FC2ブログ
A D M I N

2019-12

2018.5 FaOI幕張 - 2018.07.25 Wed

2018.5.26(土)
Fantasy On ICE 2018 IN 幕張


羽生さんIN前にチケットはゲットしてたので行ってきましたー(*'▽')
やばいOPの衣装がツボ過ぎる。ここまでツボだったの初めてってくらい。
記録のみで感想はとばす

c5c3d95ca1fdfcb52e7a47911ceffd7d.pngDeCPMjoVAAE90A8.jpg


<出演スケーター>
羽生結弦
織田信成
安藤美姫
鈴木明子
紀平梨花
ハビエル・フェルナンデス
ミーシャ・ジー
エラジ・バルデ
エフゲニア・メドベージェワ
カロリナ・コストナー
エフゲニー・プルシェンコ
ステファン・ランビエル
ジェフリー・バトル
ジョニー・ウィア
テッサ・バーチュー / スコット・モイヤー
アンナ・カッペリーニ / ルカ・ラノッテ
オレクシイ・ポーリシュク &ウラジミール・ベセディン
アレクサンダー・チェスナ &エカテリーナ・チェスナ

<アーティスト>
CHEMISTRY
May J. 
宮本笑里

スポニチのインスタでFaOIに挟まれたきよみーが可愛いから見てくれ
IMG_3828.jpg
スポンサーサイト



2018.7.7 DOI2018 - 2018.07.14 Sat

 Dreams on Ice 2018 ~フィギュアスケート日本代表エキシビション~
2018.7.7

どうしてもサフマソが見たくて行ってきました!前日にSSのチケット半額以下で譲って貰ったのですー
元々寒いのが大嫌いで常設リンクのアイスショーは避けまくってたんですが、今回頑張ったw

OP
 ララランドのテサモエかっこいい!目の前でテサモエ・メド・ネイサンが踊ってて( ゚Д゚)状態でした
フィナーレ
 サフ子がずっと舞依ちゃんと一緒にいたw
 最終日はテサモエ・サフマソで1A跳んだよー
 


<出演スケーター>
田中刑事
無良崇人
須本光希
 Jr子は皆SS良いのだが、ひときわ一歩のスケールの大きさが目立ってました。
友野一希
三宅星南
壷井達也
 身長伸びたな。楽しみすぎる
三浦佳生
 4Tやら3Aやら挑戦してるガッツある子。羽生さんの旧ロミジュリで滑ってました
坂本花織
 ピアノレッスン
 テサモエの後のトリという、どんな並びじゃ!という大役を任されながらもしっかりと自身の世界観に引き込みました。
 新境地だ
紀平梨花
樋口新葉
三原舞依
山下真瑚
横井ゆは菜
荒木菜那
吉田陽菜
三浦璃来 & 市橋翔哉
村元哉中&クリス・リード
小松原 美里&ティモシー・コレト
神宮アイスメッセンジャーズ
ネーサン・チェン
 ネメシス
 すっかり声援に慣れたネイサンさんw俺様を見ろよ!といった貫禄まで感じましたよー
 このプロは一生滑って欲しいな。30歳のネメシス…絶対かっこいい
エフゲニア・メドベージェワ
 りんごのやつ
 聴いて下さいよ!メドちゃんの滑りもジャンプも変わってたんです。この数週間で
 クリケ行ったばかりなのにびっくり
 粘り気が減ってサラっとしたスケーティングになってました。でも前の滑りも好きだからなああああああ
 ジャンプはどっこいしょ感が無くなって、ぽーんと上がってました。これが一番うれしかった。
 ケガも良くなってるみたいだし、健康を取り戻して頑張って欲しい
アンナ・シェルバコワ
 ロンドカプリチオーソ
 OPでバックスパイラルからの3Lz跳んでた( *´艸`)
 プロでも3Lzとびまくり!そりゃ4Lz跳べるし得意よねw
アリョーナ・サブチェンコ / ブルーノ・マッソー
 La Terre vue du ciel
 五輪FSのショーver!ふぁあああめっちゃ嬉しいいいい 
 マッソーはなんで頭上に片手でサフ子を持ち上げながらニコニコ投げキッスできるんだ???
テッサ・バーチュー / スコット・モイヤー
 ムーランルージュ


山本草太 2017-18FS ジキルとハイドより「時が来た」 - 2017.12.17 Sun

本草太(Sota YAMAMOTO) 2017 西日本選手権 FS

www.youtube.com

 

2017-18FS ジキルとハイド

今から全日本の演技が楽しみです。

ステップから使用している「時が来た」の歌詞が、これから先に進む草太にピッタリだと思ったので、書き起こしておきます。

「時が来た」

作詞:レスリー・ブリッカス
日本語訳:高平哲郎
作曲:フランク・ワイルドホーン

 

闇を抜け 今こそ光目指し 歩き出そう
これまでの毎日が無駄ではない 迷いはない

 

今夜こそ 今こそ運命が動き出す時
積み上げた全てが報われる今 ひとつになる

 

時が来た 今こそ
二度とない 果てしない時が
今こそ 見果てぬ夢
手に入れる時だ

 

この胸 この命が
生きる意味を見つけた 生きる意味を

 

今時が 今こそ
最後だぞ 運命の試練
命をかけても
時が来た 待ちわびた時が

 

時が来た 逃すな
振り返ることは もはやない
この日を忘れないぞ
この時に すべてかけ素晴らしい時へ

 

【2017.9.19更新】高山真さん フィギュアスケート記事一覧 - 2017.09.19 Tue

高山さんのフィギュア記事はこのブログでも数回取り上げてますが、ここらでまとめておこうと思います。

サイゾーの記事はたまーに見る程度です(基本信じませんが)。

高山さんコラム連載でフィギュアを定期的に取り上げてるのですが何故この媒体なんじゃあああとちょっと言いたい(笑)

昔はもうちょっと芸能(アイドル)とフィギュアといった少々違った切り口でした。

記事は古い→新しいです

 

■優勝は…羽生結弦!? 嵐、三代目JSBSexy Zone、AKB、和田アキ子紅白歌合戦をがっつりレビュー!

●記事リンク●

2016.01.03

 ※一番最後のまとめにちょろっと載ってます

 =略=

以上、ざっくり語ってきましたが、審査員側で尋常ではないポテンシャルを発揮したのは、「大人の魅力」を飛び越えて熟女感すら漂わせていた長澤まさみでも、ゴールデンボンバーの出番で仕込みコントを披露したピースの又吉でもなく、羽生結弦でした。出場したすべての歌手たちと比べてもいちばん肌がキレイ。ステージ上で歌手たちと一緒に『花は咲く』を歌えば、「天童よしみ、羽生より後ろにいるのに顔の大きさが倍……」ということを知らしめ、ニコニコ動画で火がついた小林幸子の『千本桜』を一緒になって口ずさみ(熱心なニコ動ユーザーでないのなら、審査員を引き受けてからの短期間で、どの歌手の出番でカメラに抜かれてもいいよう、歌詞を覚えたということです)と、そこらの歌手などが裸足で逃げ出す「芸能」への対応力を見せつけました。ほんと凄い子だよ……。

 

■フィギュアオタが見る、羽生結弦と「メディアを変えるアイドルパワー」の関係性

●記事リンク●

2016.03.25

=略=

現在、男子フィギュアで真っ先に名前が挙がるのが羽生結弦であることに異論をはさむ人は少ないと思います。羽生結弦は超一級のアスリートであり、なんかもう「アイドル」と言うよりは「スター」と言ったほうがいいような気もしますが、それでも、2010年の世界ジュニア選手権のフリーで披露したラフマニノフの『パガニーニ』、2012年のシニアの世界選手権のフリーでの『ロミオとジュリエット』、そこから1年経たずに披露した2012年のスケートアメリカショートプログラム『パリの散歩道』…と、節目節目で驚異的に成長する様子を目撃してきたわけです。「スケーター・羽生結弦のファン」として以上に「フィギュアスケート好き」として、血をたぎらせてきた、というか。

 今の羽生結弦は、なんかもう「進みすぎちゃってる」というか、一介の素人である私が「ここがいい!」とポイントポイントで指摘するのが野暮でさえあります。

=略=それでもあえて、「私のツボ」を箇条書きにしてみると…。

 

www.youtube.com

ショートプログラム
●インサイドのイーグルを含むステップから直ちに4回転サルコウを跳び、すぐにアウトサイドのイーグル、そのまま滑らかにチェンジエッジしてインサイドのイーグルへとつなげる
●「トリプルアクセルの前にステップ必須」というルールはないのに、イナバウアーを含めた複雑なエッジワークを入れて跳び、バックアウトのエッジで着氷した後、着氷の流れのままにバックインのエッジを入れていく
●助走のための「漕ぎ」がプログラム全編にわたってほとんどない。ステップシークエンスの「1歩」の距離が異常 

 

www.youtube.com

◆フリープログラム
ショートプログラム同様、ほぼすべてのジャンプの前にコネクティングステップが入っている。で、助走にあたる「漕ぎ」も本当に少ない
●特に、「自分にとってのナチュラルな回転方向ではない」、時計回りのツイズルを入れてから(これ、地上で1回転しただけでバランスを崩します)、即、本来の回転方向である反時計回りのトリプルアクセルを跳び、そのままトリプルサルコウまでのコンビネーションにつなげるシークエンスは、何度見ても意味がわからないくらい驚く
●「アイドル」の文脈で扱ってはいけないくらいの高貴さというか、アンタッチャブルな存在感が出てきた 

