情報(2010/9月まで) (99)
  • 櫻井孝宏 TV出演関連 (3)
  • 櫻井孝宏のTAMARIBA (28)
  • ~05年  記事・インタビュー  (9)
  • 06~08年記事・インタビュー  (2)
  • 09~11年記事・インタビュー  (1)
  • 12~14年記事・インタビュー  (8)
  • 15年~ 記事・インタビュー  (20)
  • 玉ニュータウン・チェリーベル (27)
  • PV/CM/試聴/音声コメント等 動画 (28)
  • CD・DVD (11)
  • アニメーション感想 (91)
  • 雑誌etcレポ&感想 (28)
  • 観劇・鑑賞・イベント他 (21)
  • Radio (120)
  • JOQR&A&G (59)
  • るるくるステーション (13)
  • その他WEBラジオ (29)
  • さよなら絶望放送 (17)
  • 鉄のラジオバレル (2)
  • 声優さん (70)
  • 映画 (10)
  • スイーツ (16)
  • 旅行・遠出・散歩・温泉・銭湯 (29)
  • 音楽 (42)
  • 記録 (0)
  • FigureSkate (386)
  • 浅田真央 (24)
  • 浅田真央 動画 (20)
  • 羽生結弦 (43)
  • 羽生結弦 動画 (11)
  • GPS/Championship 結果 (67)
  • 各国ナショナル 結果 (54)
  • 国際B/その他 結果 (23)
  • オリンピック (9)
  • エントリー/プログラム一覧 (34)
  • データ (25)
  • その他 (40)
  • Favorite Programs (36)
  • スポーツ (67)
  • 野球 (18)
  • 男子新体操・体操 (17)
  • Soccer (16)
  • 陸上/駅伝他 (6)
  • スポーツその他 (10)
  • 書籍関連 (44)
  • 少女コミック (19)
  • 小説 (7)
  • 少年コミック (6)
  • その他コミック (12)
  • 機動戦士ガンダム00 (11)
  • TV (19)
  • 雑記 (16)
  • 未分類 (0)
  • (0)
  • 自己紹介 (1)
  • 櫻井孝宏情報(twitter)

    Figure Skate

    ◆UNION
    ISU
     ├ISUJGP2011YouTube
    JFA
    ◆World Standings
    Men
    Ladies
    ◆Season's World Ranking
    Men
    Ladies
    ◆NEWS SITE
    figure skate memo
    sportsnavi
     ├日程・結果
    Sports@nifty
    ◆SKATER
    Mai&Mao ASADA  
    Miki ANDO
    Takahiko KOZUKA
    スクロールバー

    Radio・Voice

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    そらはち

    Author:そらはち
    ★Favorite★
    ▼Voice actor(櫻井孝宏)
    ▼Figure skating
    ▼Baseball(横浜DeNA・巨人)
    ▼Men'sRG

    ▼Twitterログ用ブログ

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    カウンター

    QRコード

    QR