 

羽生結弦宇野昌磨の「追い詰め方」が胸に痛い…「スケオタ」が見た世界フィギュアスケート選手権【男子編】

●記事リンク●

2016.04.04

www.youtube.com

羽生結弦
 この原稿をアップするのはフリーが終わった後ですから、ショートの演技終了後の「雄叫び」をどのように解釈したかを書くのは、後出しにもほどがあると思うので控えます。ただただ、素晴らしかったと言いたいと思います。

 羽生結弦のプログラムの何がどのように素晴らしいかは、この連載の前回分でも書いていますが、そこに追加すると…。

■4回転サルコーからのイーグルのあと、音楽が一瞬止むと同時に動きがストップ。そこから、「左足を軸に、反時計回りのターン」「右足を軸に、時計回りのターン」をするのですが、「どちらが自然な軸足か、どちらが自然な回転方向なのか」が一見わからないくらいに、どちらも精度が高い。

■4回転トゥで着氷姿勢がやや腰が沈んだにもかかわらず、コンビネーションのトリプルトゥにはその影響がまったくなく、「エアリー」と呼びたいほど軽やかで完璧だった。

トリプルアクセル前のイナバウアーが、羽生の正面からのカメラアングルでしっかりとらえられていて、かなり嬉しかった。バレエの4番ポジションのような、非常にハードな態勢なのがわかって、あらためて羽生結弦の柔軟性にビックリ。

 という感じでしょうか。

 

 ■「日本女子、惨敗」とか、笑わせないで! 浅田真央宮原知子本郷理華の輝きと、私が「アイドル」を信じる理由

●記事リンク●m

2016.04.07

 

 ■フィギュアスケート界を支えた小塚崇彦さんが、私に教えてくれたこと|サイゾーpremium

●記事リンク●

2016.06.16

 →当時このブログで取り上げました2016.06.16 フィギュアスケート界を支えた小塚崇彦さんが、私に教えてくれたこと - きまぐれ

 

 ■『24時間テレビ』の羽生結弦のスケートを、あえて「感情」抜きで観てみると…

●記事リンク●
2016.08.31

www.dailymotion.com

=略=

私はあえて、今回のエッセイでは「羽生のスケートそのものの凄み」を書いてみたいな、と。

と言うのも、「羽生が、この滑りにどんな思いを込めたか」ということに関しては、私以上に羽生結弦のことを愛している人たちが、それぞれのやり方や言葉で受け取って、ご自分の胸に刻んでいることでしょうから。そういった方々の思いは、それぞれにオリジナルで、それぞれに大切なもの。そこに口を差しはさむようなマネは野暮というものです。なので、この連載において初めて羽生結弦のことを書いた時と同じように、テクニック的なことを中心に箇条書き形式でつづってみたいと思います。

●スタートのひと蹴り(要するに、ほとんど助走なし)で、すぐにイナバウアーに入れる。そのイナバウアーが、どこにも力が入っていないように見えるのに、途中からスピードがグンと上がる。どんだけ正確にエッジに乗っているのか、ちょっと想像がつかない。
●ドーナツスピンでエッジをつかんでいないほうの手が、きちんと音をとらえている。
●ドーナツスピンをほどいてすぐに、反時計回り~時計回りのターンを入れる。
トリプルアクセルを、レイバックイナバウアーから続くステップを入れてから跳ぶ。これまでのどの競技会でも見せたことのないエントランスではないか、と。ジャンプ前のコネクティングステップのバリエーションの豊かさに改めて驚く。
●羽生にとってナチュラルな回転方向ではない、時計回りのターンであっても、目を見張るほど精緻。そこからすぐにインサイドのイーグルへとつなげる滑らかさにため息が漏れる。
●シットスピンの態勢でツイズル。そこからパンケーキポジションに移行する際、足元だけを見ていると、どこから上体の態勢が変わっていったのかわからないほど、トレースが一定。

フィギュアスケートシーズン開幕に思う、羽生結弦宇野昌磨のチャレンジ精神

●記事リンク●

www.youtube.com

羽生結弦
 =略=

 フリーは、なんと言いますか、「特にジャンプに関して、新しいチャレンジを詰め込んでいるなあ」という驚きがありました。箇条書きで挙げてみたいと思います。

◆今年3月の世界選手権が最初のチャレンジでしたが、4回転サルコウを2回に増やし、そのうちのひとつはトリプルトゥループとのコンビネーションで入れることに、本格的に取り組んでいる。
◆本来、4回転ジャンプの中では羽生結弦がいちばん確実に跳べるはずのトゥループを1回にしている(昨年のフリーは2回実施)。
トリプルアクセル~ダブルトゥのコンビネーションで、ダブルトゥのアームポジションを着氷後もキープしている。
◆「コネクティングステップから」というよりは、ほとんど「ステップシークエンスの終了と同時に」くらいの密度の中で、トリプルフリップを跳んでいる。
◆レイバックイナバウアーからの流れで、トリプルルッツを跳んでいる。

 

=略=

 ジャンプ以外にも、羽生の「チャレンジ」はそこかしこに見て取れる。エッジワークの一歩一歩がさらに距離が出ているし、ショートプログラムでのトリプルアクセルのエントランスのステップは、昨年とはまったく違うものになっているし(昨年はイナバウアーからでしたが、今年はステップを踏んでいる距離も時間もさらに長くなっている)、フリーのハイドロブレーディングも、今シーズンはターンからの流れで入れている。そういったブラッシュアップを見ることができたのは、今大会の大きな喜びでした。

 

羽生結弦宇野昌磨、ネイサン・チェン…フィギュアスケートのグランプリファイナルに見た、「進化」と「狙い」とは

●記事リンク●

2016.12.12

www.youtube.com

羽生結弦
=略=

ジャンプについては、4回転のループでよくこらえ、トリプルアクセルは着氷の瞬間がやや危なかったのですが、すぐに体幹をキュッと引き締めて、きっちりエッジに乗り、「フリーレッグを高くキック→変形イーグル→ウィンドミル」のトランジションを組み入れた。さすがです。

 ステップシークエンスは、ひとつ前の大会であるNHK杯で、「ひとつひとつの要素をきっちりつないでいく」ことに主眼を置いて滑っているように感じました。ステップシークエンスは、どんなに大きく激しく滑っていても、要素と要素をつなぐときのエッジがわずかでもブレたら、そこでレベルを引かれてしまうもの。特に若い女子選手に顕著ですが、ゆったりとした曲で、「速さ」よりも「滑らかさ」を重視したステップシークエンスを見せる傾向が強いのは、こうした部分によるものでは、と思います。

 今回のグランプリファイナルで羽生は、「NHK杯でレベル4を獲得したことにある程度の確信を得て、要素のつなぎ目までも正確に滑りながら、そこにさらに速さや激しさを加えていった」ように感じられました。それにしても、いちばんの盛り上がりどころである「片ひざをついて上体をそらしていく」動き(どこかのスポーツ新聞が「ズサーッ」と表現していて笑顔になりました)は、本当ならスピードが極端に落ちるはずなのですが、「ズサーッ」以降もステップはまだまだ続いていく。どうなってるんでしょうね(いい意味で)。

 スピンは、本人が「まだまだ伸ばせる」的なコメントをしたようです。これはあくまでも個人的な推測ですが、「スピンの回転速度を、曲のビートなりメロディのスピードとピッタリとシンクロさせ、音楽との同調性をさらに高める」ことを目指しているのかな、と。これに関して頭ふたつくらい抜ける勢いで上手だったのは、10代のころのミシェル・クワン。特に1996年の世界選手権のショートと、98年の長野オリンピックのショートで見せたフライングシットスピンには鳥肌が立ちました。「要求されるエレメンツの中で、ジャンプに比べてどうしても地味に見えてしまうこのスピンにも、こういう見せ方があったのか」と。NHK杯と今回のグランプリファイナル、羽生のフライングキャメルと足替えのシットスピンでも、「すごい!」と思えた瞬間が何度もありました。ただ、現在のルールでは、回転途中でポジションの変化を入れていくことが求められます。ポジション変化の瞬間に避けられない「スピードのゆるみ」についても、改善の余地がないかを探っているのでは…。羽生のコメントから、私は(勝手に)そう感じています。

「プログラムの密度」については、言うまでもないでしょう。ショート・フリーとも、助走があれだけ少ない構成で、あれだけのことができてしまう。褒め言葉として使いますが、異常なレベルです。

 

 ■スケオタエッセイスト・高山真のフィギュアスケート全日本選手権観戦記

2016.12.26 ●記事リンク●

 

■三原舞依の伸びしろ、オズモンドの完成度と危うさ…スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権(女子編)

2017.02.21  ●記事リンク● 

 

羽生結弦の「目指している世界」を考えてみた/スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権

2017.02.23 ●記事リンク●

=略=

「男子シングルは、完全な4回転時代になった」と、私は以前、グランプリファイナルの観戦記で書きました。それに加え、今回は、「それぞれの選手が、ジャンプ以外の部分をどのように磨き、どのような『完成型』をイメージして、プログラム全体を向上させようとしているか」がより明確に伝わってきたような気がします。

=略=
そして現在、トップを走る選手たちは、それぞれの方法論、それぞれのアプローチで、個人個人でオリジナルの「トータルパッケージ」を目指している。今大会は、それが非常に明確になったという意味で、私にとっては本当に「面白く、かつ、凄い大会」だったのです。その部分を中心に、羽生結弦に関して、私なりに感じたことを書いていきたいと思います。  

羽生結弦
=略=

 4回転のジャンプを跳ぶときでさえ、準備のための「漕ぎ」はせいぜい3回。あとはずっと足を踏みかえ、前方向(フォア)と後ろ方向(バック)にエッジを切り替えつつ、体を滑らかにターンさせつつ(ジャンプの回転とは逆の、時計回りにターンすることも。ジャンプを回るための勢いを、わざわざ相殺しにかかるかのように)…と、目まぐるしいステップを踏み続けている。それなのに、ジャンプを跳ぶために必要なスピードや勢いが増していくのです。加えて、着氷後にもなんらかのトランジションを組み入れています。こういった一連の流れが、「ジャンプを跳びつつも、ジャンプだけではない『トータルパッケージ』を見せる」という狙いのひとつなのでしょう。フリープログラムのトリプルフリップの前後のステップなんて、何度見ても意味がわかりません。

 女子編で書いた、ケイトリン・オズモンドについての感想とも少し重複しますが、「イン・アウト」と「フォア・バック」のエッジを組み合わせて、「右足・左足」のどちらか片方の足で滑っていく、この8種類の組み合わせの密度がとんでもない選手だなあ、と、羽生結弦の演技を見るたびに思います。「プログラム全編にわたって、なんらかのステップを踏み続けている」というのが、大げさな表現ではないのです。

 スケーティング技術の高さでいえば、パトリック・チャンも本当に素晴らしいのですが、羽生とチャンのスケーティングは、先ほど書いた言葉をもう一度使えば、「アプローチ」が違うように私には思われます。チャンは、厳密な体重移動とひざや足首の柔らかさで、「スピード&重厚感」を信じられないほど高い次元で両立させている。対して羽生は、「ものすごいスピードの中で厳密な体重移動をして、ひざと足首の柔軟性も自在に操っている」ところまではチャンと共通しているのに、なぜか「体重をまるで感じさせない」のです。そして、それこそが「羽生結弦のオリジナリティ」のひとつであると思います。

=略=

 ▼羽生のスケーティングのツボ(SP編)

 

◇スタートのひと蹴りで、片足のフラットエッジに乗る。そこから、“えらいこっちゃ”な勢いのアウトサイドにチェンジエッジし、きっちり90度まがって見せたあと、再び“えらいこっちゃ”な勢いでフラットエッジに。この間、体がぐらついたりスピードが落ちたりということが一切ない。非常に個性的なエッジワーク。エッジを、単に「深く」「速く」使うのではなく、「深浅」や「緩急」のレベルで操っていることが、この最初のムーブだけでわかる。

◇「緩急」という観点から。4回転のループを着氷し、ドラムの音が激しく鳴り出してから3~4秒後あたり。左足のインサイドエッジを見事に使った滑らかで大きなカーブが、途中から急激にスピードアップしたと思ったら、次の瞬間には見事に右足に踏みかえられている。何度見てもハッと息をのみます。

◇「緩急」でもう1ヵ所。ステップシークエンスの中の、急激な方向転換。右足のインサイド全体を使って、それまでの豊かなスピードを急に落としているのに、なぜか「止まる」瞬間がまったくないまま、滑らかに真後ろの方向に進み始める部分。一応、「真後ろ方向に進むため、途中から左足のバックアウトエッジを絶妙にブレンドしている」ことは見えるっちゃ見えるんですが、アイスダンスならともかくシングルでは見たことがないムーブです。

◇ムーヴズ・イン・ザ・フィールド(およびそれに類する動き)の途中で、重心を置く位置や体重をかける場所を意識的に変えても、スピードが落ちない。ステップシークエンスのズサーッ(←左足のエッジだけで滑るうえ、上体の体重がどんどん後ろにかかっていきます)でも、スピードが落ちない不思議さについては以前にも書きましたが、4回転ループ着氷後の、イーグルのポジションの変化もかなりの驚き。片ひざを曲げてポジションを変化させてからのほうが、むしろスピードが上がるような感じです。演技中、助走つきで、こういうムーブをした選手は過去に何人か知っていますが、4回転ジャンプのトランジションでこれを入れるのは、褒め言葉として使いますが、やはり異常なレベルです。

 そして、こうしたエッジワークのほとんどが、曲のリズムや音符と見事にシンクロしているわけです。私個人は、そんなスケーティングから、「音楽そのものとの一体感」を受け取ります。ちょっとポエミーな表現になってしまいますが、「氷は大きな楽器。その大きな楽器を演奏する『指』や『弓』や『バチ』に相当するのが、エッジ」という感じ。「この曲はスピーカーから流れてきているのではなく、エッジが演奏しているのかも」みたいな錯覚を起こさせるほどの「何か」を感じるのです。

 私にとって、現役の男子選手の演技の中から、その究極を挙げるとすれば…、迷いに迷って、2015年グランプリファイナルの羽生結弦ショートプログラムショパン バラード1番』と、2016年四大陸選手権パトリック・チャンのフリー『ショパン 革命~24の前奏曲4番~スケルツォ1番』しょうか。ま、これは、私がクラシックのピアノ曲が異常に好きなのと、大いに関係があると自覚していますが。

 

 

2017.9.16 浅田真央展 @日本橋高島屋 - 2017.09.16 Sat

美しき氷上の妖精 浅田真央展|高島屋

行ってきましたよー!3年前も行きましたが今回も!

最近東京駅と日本橋が好きで良く散歩がてら行くので丁度良かった( *´艸`)

 

記録として写真だけ並べておきます。

映像コーナーもありましたが、流れているのはフジ系列の試合ばかりでした。

 

■1Fエントランス

f:id:sky888888:20170916151912j:image

■外面f:id:sky888888:20170916151917j:imagef:id:sky888888:20170916151922j:imagef:id:sky888888:20170916151930j:imagef:id:sky888888:20170916151935j:imagef:id:sky888888:20170916151940j:imagef:id:sky888888:20170916151947j:image

 

■撮影可のコーナーf:id:sky888888:20170916151951j:imagef:id:sky888888:20170916151953j:imagef:id:sky888888:20170916151955j:imagef:id:sky888888:20170916151957j:image

メリポピ衣装はやっぱり可愛いわ!

 

 

2017.9.13 ISU公式サイトリニューアル - 2017.09.13 Wed

ISU公式は特定リンクから決まったページに飛ぶだけでそこまで見ないのですが、リニューアルしたのでしっかり見てみようと思います。

 

■トップページ Home - ISU

 

〇イベントカレンダー  Calendar of Events - ISU

GPSページ ISU Grand Prix - ISU

f:id:sky888888:20170913220614j:plain

ページにはこんな羽生さんが

後はメドちゃん、パパシゼ、未来ちゃん、スイハン、チョクベイ

f:id:sky888888:20170913220346j:plain

アサイン決定ニュースのサムネは羽生さん

 

■JGPSページ ISU Junior Grand Prix - ISU

■Challenger Series ISU Challenger Series - ISU

 などなど

 

〇World Standings World Standings - ISU

 男子WS / 男子2017-18 SWR / 男子2016-17 SWR

 

〇Biographies Biographies - ISU

f:id:sky888888:20170913221717j:plain

各カテゴリのサムネはこんな感じ

女子:メド 男子:羽生 ペア:スイハン アイスダンス:チョクベイ

基準はなんなんでしょ?

2017年ワールドの優勝選手かと思ったらアイスダンスはテサモエじゃないし、WS1位かなとも思ったのですが、ペアの1位はタラモロなので違う。謎。ちなみにGPF優勝者でもないです

 

〇Statistics Statistics Personal & Season's Best - ISU

 新しいルール改正が出ているので、得点もいったんリセットになる可能性もあります。

 なので、できる限り記録に残しておきます。

 

 Progression of Highest Score <世界歴代最高得点>の更新履歴

■男子総合 世界歴代最高得点

f:id:sky888888:20170913223504j:plain

2003年のネーベルホルンは選手が滑る度に世界記録更新!ってなったんだなぁとこれ見ながらいつも思います(笑)

総合得点は31回記録されていますが、うち日本選手は6回!

羽生結弦 2回/高橋大輔 1回/本田武史 2回/神崎範之1回

 

■男子SP 世界歴代最高得点

f:id:sky888888:20170913224118j:plain

Yuzuru HANYUとEvgeni PLUSHENKOの圧が凄い(笑)

SPは34回記録されています。うち日本選手は9回

羽生結弦 6回/高橋大輔 1回/本田武史1回/神崎範之1回

 

■男子FS 世界歴代最高得点

f:id:sky888888:20170913224442j:plain

FSは32回記録されています。うち日本選手は7回

羽生結弦 3回/小塚崇彦 1回/高橋大輔 1回/本田武史1回/神崎範之1回

2011年ワールドの小塚FSは最高だった(でも四大陸派なんだよねぇ。ジャンプミスはあったけど、ピアコンはこの時の演技が一番好き)

 

〇Personal Best Scores

 ■男子総合得点

f:id:sky888888:20170913225034j:plain

 トップ6は6強が締めます。トップ10に日本選手が4人も( *´艸`)輝く町田樹の名!

 ■男子SP

 

f:id:sky888888:20170913225222j:plain

 ソチの時初めて3桁を見て驚き、そこから3年経過したら5人も出てきました。戦いは110点です。時代の流れが早い

 ■男子FS

f:id:sky888888:20170913225501j:plain

 6強全員200点超えだわぁ。

 

〇Season Best Total Scores 2017/18

 男子FS

f:id:sky888888:20170913225754j:plain

須本君が暫定1位にいるので、記録記録ー!

木科君10!

 

〇Highest Total Scores

 今まで記録された150点以上の得点一覧

f:id:sky888888:20170913230617j:plain

上位34位まで全て6強が占めます。これを阻止したのが…

2014年世界選手権 町田樹!(凄い|д゚))

ちなみに34位までに記録されてる回数は以下の通り

羽生結弦 12回/フェルナデス 7回/宇野昌磨 5回/ネイサンチェン 5回/ボーヤンジン 2回/パトリックチャン3回

 

〇Technical Score for the current 2016/2017 and previous season (ミニマムスコア)

男子

 

〇Rules

 飛ばしまーす

〇NEWS

 過去の記事になぜか行けないです

 

〇ISU Judging System ISU Judging System - ISU

 ■Handbooks Single and Pair Skating Handbooks Single & Pair Skating - ISU

 

〇4回転ループの認定

 Yuzuru Hanyu (JPN) performs first clean quad loop in competition

f:id:sky888888:20170913232822j:plain

〇世界選手権2017年についての記事

 男子FS

 Yuzuru Hanyu (JPN) skates to second World title with record score

f:id:sky888888:20170913233517j:plain

 

ソチオリンピックについての記事

 男子SP

 Yuzuru Hanyu (JPN) claims Men’s Short Program, cracks 100 points

f:id:sky888888:20170913233002j:plain

 

〇男子FS

Yuzuru Hanyu (JPN) strikes Olympic gold

f:id:sky888888:20170913233104j:plain

 

2017.7時点 クラウドファンディング/賞金等の取扱規程 - 2017.07.27 Thu

フィギュアスケート大会の賞金やスポンサー料の1部がスケート連盟に徴収されていたのは知っていましたが、どの程度かは興味なかったので把握してませんでした。

今回クラウドファンディングの件で色々情報が出てきたので覚書

 

因みにスケ連の会長はいい加減退任しろやとは思ってますが、黒の組織とは思ってないです。

クラウドファンディングの利用について

クラウドファンディングの利用について | 公益財団法人 日本スケート連盟 - Japan Skating Federation

日本スケート連盟では、クラウドファンディングを利用し金品を募集する行為は競技者資格規程第3条(1)(4)に抵触する行為と理解しております。
従って、同規程第5条に基づきあらかじめ当連盟に届書を提出し、理事会の承認を得る必要があります。
=略=
また、当連盟理事会で協議いたしました結果、賞金等の取扱規程第5条の「個人スポンサー契約料」の取り扱いについては、収入額が1年度で500万円までは同条の規定を適用しないこととなりましたが、500万円を超える額については、その10パーセントを当連盟に支払う必要があります

ふーむ。今のままの規定だと少額スポンサー(例えば10万程度)の場合でも、10%をスケ連に納める必要があったけど、1年間で集まった額が500万超えなければ、スケ連に支払う必要はありませんよってことか。

これって、CFで集めた額の合計が500万円ってことなのか、それとも目的が違うものであれば別カウントになるのかとか突っ込みたいことたくさん。

優しくないアナウンス(笑)

フィギュアは低年齢層も多いしかもアマチュアスポーツなので、規定と届出が必須となるのはいいかもしれませんねー

 

■競技者資格規程 PDFファイル 平成24年 7月 2日 改正)

(登録無資格者)
第3条 本連盟は、次の者を競技者(細則第24条に規程する第1種から第9種)として登録することはできない。また、すでに登録した競技者が次の事項に該当した場合は、その登録を取り消さなければならない。
(1) スケートで得た名声を本連盟の承認を得ることなしに、商業宣伝のために自らの肖像権を利用し、あるいはその利用を認めたもの。
(4) スケートを行うことによって、ISU及び本連盟が認めていない金品を受け取った者。

(申告義務)
第5条 競技者が報道関係者からスケートに関するニュース報道以外の特別取材を受ける場合、あるいは放送、座談会、映画、演劇等に出る場合または、競技者本人の肖像を使用する場合はあらかじめ連盟に届出書を提出し、理事会の承認を得なければならない。

 

■賞金等の取扱規程PDFファイル 平成24年 7月 2日改正 )

<一部抜粋>

(適用範囲)
第2条 次に該当する競技会等で受領した賞金、賞品等がある場合は当該者が受領できるものとする。
(1)国際スケート連盟(ISU)又はアジアスケート連盟の主催競技会等
(2)本連盟が参加を認めた国際競技会等(ワールドカップ等)
(3)本連盟が主催又は主管する競技会等
(4)加盟団体の主催又は主管する競技会で本連盟が承認した競技会等
(5)連盟登録競技者が公的機関または企業等から本連盟が承認した表彰等によって授与された場合
上記競技会等で受領した賞金は、ISU一般規程に基づき本連盟が10%控除できるものとする。  

 大会での賞金は90%が本人に、10%が連盟に入るんですね。

気になったのが(5)も対象になるのか。控除率はISUの規定にもあって各連盟が自由にできるものではないとのこと

フィギュアスケート、優勝すると何がもらえる?|フィギュア|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

Prize Money ISU Championships - ISU

※大体の金額です。 対象:シングル

●グランプリシリーズ 

 1位18,000ドル(200万 選手180万 連盟20万)

 2位13,000ドル(145万 選手130.5万 連盟14.5万)

 3位 9,000ドル(100万 選手90万 連盟10万)

●グランプリファイナル

 1位 25,000ドル(280万 選手252万 連盟28万)
 2位 18,000ドル(200万 選手180万 連盟20万)
 3位 12,000ドル(135万 選手121.5万 連盟13.5万)

●世界選手権

 1位 45,000(500万 選手450万 連盟50万)
 2位  27,000(300万 選手270万 連盟30万)
 3位 18,000ドル(200万 選手180万 連盟20万)

 (肖像権使用都度料・協力金・契約料)
第4条 肖像権使用都度料・協力金・契約料については次のとおり取り扱うものとする。
(1) JOC選手強化キャンペーンについては、本連盟に支払われた肖像権使用都度料・協力金の
90パーセントを当該選手個人又は当該選手が所属するマネジメント会社へ支給し10パーセントは本連盟が受領する。
(2)本連盟がマネジメントする(1) 以外の肖像権使用契約については、本連盟に支払われた 契約料の90パーセントを当該選手個人へ支給し10パーセントは本連盟が受領する。
(3)当該選手の申し出によりマネジメント会社を仲介し(1)以外の肖像権使用契約を締結する場合、契約料については別途契約を交わすものとする

 

(個人スポンサー契約料) ※今回のクランドファンディングにかかる箇所
第5条 本連盟が支給する全日本チームのユニフォームに個人スポンサーを募る場合の個人スポンサー 契約料については、次のとおり取り扱うものとする。
(1) 本連盟がマネジメントする場合は本連盟に支払われた個人スポンサー契約料の90パー セントを当該選手個人へ支給し、10パーセントを本連盟が受領する。
(2) 当該選手の申し出によりマネジメント会社を仲介する場合、契約料については別途契約を交わすものとする。

(講演料・出演料等)

(3) 講演会、講習会等へ参加した場合の旅費、謝礼に相当する経費は、当該選手個人へ全額支給する 。

連盟が関わっていないスポンサーの場合ってどうなるのかなぁとぼんやり思ってましたが、それぞれ契約してるのねぇ。考えてみれば当たり前か。相場は何%なのかしら?

JOC選手強化キャンペーン=シンボルアスリート

これ、あまり選手に旨みないのかなぁなんて思ってましたが、90%手元に入るならいいのかも?

 

とりあえず今まで不明瞭だったのが何となくわかってスッキリー

 

2017-18シーズン ミニマムスコア決定 - 2017.06.14 Wed

 

http://static.isu.org/media/525122/2097-decisions-of-the-isu-council-amsterdam.pdf

f:id:sky888888:20170614075038p:image

 

男子のみ抜粋

◼️四大陸/欧州選手権/オリンピック

 SP25.00 FS45.00  

◼️世界選手権

 SP34.00 FS64.00 

◼️世界ジュニア選手権

 SP20.00 FS42.00

※全て昨シーズンと同じです

 ミニマムスコアクリア者が少ない場合、見直しが入るとの事

 

オリンピックにもミニマムがぁー

 

昨シーズン、世界ジュニア選手権の男子出場者は多かったので、ジュニアは見直しが入る可能性はかなり低いと思います 。

しかし世界選手権のミニマム相変わらずきっつい。

ユーロでミニマムを賭けた阿鼻叫喚がまたありそう…

 

■歴代ミニマムスコア一覧

 

f:id:sky888888:20170615215612j:plain

ここ数年のワールドFS進出ラインのTES
12年29.30
13年34.06
14年32.17
15年33.14
16年36.20
17年37.36

 

因みに現時点での日本男子のミニマムスコアの状況

http://www.isuresults.com/isujsstat/tes/stsmall.htm

f:id:sky888888:20170614080431p:image

 

 

Fantasy on Ice 2017 予習 - 2017.05.08 Mon

Fantasy on Iceの予習用ー

Fantasy on Ice 2017 | ファンタジー・オン・アイス 2017 公式サイト / スケーター紹介や公演日程、チケット情報など

 

◆幕張 5/26-5/28◆

■男子シングル

羽生結弦宇野昌磨織田信成 ハビエル・フェルナンデス/エラジ・バルデ/エフゲニー・プルシェンコ/ステファン・ランビエル/ジェフリー・バトル/ジョニー・ウィア

■女子シングル
本田真凜/紀平梨花安藤美姫鈴木明子
カロリーナ・コストナー/アンナ・ポゴリラヤ

アイスダンス
アンナ・カッペリーニ /ルカ・ラノッテ

■アクロバット
オレクシイ・ポーリシュク /ウラジミール・ベセディン

エアリアル
マリーピエール・ルレ

■ゲストアーティスト
大黒摩季
DA・KA・RA」「チョット」「あなただけ見つめてる」「夏が来る」「ら・ら・ら
中西圭三
Choo Choo TRAIN」(ZOOに提供)

「Woman」 中西圭三 Woman - YouTube

「You and I」中西圭三 You And I - YouTube

清塚信也

・ピアノテーマおよび監修担当

TBS系金曜ドラマコウノドリ

 Baby, God Bless You ~TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」メインテーマ / 清塚信也 (アルバム『あなたのためのサウンドトラック』より) - YouTube

・吹き替え演奏担当

ドラマ「のだめカンタービレ玉木宏:千秋真一 

 Nodame ピアノ協奏曲第二番第一楽章 - YouTube

 Bach Piano Concerto No 1 in D minor BWV 1052 Mvt 1 Nodame Cantabile Movie - YouTube

映画「神童」松山ケンイチ:ワオ

映画「さよならドビュッシー

 debussy piano - YouTube

 

◆神戸 6/9-6/11◆

■男子シングル

羽生結弦宇野昌磨織田信成
ハビエル・フェルナンデス/デニス・バシリエフス/エラジ・バルデ/エフゲニー・プルシェンコ/ステファン・ランビエル/ジェフリー・バトル/ジョニー・ウィア

■女子シングル
三原舞依/本田真凜/坂本花織/紀平梨花荒川静香安藤美姫鈴木明子
アンナ・ポゴリラヤ

アイスダンス
ガブリエラ・パパダキス /ギヨーム・シゼロン

■アクロバット
オレクシイ・ポーリシュク /ウラジミール・ベセディン

エアリアル
エカテリーナ・チェスナ

■アーティスト
ANRI 杏里
・「オリビアを聴きながら」「CAT'S EYE」

 「悲しみがとまらない」 杏里 悲しみがとまらない - YouTube
長野オリンピックでの公式イメージソング

「SHARE~瞳の中のヒーロー~」

藤澤ノリマサ
・「ポップス」と「オペラ」を融合した「ポップオペラ」というスタイルを提唱するヴォーカリスト

・昨年のフェルナデスとのコラボ「韃靼人の踊り」

2016 Fantasy on Ice in Makuhari Javier Fernandez - YouTube

木下航志
・ピアニスト
・今夏公開予定映画「クロス」の主題歌「輝く明日へ僕は歩く」を担当

木下航志 / pray - YouTube

 

◆新潟 6/16-6/18◆

■男子シングル

羽生結弦宇野昌磨織田信成
ハビエル・フェルナンデス/デニス・バシリエフス/エラジ・バルデ/エフゲニー・プルシェンコ/ステファン・ランビエル/ジェフリー・バトル/ジョニー・ウィア

■女子シングル
坂本花織/荒川静香安藤美姫鈴木明子
エフゲニア・メドベージェワ

アイスダンス
ガブリエラ・パパダキス /ギヨーム・シゼロン

■アクロバット
オレクシイ・ポーリシュク /ウラジミール・ベセディン

エアリアル
エカテリーナ・チェスナ

■アーティスト
ANRI 杏里
藤澤ノリマサ 
木下航志

 

2017.05 フィギュアスケート雑誌一覧 - 2017.05.07 Sun

フィギュアスケートの雑誌について話題になってたので調べました。

適当です。

Amazonの検索フォームに「フィギュアスケート」と入れて、出版社名と雑誌名を書き出しただけです。

ヌケとかあっても気にしてません。自分用

調べて感じましたけど、雑誌の種類多すぎるw

特に2014年以降に出た雑誌。1回のみで終わったものもありますが、生き残ってシリーズが多くなっているものもたくさんあります。

自分は文字が多い程テンションがあがるので、フィギュアスケートマガジンとアイスジュエルズが創刊されたのは本当にうれしいです。しかも独自インタや他誌には掲載されていない情報だらけですし。

さて

赤文字→今シーズンも発売があった雑誌

黒文字→今シーズン発売がない雑誌()の年数は最終出版年

 

あおば出版
COLORS―フィギュアスケート男子シングルフォトブック(2006)

 

朝日新聞出版
フィギュアスケートシーズン オフィシャルガイドブック(2012)

 

インフォレスト
フィギュアスケートSTYLE MEN's(2013)

 

インロック
FIGURE SKATERS

 

●枻出版社
FIGURE SKATING BEST SCENE(2016.04)

 

英和出版社
フィギュアスケートプリンス
We Love フィギュアスケート(2015)
フィギュアスケート応援団(2015)


舵社
Ice Jewels

 

角川グループパブリッシング
男子フィギュアスケート‾メモリアルブック(2008)

 

●カンゼン
フィギュアスケートMemorial

 

廣済堂出版
フィギュアスケートbook (2016.03)


●コスミック出版
フィギュアスケートファン
フィギュアスケートSTARS(2015)

 

ジーウォーク
銀盤ヒーローズ(2015)
フィギュアスケート銀盤のプリンス

 

実業之日本社

日本女子フィギュアスケートオフィシャル応援ブック(2005)
フィギュアスケート シーズンフラッシュバック(2009)

集英社
Sportiva

 

新書館
ワールド・フィギュアスケート
フィギュアスケート シーズンガイド 
フィギュアスケート NEXT(2015)
アイスショーの世界

 

スキージャーナル

フィギュアスケート シーズンメモリアル(2008)
フィギュアスケート日本女子ファンブック(2015)
日本男子フィギュアスケートFan Book Cutting Edge(2014)
フィギュアスケート日本男子ファンブック Quadruple
フィギュアスケート日本代表 メモリアル(2014)

 

ダイアプレス
フィギュアスケート日本男子応援ブック
フィギュアスケート日本男子 Glory Openin


ダイエックス出版(倒産)
フィギュアスケートDays(2013)

 

●宝島社

フィギュアスケートファンブック! (2016.01)
LOVE! フィギュアスケート (2016.05)
フィギュアスケート ADDICT


東京ニュース通信社
KISS&CRY

 

日本文化出版
FIGURE SKATER’S DREAM フィギュアスケート日本代表応援ブック

 

日刊スポーツ出版社
フィギュアスケートシーズン

 

●ぴあ
フィギュアスケートぴあ(moment on ice )

 

●扶桑社
フィギュアスケート 日本女子ファンブック(2015)
フィギュアスケートLife

 

双葉社

フィギュアスケート男子シングルフォトブック(2009)
銀盤の王子たち

 

●二見書房
フィギュア男子ビジュアルブック(2016.03)
フィギュアスケート男子 夢をつかむ者


文藝春秋
Number PLUS


ベースボールマガジン社
フィギュアスケート・マガジン

 

マイウェイ出版
フィギュアスケート男子ファンマガジン(2016.01)

 

●マガジンハウス
日本女子フィギュアスケート公認ブック(2007)
日本女子フィギュアスケートキャラクターブック(2008)

 

メディアックス
フィギュアスケートファン通信

 

モーターマガジン社
銀盤の騎士たち(2015)

2017.04.23 国別対抗戦2017 EX 現地観戦 - 2017.05.07 Sun

2017.04.20 - 2017.04.23 ISU World Team Trophy -世界国別対抗戦

4/23(日) 14:00- 17:00 EX 代々木競技場第一体育館

 

なんとなく見に行きたいなーと思い、直前にチケットをゲットしました。

C席3000円でしたが、お得感満載な席です。

収録ブースの近くで開始前に修造、荒川さん、織田君が居ました。織田君荒川さんは直前までリラックスしていましたが、修造は気合を入れて集中を高めていました。

 

到着は12:40頃。

直前練習見れました。

丁度ヴァネシプの曲かけでした(いませんでしたけど)

羽生さんは4回転跳びまくり。

メドちゃんの曲かけでセリフが流れたときは周囲がザワっとなりました。TVで見た時と違ってセリフは沢山、小芝居沢山(笑)羽生さんは楽しそうに歌ってたみたいですねw

ウィーポのアンコールマイケルかっこいいー

羽生さんの曲かけ。最後のスピンでグダって腕を波のように動かしながらトゥで横に動いて笑いを誘いつつ恥ずかしがっててフイタw

アンコールではズザーをせずにヤンキー座りイーグルしてニコニコメンゴメンゴしつつ横にスーっと滑ってました(笑)

 

開始まで1時間ちょいあったので会場のブースを見たり明太おにぎりを食したり、ラグビー協会のマスコットをずっと見ていよいよ開演!

このマスコット暇なのか、構ってくれるお客さんが現れたときの激しさがツボりましたw

 

ようやく感想ー

全員分ではないです。

 

▪️滑走順

オープニング

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Opening - YouTube

住吉りをん 

 

チーム日本

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Team Japan number - YouTube

PPAP ReMIX。何故今更?と思ってましたが、想像より良かったです(笑)でも前回の吉田兄弟が良すぎたからなぁ。

ただ、ストールを使ったスピンには200満点上げたいと思いました。

久々に渾身のへーみれました

 

マディソン・チョック / エヴァン・ベイツ

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Madison Chock / Evan Bates - YouTube

日焼け止めクリームのプロ。

以前から不思議な世界観だ。うん。よくわからん。考えるな感じろ!精神で見てましたが、生で見たらさらに謎が深まるプロでした

 

坂本花織

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Kaori Sakamoto - YouTube

一蹴りの伸びが凄いすごい。資生堂のメイクだと思うのですが最高です!前髪もあって可愛い。これかもよろしく!

 

エフゲニア・タラソワ / ウラジミール・モロゾフ

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Evgenia Tarasova / Vladimir Morozov - YouTube

2人が醸し出す雰囲気可愛い。癒されるー( *´艸`)


ボーヤン・ジン

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Boyang Jin - YouTube

ボーヤンが楽しそうだった!大人気だ

 

エカテリーナ・ボブロワ / ドミトリー・ソロビエフ

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Ekaterina Bobrova / Dmitri Soloviev - YouTube

13番!生で見れてよかったと思ったプロその①

ボブロワ様美しい。

ダンスレッスンなのかな?


樋口新葉

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Wakaba Higuchi - YouTube

白夜行

2016faoi神戸以来の生演技でした。

スタートポジション変わった気がする。このプロはやはり彼女の新境地

2Aは最高 

 

ジェイソン・ブラウン

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Jason Brown - YouTube

大人気。バレエジャンプ変態。楽しい!

 

ガブリエル・デールマン

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Gabrielle Daleman - YouTube

スケーティングやはり良い

生で見て感じたのですが、彼女はコーナーで曲がる時の加速が他選手と比べても段違いだなと。


須藤澄玲 / フランシス・ブードロ・オデ

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Sumire Suto / Francis Boudreau Audet - YouTube

普段使わない技をドンドンいれていこうとする精神に好感度爆発


ハビエル・フェルナンデス

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Javier Fernandez part 1 - YouTube

カッコいい。ハビはこういったプロも似合いますね


村上佳菜子

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Kanako Murakami - YouTube

突然ゲストに追加になったので、引退かなぁと思ってましたがやはりそうでした。

最後に彼女の三連と2Aが見れて良かった

かなこちゃんがジュニアからシニアまできっちり追った初めての女子選手です。

羽生と高トラと同じ試合に毎回出て、結果を残し続けてワクワクして居たのを思い出します。

一番好きな演技は2015年ワールドSPです。衣装も含めて最高でした。

お疲れ様でした。ジャッピンジャック好きだったな

 

力尽きてきた。後半はなんか感想が雑です。


チームロシア

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Team Russia number - YouTube

ララランド♩小芝居全員上手い

 

宇野昌磨

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Shoma Uno - YouTube

ヒラヒラ羽ばたく振り付け好き。イーグルの入りがなんか気に入った

ここは現地で見ながら切り取らなきゃ!って心に決めた部分

 


佐藤駿

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Shun Sato - YouTube

久々に見ました。


本田真凜

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Marin Honda - YouTube

 

ロミジュリー


チェン・ペン / ヤン・ジン

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Cheng Pang / Yang Jin - YouTube

とても不思議なプロ


アシュリー・ワグナー

姉貴!って感じ


ミハイル・コリャーダ

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Mikhail Kolyada - YouTube

ほうきに跨る魔法使いなのか?と思ったり

最初から最後まで世界観が崩れず、引き込まれました

中腰をー維持してて凄いー

生で見れてよかったプロ②

 

三原舞依

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Mai Mihara - YouTube

カプリース😃


パトリック・チャン

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Patrick Chan - YouTube

曲はSundaymorningだけど、今はSundayafternoonだよとかどうでも良いこと考えながら見てました。

一歩がのびーるのびーる。ショートサイドへのアピールもばっちり


村元哉中 / クリスリード

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Kana Muramoto / Chris Reed - YouTube

可愛い2人

 

ハビエル・フェルナンデス

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Javier Fernandez part 2 - YouTube

闘牛士!


ヴァネッサ・ジェームス/モルガン・シプレ

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Vanessa James / Morgan Cipres - YouTube

会場大盛り上がりー

頭だけで支えて回転する技は生で見たいと思ってたから嬉しい

アンコールでサイレントじゃないサイレンス!

めっちゃ盛り上がる

 

エフゲニア・メドベージェワ

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Evgenia Medvedeva - YouTube

セーラームーン

練習から本気度Maxでしたが会場の熱狂が半端ない

アンコールが衣装と相まってシュールでした。最終的にどんだけジャンプ跳ぶねんって感じで笑いが出てきました。彼女は凄い


ケイトリン・ウィーバー / アンドリュー・ポジェ

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Kaitlyn Weaver / Andrew Poje - YouTube

アンコールのマイケルかっこいい

きちんとジャケット用意してる所がさすが


羽生結弦

2017 World Team Trophy Exhibition Gala - Yuzuru Hanyu - YouTube

盛り上がりが最高潮でした。白鳥は美しい。生で見れてよかったプロ③

つーかこれを見るために行ったんだよね

 アンコールの投げキッスは横からだったのですが、ショートサイドの発狂具合凄い

羽生さんのプー芸はいつまで続けるのか地味に気になるw

 

最後まで楽しんでけー


フィナーレ

2017 World Team Trophy Exhibition Gala Finale - YouTube

ここの3人の流れは最高でしたw

 

 最後のジャンプやそのほかもろもろについてなんだかんだ言ってる人が居ましたが、すでにかなちゃんは挨拶をして先頭で2周回った後でしたし、別にいいと思います。

出場者全員の為の、そして全選手それぞれのファンのためのExでもあるのですから。

空気を読めという人もいるかもしれませんが、自分はこのシーズンの締めを楽しく終われてよかったです。

ボーヤン・ヤンジン

貴重なボブロワの1A

2017.05冬季オリンピック メダリスト一覧(1992アルベールビル~2014ソチ) - 2017.05.04 Thu

JOCの公式サイトを見ていたら各五輪のメダリスト一覧を発見したので

冬季だけまとめてみました。

 

ちなみに私と冬季五輪

アルベールビル

 記憶にない。幼かったので。幼稚園?

長野

 やっていたのは知っている。舟木~(;_;)/~~~と里谷さん、上村さん、清水さんは覚えてる。

 後なんか変なマスコットがパン祭りのお皿に描かれててそれを長年使ってました。

ソルトレイク

 そもそもこの五輪自体やっていたのを知らなかった。(知ったのは数年後かな)日韓ワールドカップもベッカムしか知らないし、全く覚えてないから当時は興味なかったんだと思う(スポーツは野球しか見てない時期)

トリノ

 真央ファンやってたので、フィギュアだけ見てた

バンクーバー

 フィギュアだけ見てた

ソチ

 日本人選手がメダルを獲る瞬間、全競技ほぼライブで見てた。人って変わるものですね(笑)一番記憶に残ってるのはデイビスさんホワイトさんが居たハーフパイプ

 

 

JOC - JOCについて | オリンピック特別賞

 

◆金メダル(1位)◆

2014/ソチ   羽生結弦 (スケート・フィギュアスケート男子シングル)


2006/トリノ  荒川 静香 (フィギュアスケート・女子シングル)


1998/長野   船木 和喜 (スキー・ジャンプラージヒル
1998/長野   岡部 孝信 (スキー・ジャンプ団体)
1998/長野   斎藤 浩哉 (スキー・ジャンプ団体)
1998/長野   原田 雅彦 (スキー・ジャンプ団体)
1998/長野   船木 和喜 (スキー・ジャンプ団体)
1998/長野   里谷 多英 (スキー・フリースタイル女子モーグル
1998/長野   清水 宏保 (スケート・スピード男子500m)
1998/長野   西谷 岳文 (スケート・ショートトラック男子500m)


1992/アルベールビル 三ヶ田 礼一 (スキー・ノルディック複合団体)
1992/アルベールビル 河野 孝典 (スキー・ノルディック複合団体)
1992/アルベールビル 荻原健司 (スキー・ノルディック複合団体)

長野以降20年間、金メダリストは2人しか誕生していないのですね。

なんとなく知ってはいましたが改めて金メダルを取ることの難しさを感じます。

過去3大会で2名、そして両方ともフィギュアスケート。そりゃフィギュアに期待かかるよなーと。

 

◆銀メダル(2位)◆

2014/ソチ      葛西紀明 (スキー・ジャンプ男子ラージヒル個人)
2014/ソチ      渡部暁斗 (スキー・ノルディック複合ノーマルヒル個人)
2014/ソチ      平野歩夢 (スキー・スノーボード男子ハーフパイプ
2014/ソチ      竹内智香 (スキー・スノーボード女子パラレル大回転)


2010/バンクーバー  長島圭一郎 (スケート・スピードスケート男子500m)
2010/バンクーバー  浅田真央 (スケート・フィギュアスケート女子シングル)
2010/バンクーバー  小平奈緒 (スケート・スピードスケート女子チームパシュート
2010/バンクーバー  田畑真紀 (スケート・スピードスケート女子チームパシュート
2010/バンクーバー  穂積雅子 (スケート・スピードスケート女子チームパシュート


2002/ソルトレークシティー 清水 宏保 (スケート・スピード男子500m)


1998/長野      船木 和喜 (スキー・ジャンプノーマルヒル


1992/アルベールビル 黒岩 敏幸 (スピードスケート・男子500m)
1992/アルベールビル 伊藤 みどり (フィギュアスケート・女子シングル)

 

 

◆銅メダル(3位)◆

2014/ソチ      清水礼留飛 (スキー・ジャンプ男子ラージヒル団体)
2014/ソチ      竹内択 (スキー・ジャンプ男子ラージヒル団体)
2014/ソチ      伊東大貴 (スキー・ジャンプ男子ラージヒル団体)
2014/ソチ      葛西紀明 (スキー・ジャンプ男子ラージヒル団体)
2014/ソチ      小野塚彩那 (スキー・フリースタイル女子ハーフパイプ
2014/ソチ      平岡卓 (スキー・スノーボード男子ハーフパイプ


2010/バンクーバー  加藤条治 (スケート・スピードスケート男子500m)
2010/バンクーバー  髙橋大輔 (スケート・フィギュアスケート男子シングル)


2002/ソルトレークシティー 里谷 多英 (スキー・フリースタイル女子モーグル


1998/長野      原田 雅彦 (スキー・ジャンプラージヒル
1998/長野      清水 宏保 (スケート・スピード男子1000m)
1998/長野      岡崎 朋美 (スケート・スピード女子500m)
1998/長野      植松 仁 (スケート・ショートトラック男子500m)


1992/アルベールビル 橋本 聖子 (スピードスケート・女子1500m)
1992/アルベールビル 井上 純一 (スピードスケート・男子500m)
1992/アルベールビル 宮部 行範 (スピードスケート・男子1000m)
1992/アルベールビル 石原 辰義 (ショートトラック・男子5000mリレー)
1992/アルベールビル 河合 季信 (ショートトラック・男子5000mリレー)
1992/アルベールビル 赤坂 雄一 (ショートトラック・男子5000mリレー)
1992/アルベールビル 川崎 努 (ショートトラック・男子5000mリレー)

2017.4.18時点 男性スケーター生年月日一覧表 1971年生~2003年生 - 2017.04.18 Tue

2017.4.18時点 男性スケーター生年月日一覧表 1971年生~2003年生

前のブログでも同じ記事書いてたんですけど、Jrとシニアを分けていたので、一緒にしようと思いこっちでも書くことにしました。(微妙に増えてる)

約800人分です。 ただ羅列するだけの予定

※日本式の学年分けで記載 

※2017年4月2日時点の年齢

※引退した選手含む

※基本的にはISU主催の大会に出場したことのある選手のみ

 

 

※若い順

 2003年4月2日以降生まれ (中学2年)

2017.3.20世界フィギュアスケート選手権2017 新宿アルタビジョンスペシャル時報 - 2017.03.20 Mon

この一報が飛び込んできた時、たまたま近くに居たのでそのまま撮影してきました。

10分前くらいに着いたのでアルタビジョン見てたのですが、どこも不景気ですねという感想。ビジョンの広告だったりニュース率が高かったです。

 

ニュース詳細 | スタジオアルタ

世界フィギュアスケート選手権 2017」
新宿アルタビジョン スペシャ時報
放映スケジュール

 3月20日(月・祝) ~ 4月2日(日)
 午前10時 ~ 午後11時 の毎正時
(毎時0分をまたぐ30秒間)

 

ちなみに去年も撮影しました。こちら↓

2016.03 新宿ALTA 世界フィギュア CM - スポンサー広告その他

 

<動画>

 

<キャプチャ>

f:id:sky888888:20170320175038j:plain

f:id:sky888888:20170320175049p:plain

さっとんの欠場が発表されました。本郷理華ちゃんが出場します。

さっとんはまずしっかり治して、また端正な演技が見れるのを楽しみにしています。

理華ちゃんもいろいろと大変だろうけど、頑張れ!日本女子を応援じゃ!!

 

f:id:sky888888:20170320175101p:plain

ShomaUnoのサインのSが好みの字体

 

f:id:sky888888:20170320175108j:plain

コストナーさんを持ってきたことは褒めたいと思う(上から目線(笑))

f:id:sky888888:20170320180725j:plain

新葉ちゃんは葉のイラストが!凝ってる

f:id:sky888888:20170320175340j:plain

刑事は英語でFifty-twoって書いてある

f:id:sky888888:20170320175140j:plain

ケイトリンは可愛いなぁ

f:id:sky888888:20170320175147j:plain

舞依ちゃんの絵心素晴らしいな。 

FSのシンデレラにかけて、4にはかぼちゃの馬車を、5にはシンデレラ城が書いてある!上手いー

f:id:sky888888:20170320175151j:plain

パトリックの笑顔は最高だな

f:id:sky888888:20170320175204j:plain

このニヤリ顔素敵

f:id:sky888888:20170320175200p:plain

さっとーーん!しっかり治してね!

f:id:sky888888:20170320175211j:plain

メドちゃん可愛いな。これどこで撮影したんだろ

f:id:sky888888:20170320175218j:plain

羽生さんはH&L色ですな。凝ってる

f:id:sky888888:20170320175223j:plain

16:00の締めの番宣は三原舞依選手でしたー!時間帯によって変わると思います。

2016.11.23更新 ユーリ!!! on ICE 楽曲まとめ - 2016.11.23 Wed

ユーリの楽曲いいなーと思ってるので、wikiとか公式見ながらまとめた。

 

2016.11.23現在

主題歌

OP「History Maker」
作詞・歌: DEAN FUJIOKA
作曲 :DEAN FUJIOKA、梅林太郎、松司馬拓
※梅林太郎-梅林茂の長男。資生堂「UNO」やユニクロポカリスエット等CM楽曲も多く手掛ける。
※梅林茂-陰陽師羽生結弦2015-16FS「SEIMEI」)、LOVERS等の作曲家、音楽プロデューサー

ED「You Only Live Once」
作詞 :西寺郷太
作曲 :彦田元気
編曲 :彦田元気、冨永恵介
歌 : YURI!!! on ICE feat. w.hatano(羽多野渉

羽多野渉-ギオルギー・ポポーヴィッチの声優

 

劇中曲

ヴィクトル・ニキフォロフFS「アリア《離れずにそばにいて》」(第1話)

作詞:久保ミツロウ
イタリア語訳詞: Edoardo Gerlini、上田シマ
作曲 :松司馬拓
テノール :工藤和真

 

勝生勇利SP「愛について〜Eros〜」(第2話、第3話、第5話、第6話)
作曲 :梅林太郎、松司馬拓
編曲 :松司馬拓
アーティスト -:松司馬拓 featuring 沖仁
※沖仁-フラメンコギター奏者。小塚崇彦2015-16SP「レスペート・イ・オルグージョ〜誇りと敬意〜(ファルーカ)」


ユーリ・プリセツキーSP「愛について〜Agape〜」(第2話、第3話)
作詞 :宮城徳也、冨永恵介
作曲・編曲 :梅林太郎
アーティスト -:梅林太郎 featuring 杉山劉太郎

 

勝生勇利FS「Yuri on ICE」(第4話、第5話)
作曲・アーティスト :梅林太郎
編曲 :梅林太郎、冨永恵介

 

南健次郎FS「Minami's Boogie」(第5話)
作曲・アーティスト :梅林太郎
編曲 :梅林太郎、村田陽一


ピチット・チュラノンSP「映画"王様とスケーター"より「Shall We Skate?」」(第6話)
作詞 : 久保ミツロウ
英語訳詞 -:sugar me
作曲・編曲 :松司馬拓、ハヤシベトモノリ
アーティスト : 松司馬拓 featuring The Soulmatics
※The Soulmatics-現代ゴスペルの200曲以上をレパートリーに持つゴスペルグループ


ジ・グァンホンSP「La Parfum de Fleurs」(第6話)
作曲・編曲: 松司馬拓
アーティスト : 松司馬拓指揮 Ensemble FOVE


レオ・デ・ラ・イグレシアSP「Still Alive」(第6話)
作詞 :sugar me
作曲・編曲 :梅林太郎、ハヤシベトモノリ
アーティスト :梅林太郎 featuring MATT CAB & WISE
MATT CAB-サンフランシスコ出身、 日本在住のシンガー・ソングライター
※WISE-ヒップホップミュージシャン


クリストフ・ジャコメッティSP「Intoxicated」(第6話)
作詞 :sugar me
作曲・編曲・アーティスト:梅林太郎
ボーカル -:Jovette Rivera
※Jovette Rivera-KAT-TUNSexy Zone等ジャニーズ他に楽曲提供する音楽プロデューサー

ジ・グァンホンFS「映画"上海ブレイド"より「The Inferno」」(第7話)
作曲・編曲: 松司馬拓、米田望
sax : 上野耕平 題名のない音楽会で拝見した記憶ありその1


クリストフ・ジャコメッティFS「スペイン狂詩曲」(第7話)
作詞 :sugar me
作曲・編曲 -:松司馬拓
アーティスト :松司馬拓指揮 Ensemble FOVE

 

ピチット・チュラノンFS「映画"王様とスケーター2"より「Terra Incognita」」(第7話)
作詞 :松司馬拓、冨永恵介
作曲 :松司馬拓
編曲 :松司馬拓
ボーカル :松司馬拓 feat. U-zhaan
U-zhaan-タブラ奏者 題名のない音楽会で拝見した記憶ありその2


ギオルギー・ポポーヴィッチFS「A Tales of Sleeping Prince」(第7話)
作詞 : sugar me
作曲・編曲・アーティスト :梅林太郎
ボーカル :梅林太郎 feat. AISHA
彼女歌声好きだわ

2016 常総きぬ川花火大会 ミュージックスターマイン(オペラ座の怪人) 紅屋青木煙火店 - 2016.08.14 Sun

これ、カテゴリ何にすればいいんだ・・・。

羽生でいいか。

 

ちょっと話題になってたので調べたら、オペラ座の怪人の楽曲にのせて花火が打ち上げられていました。

オペラ座の編曲が完全に羽生のプロと同じでしたー。

あの編曲は、個人的にとても秀逸だと思っています。

 

常総市復興祈念 第52回 常総きぬ川花火大会
平成28年8月11日(木・祝日)

 

◆プログラム詳細◆(PDFファイル)

f:id:sky888888:20160814144026j:plain

 

 ミュージックスターマイン

紅屋青木煙火店

花火界のトップランナー 花火師・青木昭夫 | nippon.com

 

◆動画◆

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

2016 常総きぬ川花火大会 紅屋青木煙火店ミュージックスターマイン - YouTube

常総きぬ川花火大会【2016年8.11】闇夜のページェント~放たれる光のイリュージョン (紅屋青木) [EOS-M3] [24bit録音] - YouTube

第52回 常総きぬ川花火大会 ♪ミュージックスターマイン 紅屋青木煙火店 JOSO KINUGAWA FIREWORKS 2016 - YouTube

 

 

 

ペルソナ5でフィギュアスケート - 2016.07.19 Tue

twitterでにわかに話題になっていたので、さっそく検索。

本当にフィギュアスケートだ!

 

www.youtube.com

 ◆GIF◆

3A後の足上げ?から4回転ー!

via GIPHY

 

レイバックスピンからのビールマン

via GIPHY

 

イナバウアーから~キャメルスピン~シットスピン~ハイドロ~デススパイラル

via GIPHY

キャメル~シットは羽生っぽいですね。ハイドロはあっこちゃんっぽい。

 

P5 - ペルソナ5 - 公式サイト

ペルソナ5ってまだ発売してなかったんですね。だいぶ前に製作発表あった気が・・・

ゲームやらないので記憶は曖昧ですが。

ペルソナ3のアニメは見てました。岡本君が主演で、子安さんがお兄さん役だったやつ。2008年なので8年前か…ペルソナ4は主題歌好きでした。

 

『ペルソナ5』怪盗団の協力者、御船千早(声:松来未祐)や三島由輝(声:阪口大助)ら7キャラクターが公開 - ファミ通.com

松来さんの声、聴けるのですね。

2016.06.16 フィギュアスケート界を支えた小塚崇彦さんが、私に教えてくれたこと - 2016.06.16 Thu

とても素敵な記事なので記録。ぜひリンク先で全文読んでほしいです。

下は個人的に記録したいと思ったものを順番を入れ替えたりしながら抜粋してます。

フィギュアスケート界を支えた小塚崇彦さんが、私に教えてくれたこと|サイゾーpremium

記事:高山真

15歳の小塚を見て

 エッジがまったくブレないというか、揺れないのです。

=略=

「ついに日本にもトッド・エルドリッジが出てきた!」と私は心の中で叫び、感嘆のため息をもらしたものです

=略=

スケーティングが美しい選手の演技は、私にとって「見ている時間のほとんどが、楽しい」という選手になるわけです。小塚崇彦というスケーターは、私にとって、パトリック・チャンと並んで「非常に若いときから、見ている時間のほとんどが、楽しい」という選手の筆頭格とも言える存在でした。

 2011年世界選手権の小塚のフリーの演技を見て

小塚のフリーは、すべてのジャンプが完璧に決まり、「見ている時間のすべてが、1秒の隙間もなく楽しい」という、密度の高い芸術作品になりました。
=略=
もともとの端正なスケーティングに、キレや雄大さが加わった、「進化型」の魅力を心ゆくまで堪能したものです。その「進化」をさらに明確なものとした、2012年のスケートアメリカのフリーも、私にとっては忘れられません。

 

2014年全日本選手権の小塚のフリー演技について

 =略=

滑らかで大きく、かつ鋭いステップ。イーグルの深いエッジ。そして、イーグルのようなムーヴズインザフィールドと、エッジを動かすからこそ成り立つステップを、時間的にも動作的にもまったく「間」を置かずにつなげてみせるテクニック。加えて、音楽との融合ぶり…。アンドレア・ボッチェリの『イオ・チ・サロ』(邦題『これからも僕はいるよ』)が、何か「小塚のために作られた曲」と錯覚してしまうほどに、もう…。

 

 羽生のスケーティングについて

 羽生結弦の、「きっちりとした体重移動によるエッジワーク」を盛り盛りに入れながら、しかし体重をまるで感じさせないエフォートレス・スケーティング(女子よりも確実に10キロ以上は体重がある男子選手で、これができるのは驚異的、というか、ほとんど神秘です)と、それをプログラム全編にわたって繰り広げる精度の高さ。

 

 宇野のスケーティングについて

 宇野昌磨のエッジワークと上体の振付の濃密な一体感(足元より先に上体のほうが大きく激しく動いて、その勢いでエッジがついてくる…そんな選手がどうしても多くなるなかで、ジュニアから上がったばかりの選手がこれをモノにしているのが素晴らしい)から生まれる、実年齢をはるかに超える成熟した演技…。

 

2016-17 ミニマムスコア決定 - 2016.06.16 Thu

ISU総会で来シーズンのミニマムスコアが決定しましたー

 

Communication No. 2017
Decisions of the ISU Council

 

f:id:sky888888:20160616204823j:plain

 

男子シングル

欧州選手権四大陸選手権

SP25点 FS45点

 

◆世界選手権◆

SP34点 FS64点

 

◆世界Jr選手権◆

SP20点 FS42点

 

「 never give up!!」 華原朋美feat.トマシュ - 2016.06.04 Sat

FaOIで見てからこの曲が頭から離れないw

 トマシュの腕グルグル可愛すぎだった。

華原さんの唄声も素敵だった!

FaOIFBに最高の動画が上がったので載せるー。皆で腕グルグルw

ステージ上で楽しそうに踊るジョニー

腕グルグルするメリル&チャーリー、ストクリ、トマシュ、バトル

 

never give up!!

2015年6月24日発売

歌 華原朋美

作詞・作曲 Jam9

『never give up !!』華原朋美|シングル、アルバムのダウンロード(配信)、歌詞、音楽ランキング【レコチョク】1002271300

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

リンク

カテゴリ

  • 櫻井孝宏 (459)
  • 櫻井孝宏 関連語り・記事 (104)
  • 櫻井孝宏 情報(2010/9月まで) (99)
  • 櫻井孝宏 TV出演関連 (3)
  • 櫻井孝宏のTAMARIBA (28)
  • ~05年  記事・インタビュー  (9)
  • 06~08年記事・インタビュー  (2)
  • 09~11年記事・インタビュー  (1)
  • 12~14年記事・インタビュー  (8)
  • 15年~ 記事・インタビュー  (20)
  • 玉ニュータウン・チェリーベル (27)
  • PV/CM/試聴/音声コメント等 動画 (28)
  • CD・DVD (11)
  • アニメーション感想 (91)
  • 雑誌etcレポ&感想 (28)
  • 観劇・鑑賞・イベント他 (21)
  • Radio (120)
  • JOQR&A&G (59)
  • るるくるステーション (13)
  • その他WEBラジオ (29)
  • さよなら絶望放送 (17)
  • 鉄のラジオバレル (2)
  • 声優さん (70)
  • 映画 (10)
  • スイーツ (16)
  • 旅行・遠出・散歩・温泉・銭湯 (29)
  • 音楽 (42)
  • 記録 (0)
  • FigureSkate (386)
  • 浅田真央 (24)
  • 浅田真央 動画 (20)
  • 羽生結弦 (43)
  • 羽生結弦 動画 (11)
  • GPS/Championship 結果 (67)
  • 各国ナショナル 結果 (54)
  • 国際B/その他 結果 (23)
  • オリンピック (9)
  • エントリー/プログラム一覧 (34)
  • データ (25)
  • その他 (40)
  • Favorite Programs (36)
  • スポーツ (67)
  • 野球 (18)
  • 男子新体操・体操 (17)
  • Soccer (16)
  • 陸上/駅伝他 (6)
  • スポーツその他 (10)
  • 書籍関連 (44)
  • 少女コミック (19)
  • 小説 (7)
  • 少年コミック (6)
  • その他コミック (12)
  • 機動戦士ガンダム00 (11)
  • TV (19)
  • 雑記 (16)
  • 未分類 (0)
  • (0)
  • 自己紹介 (1)
  • 櫻井孝宏情報(twitter)

    Figure Skate

    ◆UNION
    ISU
     ├ISUJGP2011YouTube
    JFA
    ◆World Standings
    Men
    Ladies
    ◆Season's World Ranking
    Men
    Ladies
    ◆NEWS SITE
    figure skate memo
    sportsnavi
     ├日程・結果
    Sports@nifty
    ◆SKATER
    Mai&Mao ASADA  
    Miki ANDO
    Takahiko KOZUKA
    スクロールバー

    Radio・Voice

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    そらはち

    Author:そらはち
    ★Favorite★
    ▼Voice actor(櫻井孝宏)
    ▼Figure skating
    ▼Baseball(横浜DeNA・巨人)
    ▼Men'sRG

    ▼Twitterログ用ブログ

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    カウンター

    QRコード

    QR